GJ > 競馬ニュース > 引退馬コレクションVol.45
NEW

トーセンラー、ダノンバラードを完封!ケガを乗り越えて挑戦を続けた「夏巧者」 vol.45

引退馬コレクション

 かつて観衆を沸かせた名馬の“今”を紹介!

 走り終えた今も、観衆を魅了したあの日の輝きは、決して色褪せない。

 全国で暮らす、名馬の個性と“今”を集める『ウチの子はあの名馬!個性にLOVE❤︎ 引退馬コレクション』をお届けします!

 今回のコレクションは、2012年の小倉記念(G3)などを制した、エクスペディション!

 現在は、鳥取県西伯郡大山町にある、大山乗馬センターで暮らしているとのこと。

 そのお世話をしている馬野さんにマル秘情報をたくさん聞いちゃいました!

トーセンラー、ダノンバラードを完封!ケガを乗り越えて挑戦を続けた「夏巧者」 vol.45の画像1

馬野 大将さん
(大山乗馬センター 乗馬インストラクター)

ウマ歴:13年
出身地:鳥取県
趣味:自転車、水泳、ランニング
休日の過ごし方:晴れた日は自転車でロングライド

トーセンラー、ダノンバラードを完封!ケガを乗り越えて挑戦を続けた「夏巧者」 vol.45の画像2

エクスペディション

ニックネーム|エクスぺ、スケさん
生年月日|2007年5月17日
生産者|社台コーポレーション白老ファーム
馬主|社台レースホース
戦績|26戦6勝(2着5回,3着1回)
獲得賞金|1億6,529万円 (中央)
主な勝鞍|2012年 小倉記念(G3)
父|ステイゴールド
母|ビーモル
母父|Lyphard
ここにきた日|2014年6月5日

3歳7月にデビューも、初戦で菊花賞馬に肉薄

 エクスペディションの競走馬デビューまでの道のりは、大変険しいものでした。

 2歳9月にゲート試験を合格するも、両前脚トウ骨に炎症が見られたため、デビュー構想を延期して、レーザー治療を施しつつ調整。

 なんとか体勢が整い、想定よりも遅れた3歳1月にデビュー戦が予定されましたが、今度は出走日直前に全治3ヶ月の骨折が判明。

 度重なるアクシデントの末、なんとデビューを果たしたのは3歳7月の未勝利戦でした。

 そのデビュー戦では13番人気という低評価、かつ大きな出遅れを喫しましたが、道中で中団までポジションを押し上げると、直線でも脚を伸ばして既走馬相手に単独2着を確保。

 ちなみに、この時の1着馬は、3ヶ月後の菊花賞(G1)を制するビッグウィークでした。

 その後、2走目の3歳未勝利ですんなりと勝ち上がったエクスペディションは一度休養に入り、翌年2月に山国川特別(4歳以上500万下、現・1勝クラス)を勝ち上がると、夏からは充実期に突入。

 7~8月の2ヶ月間で条件戦を3連勝し、堂々のオープン入りを果たします。

トーセンラー、ダノンバラードらを破って重賞初制覇

 しかし、楽な勝ち方で3連勝を飾った夏までとは一転して、年末から挑んだ述べ4戦のG3は、いずれも上位人気ながら最高着順が4着と、重賞の壁にぶち当たります。

 それでも挫けることなく挑戦を続けるエクスペディションは、2012年8月の小倉記念(G3)に出走。

 ここでの1番人気は、オルフェーヴルが優勝した2011年の菊花賞(G1)3着馬で、後にマイルCS(G1)を制するトーセンラー。

 2番人気には、後にAJCC(G2)を勝利し、宝塚記念(G1)でゴールドシップの2着となるダノンバラードがいるなど、G3ながらレベルの高いメンバー構成でした。

 レースは、出脚が鈍く後方からとなったトーセンラーに対し、エクスペディションは、いつも通り中団を追走する形で1・2コーナーをカーブ。

 向こう正面では一度2頭が並ぶ形になりますが、勝負所で先に仕掛けたエクスペディションが、直線で上がり最速の豪快な脚で抜け出すと、その後方から脚を伸ばしたトーセンラーとダノンバラード、外から追い込んできたナリタクリスタルなどが捉えに行くも、時すでに遅し。

