GJ > 競馬ニュース > 突如現れた「新星」はラスト一冠参戦となるか
NEW

「単勝215.4倍」で大激走した“アノ馬”を彷彿? J.モレイラも将来性を高評価…突如現れた「新星」はラスト一冠参戦となるか

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場
東京競馬場

14番人気ランスオブクイーンが5着に好走!

 チェルヴィニアとC.ルメール騎手のコンビが優勝した今年のオークス(G1)。前走・桜花賞(G1)だった馬が上位4着までを占めており、王道路線組が実力を示す結果となった。

 そんな中、別路線からの参戦で唯一掲示板となる5着に入った14番人気ランスオブクイーン(牝3歳、栗東・奥村豊厩舎)の好走には驚かされた。

 同馬の前走はなんと未勝利戦。デビュー4戦目にしてようやく初勝利を挙げると、そこから中2週で樫の舞台に参戦。やや間隔が詰まっていた上、大外18番枠からの発走、単勝万馬券という超人気薄だったからだ。

 しかし道中は果敢に先行すると、大逃げを打った前2頭を見る3番手の位置。直線入り口で押し出されるように先頭に立つと、チェルヴィニア、ステレンボッシュには差をつけられたものの、最後までライトバック、クイーンズウォークと熾烈な3着争いを演じていた。

 SNSやネット掲示板にはレース後「ランスオブクイーン惜しかった」というねぎらいの言葉はもちろん、「秋華賞(G1)チャンスあるのでは」「秋華賞◎ランスオブクイーン」といった、牝馬三冠の最終戦で早くもランスオブクイーンを狙おうとするファンのコメントも見られていた。

「今年のオークスは先行馬に厳しい展開となり、逃げたヴィントシュティレとショウナンマヌエラ、3番手のタガノエルピーダはそれぞれ18、17、16着に大惨敗。そんな中でランスオブクイーンは道中、タガノエルピーダと並ぶ位置にいましたが、最後まで粘り通したのですから立派でした。

未勝利戦を勝ったばかりでしたが、その前走は2着に2馬身半差をつける完勝。乗っていたJ.モレイラ騎手も『さらに良くなりそうな感じ』と本馬の将来性を評価していました。今回はチューリップ賞(G2)の覇者スウィープフィートに先着しましたし、秋に期待する声がファンから聞かれるのも納得です。

また個人的にランスオブクイーンの好走は、2021年のハギノピリナを彷彿とさせましたよ」(競馬誌ライター)

オークス激走も…秋華賞の舞台に立てなかったハギノピリナ

 ライターが名前を挙げたハギノピリナは、3年前のオークスに出走。1勝クラスを勝ったばかりということもあり単勝215.4倍の超穴馬だったが、最後の直線で上がり3ハロン2位タイとなる34秒3の切れ味で3着に好走。三連単53万円オーバーの波乱を演出したことを覚えているファンも少なくないだろう。

 勝利したユーバーレーベンから0秒1差、2着で後に秋華賞馬となるアカイトリノムスメとはわずかハナ差だった。ラスト一冠でハギノピリナに期待する声も多く聞かれたが、いかんせん2勝クラスの馬。オークス以来の出走となった紫苑S(G3・当時)で秋華賞の権利取りに挑むこととなった。

 しかし、ここで8着に敗れ出走権を取り逃すと、最終的に秋華賞は見送り。オークスで3着に好走した馬にもかかわらず、秋の大舞台でその姿を見ることが叶わなかったのである。

 そんなハギノピリナよりもランスオブクイーンはさらに収得賞金が少ないだけに、秋華賞を目指すのであれば賞金の上積みやトライアルでの権利取りが必須となってくるだろう。果たして、その姿は牝馬三冠最終戦で見られるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「単勝215.4倍」で大激走した“アノ馬”を彷彿? J.モレイラも将来性を高評価…突如現れた「新星」はラスト一冠参戦となるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り