GJ > 競馬ニュース > JRAも「大誤算」の7馬身差圧勝劇でダート界に激震!?
NEW

JRAも「大誤算」の7馬身差圧勝劇でダート界に激震!? 「ルール崩壊」今年のフェブラリーS(G1)1番人気が示した超進化

【この記事のキーワード】, ,
オメガギネス
オメガギネス

JRAのハンディキャッパーも驚きの圧勝劇

「出走予定馬の実績や最近の状態などを考慮し、各出走馬に勝つチャンスを与えるよう決められた重量を負担させるレース」

 上記はJRA(日本中央競馬会)の公式ホームページにおける「ハンデキャップ競走」の説明である。つまりハンデキャップ作成委員、いわゆるハンデキャッパーが出走した「どの馬にも勝つチャンスが巡ってくる」ように人為的に負担重量を設定するレースがハンデ戦というわけだ。

 ちなみにJRAのハンデキャッパーは、世界的にも極めて優秀と言われている。実際に先週までJRAで85のハンデ戦が行われたが、そのすべてで1着と2着の着差が0.5秒以内で決着。その内の75レース、88.2%は0.2秒以内、約1馬身半以内の接戦に収まっている。

 これには当然、出走各馬の能力の正確な見極めが必要。これがどれだけ凄いことなのかは、レースを予想する競馬ファンなら誰もがわかることだろう。

 しかし、レースを走る競走馬は日々常に進化する生き物だ。いかに有能なハンデキャッパーでも、時には大きくその想定が裏切られることがある。9日に行われた三宮S(OP、ダート1800m)では、さすがのハンデキャップ作成委員の面々も度肝を抜かれたに違いない。

「先頭は独走になった!楽勝!」

 そう実況されて、ゴールに飛び込んだのはオメガギネス(牡4歳、美浦・大和田成厩舎)だ。2着ラインオブソウルにつけた着差は、なんと7馬身差。ノーステッキで相棒にOP2勝目をプレゼントした松山弘平騎手も「追ってから突き放す。非常に強い競馬でした」と目を丸くするほどの圧勝劇だった。

「非常に強い競馬でしたね。キックバックを被るとやめる面のある馬が1枠1番ということで難しいレースになると思っていたのですが、終わってみれば、まったく問題にしない圧勝でした。元々、今年のフェブラリーS(G1)で1番人気に推されたほどの素質馬。これで賞金を加算することができましたし、秋には再び大きな舞台で活躍してくれそうです」(競馬記者)

規格外の勝利は陣営の努力の賜物

 記者がそう話す通り、オメガギネスは今年2月のフェブラリーSでは1番人気に推されたものの14着に大敗。確勝を期した前走のオアシスS(L)でも1番人気を裏切る3着に敗れていた。

 陣営は、この敗因をキックバックによるものと分析。今回のレース後には松山騎手が「前走でキックバックを被せておいてくれたことで、今回は慣れていると感じた」と進化を語っている。

 ちなみに先述した通り、先週までのハンデ戦85レースは、すべて1着と2着の着差が0.5秒以内に収まっていたが、オメガギネスと2着ラインオブソウルとの差は1.2秒。優秀なハンデキャッパーが管理するJRAのハンデ戦としては「ルール崩壊」と言えるような珍しい圧勝劇となった。

「勝ったオメガギネスの能力はもちろんですが、大和田調教師が『ここ2走はキックバックを気にしていたので、練習を積み重ねた』と語っていた通り、この勝利はまさに陣営の努力の賜物だと思います。最も砂を被りやすい1枠1番から勝ち切ったこの勝利は小さくないですし、今後が楽しみです」(別の記者)

 レース後、殊勲の大和田調教師も「ゲート練習や馬具の調整など、試行錯誤したことが今日の勝利へとつながっている。大きな1勝」と手応え。今後については「未定」としながらも、復帰は秋になる見込みだ。

 この勝利は当然、フェブラリーSの覇者ペプチドナイルをはじめ、ウシュバテソーロやレモンポップといったダート界のトップホースたちの陣営にとっても、小さくはない衝撃となるはずだ。G1・1番人気大敗の屈辱を乗り越えるオメガギネスが、再び旋風を巻き起こすか。今から秋が楽しみだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRAも「大誤算」の7馬身差圧勝劇でダート界に激震!? 「ルール崩壊」今年のフェブラリーS(G1)1番人気が示した超進化のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