GJ > 競馬ニュース > 函館記念(G3)展望
NEW

【函館記念(G3)展望】タイトルホルダー、ヴェラアズール、ベラジオオペラに続け!「未来のG1馬?」チャックネイトが充実の4歳馬を迎え撃つ!

【この記事のキーワード】, ,
サヴォーナ
サヴォーナ 撮影:Ruriko.I

 14日の函館競馬場では、名物レース・函館記念(G3)が開催される。夏のハンデ戦ということもあって荒れるイメージのあるレースだが、昨年は1番人気のローシャムパークが人気に応えて1→4→2番人気と堅い決着。果たして、今年はどうなるだろうか。さっそく展望していく。

チャックネイトの近5走成績
チャックネイトの近5走成績

 今年も例年通りの混戦模様だが、チャックネイト(セン6歳、美浦・堀宣行厩舎)の安定感は、ここでも大きな武器になるはずだ。

 距離が長過ぎた前走の天皇賞・春(G1)こそ14着と大きく崩れたが、それまでは2000mから2600mを7戦して【3.0.4.0】と複勝率100%。函館は3歳の7月に初勝利を挙げた舞台で、それ以来の出走となるがイメージは良いはずだ。

 光るのが重賞初制覇となった前々走のアメリカジョッキークラブC(G2)だ。あいにくの不良馬場となったが、好位から力強く抜け出しての勝利。G2大将のボッケリーニをハナ差で退けている。

 実は、これまで本馬を重賞2着に退けた馬はタイトルホルダー、ヴェラアズール、そしてベラジオオペラが後のG1を勝利している。そういう意味では重馬場の鬼ブローザホーンが勝利した宝塚記念(G1)でこそ見たかった馬だが、ここで賞金を加算して秋の大舞台に駒を進めてほしい1頭だ。


 サヴォーナ(牡4歳、栗東・中竹和也厩舎)はそろそろ重賞タイトルが欲しい。

 昨春のクラシックには間に合わなかったが、秋の神戸新聞杯(G2)で10番人気の低評価を覆しての2着。サトノグランツにアタマ差の接戦を演じ、続く菊花賞(G1)でも5着に善戦。世代のトップクラスに駆け上がり、一気に全国区となった。

 さらなる飛躍が求められる今年は日経新春杯(G2)から始動。同世代のライバル・サトノグランツに先着したものの、こちらも2着。勝ったのがブローザホーンだけに、やや相手が悪かったか。

 その後は阪神大賞典(G2)→天皇賞・春とステイヤー路線を歩むが、どちらも6着止まり。今回の2000mは未勝利を勝って、京成杯(G3)で4着に敗れて以来の挑戦となるが、十分に守備範囲といえるだろう。


 同じ4歳世代ではトップナイフ(牡4歳、栗東・昆貢厩舎)にも注目しておきたい。

トップナイフの近5走成績
トップナイフの近5走成績

 京都2歳S(G3)、ホープフルS(G1)で共に2着に好走するなど、早くから頭角を現していたトップナイフ。期待されたクラシックでは結果が出なかったが、昨夏の札幌記念(G2)で2着と実力を証明している。

 レースでは早めに動き、4コーナーで先頭に立つ強気の競馬。最後はプログノーシスにちぎられたがソーヴァリアント、ダノンベルーガ、ヒシイグアス、ジャックドールといった強豪を抑えての2着は価値が高い。今回は昨年の菊花賞以来の久々となるが、高い洋芝適性は札幌記念で証明済み。この馬もここで重賞タイトルが欲しい1頭だろう。


 もう1頭の4歳馬ホウオウビスケッツ(牡4歳、美浦・奥村武厩舎)は、目下の充実ぶりからも展開のカギを握りそうな存在だ。

ホウオウビスケッツの近5走成績
ホウオウビスケッツの近5走成績

 昨春のスプリングS(G2)でベラジオオペラの2着に好走したホウオウビスケッツ。残念ながらクラシックの壁は厚かったが、古馬になってマイル路線を歩むようになったことで頭角を現した。

 始動戦の東京新聞杯(G3)で8番人気ながら3着に好走すると、続く東風S(L)でも3着。特筆すべきは前走の巴賞(OP)だろう。距離が1800mに延びたものの勢いよくハナに立つと、そのまま逃げ切り。後続を翻弄し、最後は2馬身差をつける完勝だった。

 函館記念とも関連性の深い巴賞を勝った意味は大きい。距離はさらに200m延びることになるが、スムーズにハナに立てれば前走の再現もできるはずだ。

リカンカブールの近5走成績
リカンカブールの近5走成績
ハヤヤッコの近5走成績
ハヤヤッコの近5走成績

 他にも今年の中山金杯(G3)を勝ったリカンカブール(牡5歳、栗東・田中克典厩舎)、一昨年の函館記念の覇者ハヤヤッコ(牡8歳、美浦・国枝栄厩舎)、京成杯の勝ち馬オニャンコポン(牡5歳、美浦・小島茂之厩舎)などの重賞馬も侮れない。グランディア(セン5歳、栗東・中内田充正厩舎)、エンパイアウエスト(牝5歳、美浦・黒岩陽一厩舎)といった上がり馬はハンデを味方につけたいところだろう。重賞でも十分に通用するはずだ。

 想定12頭ながら、骨太な面々が集った感のある今年の函館記念。レースは14日(日)の15時45分に発走予定だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【函館記念(G3)展望】タイトルホルダー、ヴェラアズール、ベラジオオペラに続け!「未来のG1馬?」チャックネイトが充実の4歳馬を迎え撃つ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に