GJ > 競馬ニュース > 柴田善臣「結構な馬」
NEW

JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎

【この記事のキーワード】, ,
JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎の画像1

 今年の3歳牝馬の頂点を決める一戦、第79回オークス。5月20日(日)に東京競馬場で開催されるこのレースで、乾坤一擲の走りが期待されるのがトーセンブレス(美浦・加藤征弘厩舎)だ。

 昨年の9月の新馬戦以来、勝利から遠ざかっているものの、阪神ジュベナイルF(G1)4着、フラワーカップ(G3)2着、桜花賞(G1)でも4着と重賞戦線で好走。NHKマイルC(G1)に出走する意向も示唆されていたが、陣営は樫の女王を目指すことに決めたようだ。

「前走の桜花賞では勝ち馬のアーモンドアイに次ぐ、ハロン34秒2の末脚を発揮。このほかにもレースでは切れ味鋭い脚を武器に好走を続けています。東京競馬場は昨年のアルテミスS(G3)以来です。このときは、他馬がスパートをかけた際に即座に反応することができずに敗退。若さを露呈させました。

 ですが、後方から競馬をするトーセンブレスにとって長く広い直線がある東京競馬場は向いているコース。アルテミスSのときよりも成長を遂げているようですし、展開がハマりさえすれば一撃も夢ではないですよ」(競馬誌ライター)

 そのトーセンブレスは美浦のWコースで最終追い切り。単走で5ハロン84秒0-12秒9を馬なりで記録している。加藤調教師は「東スポ」の取材に対して気持ちを乗せ過ぎないようにしたといい「リラックスしていて落ち着き」があったと振り返り、「いいストライド(の走り)でした」とご満悦だったという。

JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客