GJ > 競馬ニュース > 今春引退したベテランの「置き土産」が打倒フォーエバーヤングに名乗り!
NEW

今春引退したベテランの「置き土産」が打倒フォーエバーヤングに名乗り!「お利口さんで強いなんて天才」“○○”を手伝う個性派としても人気沸騰の予感

撮影:Ruriko.I
撮影:Ruriko.I

鳳雛S(L)カシマエスパーダが4馬身差の圧勝!

 25日に行われた鳳雛S(L)は、1番人気カシマエスパーダ(牡3歳、美浦・鈴木慎太郎厩舎)が優勝。これで未勝利戦から一気の3連勝となった。

 京都ダート1800mの一戦で道中2番手を追走したカシマエスパーダは、最後の直線で楽に抜け出し最後は4馬身差。重賞ウイナーである2着ブルーサンをほとんど子供扱いしてしまった。ブルーサンに騎乗していた和田竜二騎手もレース後には「力は出してくれたが相手が強かった」と、勝ち馬を素直に褒め称えていた。

 また、カシマエスパーダと前走からコンビを組んでいる田辺裕信騎手は「前回と違って余裕がありましたし、一段階、力をつけているような感じ」「まだ上積みがあると思います」と、確かな成長を感じ取ったとともに、まだまだ伸びしろが期待できることを話した。

 本馬を管理する鈴木慎師も「強かったです。びっくりしました」と素直に感想を述べ、秋の大目標に10月のジャパンダートクラシック(G1)を掲げた。この後はひと息入れる予定であり、大舞台の前に8月のレパードS(G3)や9月の不来方賞(G2)も視野に入れているという。

 3歳ダート三冠最終戦のジャパンダートクラシックは、ケンタッキーダービー(米G1)で僅差の3着に入ったこの世代の大将格フォーエバーヤングの次走候補の1つに挙がっている。カシマエスパーダはライバル候補の1頭として名乗りを上げたといってよさそうだ。

「ラスト一冠の有力候補に浮上したカシマエスパーダですが、実は今春に引退した武士沢友治騎手が現役最後の白星を挙げた馬でもあるんですよ。デビュー戦からコンビを組んでいたこともあって、武士沢騎手の置き土産的な馬ともいえそうですね」(競馬誌ライター)

掃除を手伝う個性派としても人気沸騰の予感

 ちなみに本馬を管理する開業4年目の鈴木慎厩舎は公式ホームページを持っており、SNSでも積極的に情報を発信している新進気鋭のステーブルだ。

 Xの公式アカウントには、先月「カシマエスパーダは掃除も手伝ってくれるお利口さんです😄」というコメントとともに、ほうきを口にしたカシマエスパーダが馬房の前を掃除する動画を投稿。するとたちまちファンの間で話題となった。

「なんと素敵な素敵なお掃除姿」「お利口さんで強いなんて天才!」「なんて器用なんだ」「親近感がめちゃくちゃ湧きました」「やっぱり日頃の行いが結果に繋がるんですね」と、カシマエスパーダを称えるコメントが多数寄せられた。今後は厩舎の掃除を手伝う個性派としても人気が沸騰するかもしれない。

 確かな実力と愛嬌を兼ね備えたカシマエスパーダが、さらに成長した姿で競馬場に戻ってくる日を楽しみに待ちたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

今春引退したベテランの「置き土産」が打倒フォーエバーヤングに名乗り!「お利口さんで強いなんて天才」“○○”を手伝う個性派としても人気沸騰の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り