GJ > 競馬ニュース > 【さきたま杯(G1)展望】
NEW

【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり

【この記事のキーワード】, ,
レモンポップ
レモンポップ 撮影:Ruriko.I

 19日、浦和競馬場で開催される「さきたま杯」に昨年のJRA最優秀ダートホース・レモンポップ(牡6歳、美浦・田中博康厩舎)が登場することが話題になっている。

 5月に行われたかしわ記念(G1)、5日に行われた東京ダービー(G1)、そして26日に行われる帝王賞(G1)といったビッグレースに挟まれる形で、あまり存在感のなかったさきたま杯。

 だが、JRAと地方競馬がぶち上げた「ダート革命」の一環として今年からG1に昇格。浦和開催としても、常時1400mで開催されるG1としても日本初となる。

 あまり目立っていないさきたま杯だが、昨年の勝ち馬イグナイターは同年のJBCスプリントでG1初制覇。また、3年前の勝ち馬アルクトスも同年の南部杯(G1)を勝つなど、縁起のいいレースでもある。さっそく展望していこう。

ダート王レモンポップ断然も「最大の敵は…」

 注目は、何と言っても冒頭で挙げたレモンポップだ。

 昨年はフェブラリーS(G1)とチャンピオンズC(G1)を制し、統一ダート王に輝いたレモンポップ。今年の始動戦となったサウジC(G1)では12着に大敗したが、5勝2着2回の連対率100%を誇る1400mへの距離短縮は明らかにプラスだろう。大本命として、負けられない一戦を迎えることになる。

 ただし、レモンポップにおける1400mの5勝は、すべて最後の直線が約500mを誇る東京コースで挙げたもの。最後の直線が220mしかない今回の浦和は「別世界」と言っても過言ではなく、主戦の坂井瑠星騎手も「一番の敵はコース形態」と警戒を強めている。コンビを組んでからは日本国内では無敗。伸び盛りの鞍上のエスコートも見所の1つになりそうだ。

小回りならシャマル&イグナイターが逆転可能?

 そんなレモンポップを脅かす存在になりそうなのが、抜群のスピードと小回り適性を誇るシャマル(牡6歳、栗東・松下武士厩舎)とイグナイター(牡6歳、兵庫・新子雅司厩舎)だ。

 昨年のかしわ記念で1番人気に推されながらも4着に敗れるなど、G1ではあと一歩が足りなかったシャマル。しかし、今年は最後の直線約230mの黒船賞(G3)を快勝すると、勢いそのままに、かしわ記念で待望のG1初制覇。G1馬として統一ダート王に挑戦状を叩きつけることが叶った。

 レモンポップには及ばないものの、こちらもダート1400mは4勝を挙げる得意舞台。短い直線を上手く立ち回れば逆転も見えてくるはず。この馬に並々ならぬ思い入れがある主戦・川須栄彦騎手の手綱にも注目だ。

地方年度代表馬として負けられない前年王者


 昨年の覇者イグナイターも当然、最有力候補の一角だ。昨年の南部杯ではレモンポップに大差をつけられる完敗を喫したが、次走のJBCスプリントでG1初制覇を飾ったように、マイルは少し長い印象。昨年のさきたま杯勝ちも然ることながら、計7勝を誇る1400mはベストといえる舞台だ。

 今年からG1に昇格し、昨年を上回るメンバーが集った印象だが、2年連続でNARの年度代表馬に輝いた誇りを胸に、ここは譲れない戦いになる。

ハナを切れば一発があるサンライズホーク


 G1馬3頭を相手に一発の魅力を秘めているのが、サンライズホーク(セン5歳、栗東・牧浦充徳厩舎)だ。

 昨夏までは一介のオープン馬に過ぎなかったサンライズホークだが、M.デムーロ騎手と出会って逃げ馬に転身。サマーチャンピオン(G3)、兵庫ゴールドT(G3)、そして今年2月のかきつばた記念(G3)と破竹の重賞3連勝で一気にG1戦線に浮上した。

 前走の黒船賞はシャマルを相手に単勝1.6倍の大本命に推されたが、まさかの失速。最大のライバルにハナを譲ってしまった結果、11着に大敗している。前述した兵庫ゴールドTを2番手から勝利しているが、やはりハナに立ってこそ本領の馬。シャマルを含め相手は揃ったが、サンライズホークとデムーロ騎手のやることは1つだ。

展開が有利に働きそうなタガノビューティー


 主導権争いが激化するなら、最後の直線でこの馬の末脚が威力を発揮する。展開利が見込めそうなタガノビューティー(牡7歳、栗東・西園正都厩舎)も、ここはチャンスだろう。

 先行有利なダート競馬の中で、タガノビューティーの末脚は異彩を放つ極上の切れ味だ。脚質的に勝ち味に遅い面は否めないが、かしわ記念で2年連続2着するなど、ハマった時の破壊力はG1級。

 レモンポップを筆頭にシャマル、イグナイター、サンライズホークと有力な逃げ・先行馬が揃っているだけに、ペースが落ち着くことはないだろう。この馬を知り尽くす主戦・石橋脩騎手の仕掛けのタイミングにも注目したい。

浦和1400mの鬼、地元アマネラクーンの見せ場に期待


 他にも昨年の3着馬バスラットレオン(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)も出走するなどJRA勢が圧倒的に優位だが、地方勢からは前哨戦を制した地元・浦和のアマネラクーン(牡7歳、浦和・小久保智厩舎)の名を挙げておきたい。浦和の1400mは計15勝を誇る“鬼”である。

 今年からG1昇格を果たしたさきたま杯は19日(水)の17時45分に発走を迎える。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性ありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に