GJ > 競馬ニュース > 「美浦陣営太鼓判」の2頭
NEW

日本ダービー(G1)「美浦陣営太鼓判」の2頭で一攫千金? 「トライアル覇者」「皐月賞馬券の立役者」

【この記事のキーワード】, ,
日本ダービー(G1)「美浦陣営太鼓判」の2頭で一攫千金? 「トライアル覇者」「皐月賞馬券の立役者」の画像1

 27日(日)に行なわれる日本ダービー(G1)。関東の美浦では、多くの競馬関係者や、通常取材にはあまり来ないマスコミも詰めかけ、さすがダービーウィークだといった雰囲気。近年、関東馬が盛り返しつつあるものの、今年も日本ダービーに出走する関東馬は18頭中6頭で少ない。

 だが、美浦のホースマンたちの士気は落ちることなく、張り詰めた空気の中で華やかなムードを楽しんでいるようだ。

 さて、美浦からも関係者からの情報が2つ入ってきているのでご紹介したい。

 まずは、コズミックフォース(牡3 美浦•国枝栄厩舎)だ。

 京成杯(G3)2着、すみれS5着と取りこぼしたが、5日に行なわれたプリンシパルSを勝ち、ダービーへ向かうことが決まった。中2週しかないため、反動はどうだろうか。

「前走から間隔が詰まっているので、中間は疲れを残さないよう調整を主眼に置いたそうです。今週の追い切りはオウケンムーンを追いかける形になりましたが、動きには余裕がありましたし、ラストの反応も良かったですね。関係者は『前走は馬体の張りが少し物足りなかったのですが、それでも押し切ってくれた』と語っていました。

プリンシパルSでは芝2000mをほぼ11秒台の平均ラップで流れ、先行して直線抜け出し。最後はアタマ差を凌いで勝つという強い競馬。馬場が良かったとはいえ走破タイム1分58秒2は優秀です。それでいて現在、動きに余裕があるんですから、厩舎の期待は膨らむ一方ですよ。

また、この馬に期待するところについて『この馬の本格化は夏を越して秋以降と思いますが、皐月賞で上位に来た馬とも接戦していますし、現時点でも力差はない』と厩舎関係者は語り、一線級との対戦は初めてでもヒケは取らないと自信を持っているようです」(競馬記者)

 もしプリンシパルS経由の馬が日本ダービーで3着までに入れば、2009年のアントニオバローズ(ダービー3着)以来9年ぶりとなるが、そのジンクスを破るような雰囲気はこの馬にはある。

日本ダービー(G1)「美浦陣営太鼓判」の2頭で一攫千金? 「トライアル覇者」「皐月賞馬券の立役者」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!