 後続を突き放し、差を広げたエクスペディションが、リードを守り切って先頭でゴールし、5度目の重賞挑戦で遂に初タイトルを手にしました。

第48回 小倉記念(G3) 2012.8.5 小倉 晴・良 芝2,000m 12頭

トーセンラー、ダノンバラードを完封!ケガを乗り越えて挑戦を続けた「夏巧者」 vol.45の画像3

セカンドキャリアでの思わぬ再会

 その後、エクスペディションが勝利を挙げることはありませんでしたが、2013年の鳴尾記念(G3)でトウケイヘイローに0.2秒差の2着、同年の新潟記念(G3)ではキャリア23戦目にして初めて逃げる競馬で2着に粘るなど、「夏巧者」として重賞戦線で存在感を発揮しました。

 そして、2014年5月の新潟大賞典(G3)を最後に競走馬登録を抹消。

 翌月には大山乗馬センターへ移動して、乗馬としてのセカンドキャリアをスタートさせました。

 そして6年後の2020年3月、大山乗馬センターに1頭のG1ホースが仲間入り。

 その馬こそ、なんとエクスペディションがデビュー戦で肉薄し、後に菊花賞馬となった、ビッグウィークでした。

 10年越しに思わぬ再開を果たした、かつてのライバルである2頭は、現在も、ここで共に余生を送っています。

エクスペディションの性格

「人懐っこさ」が☆5とのことで、ふれあいにもピッタリの馬ですね!

「繊細さ」☆5が示すように、根は繊細な馬のようですが、近年は少し成長したようで…?

 担当している馬野さんに、エクスペディションの“印象的なエピソード”を聞いてみました!

「12歳ぐらいまでは放牧場に向かうときに立ち上がったり走ったりしていましたが、現在は気持ちをコントロールできるようになり、落ち着いて、ついてくるようになりました。」

 なるほど、気持ちのコントロールができるようになったのですね。

 乗馬としての素質が磨かれている証かもしれませんね!

エクスペディションのズッキュンポイント

エクスペディションのクリンクリンな瞳
エクスペディションのクリンクリンな瞳
リグヴェーダ(左)とエクスペディション(右)
リグヴェーダ(左)とエクスペディション(右)

 スキスキのリグヴェーダは、JRAで4勝を挙げた元競走馬。

 兄弟にはG1ホースのゴールドアリュールや、ペルシアンナイトの母・オリエントチャームなどがいる良血馬です。

 写真は、リグヴェーダ宛に送られてきた生牧草を分けてもらっているエクスぺ。

 つまみ食いしても全く怒られないのだとか。

生牧草を食べるエクスペディション

 生牧草を食べるエクスペディション

エクスペディションの誕生日会

エクスペディションの誕生日会

 エクスペディションの誕生日会

 多くのお客様から誕生日を祝ってもらったそうです!

トーセンラー、ダノンバラードを完封!ケガを乗り越えて挑戦を続けた「夏巧者」 vol.45の画像4
読者のみなさまへひとことメッセージ

 中国地方最高峰である大山が見えるセンターで功労馬としてゆっくり過ごしています。

 放牧場や厩舎見学ツアーで会うことができますので、ぜひ会いに来てください。

 クリンクリンな瞳で見つめて迎えてくれますよ。

 馬野さん、エクスペディションのマル秘情報をたっぷりご提供いただき、ありがとうございました!

 なお、エクスペディションの見学は、受付にて「厩舎ガイドツアー」を申し込んでいただくと、いつでも見学が可能とのことです。

 なお、1日1回無料の厩舎ガイドツアーを開催しておられます。

 開催時間は、大山乗馬センターさんのSNSをご確認ください。

 そして、その大山乗馬センターさんのSNSからも、エクスペディションの姿をチェックできるので、ぜひフォローしてみてください♫

X(旧:Twitter)|@daisen_johba
Instagram|daisen_johba
Facebook|大山乗馬センター
WEBサイト|http://www.daisen.net/uma/

協力:大山乗馬センター
取材・文:片川 晴喜
編集・デザイン:椎葉 権成
監修:平林 健一
制作:Creem Pan
著作:Creem Pan・GJ

Loveuma.

Loveuma.

Loveuma.(ラヴーマ)は、2022年7月にグランドオープンした、株式会社Creem Panが運営する、メディア&コミュニティサイトです。人にとって馬がより身近な存在になることで引退馬問題が前進すると定義し、馬にまつわる情報発信と馬を身近に感じたいと思う人たちが交流できるスペースを提供しています。

公式HP「Loveuma.」
公式LINE@Loveuma.

Twitter:@loveuma_cp

トーセンラー、ダノンバラードを完封!ケガを乗り越えて挑戦を続けた「夏巧者」 vol.45のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着