GJ > 競馬ニュース > 藤田菜七子が受けた「教え」
NEW

JRA藤田菜七子が受けた「教え」競馬サークルバックアップよりも心強い人々とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子が受けた「教え」競馬サークルバックアップよりも心強い人々とはの画像2

 17日の東京競馬場第3R・3歳未勝利戦を、ベルクカッツェで2着に3馬身半差つけて快勝した藤田菜七子騎手。約2年ぶりとなる自厩舎の根本康広厩舎が管理する馬での勝利は、騎手として大事な節目となる通算31勝目。これで菜七子騎手は、G1競走への参戦資格を得たことになる。

 ついに実現間近となりつつある女性騎手のG1競走出走。この菜七子騎手の活躍について、ユニコーンS(G3)で菜七子騎手が騎乗したミックベンハーを管理する畠山吉宏調教師は「サンスポ」の取材に対し、今までの女性騎手とは全然違い、各厩舎が「サポートしていこうという全体の流れが間違いなくあって、その中でレベルアップしている」と語る。

「これまでもJRAに女性騎手たちは所属していました。ですが、増沢由貴子騎手は3年目まで100をゆうに超える騎乗機会がありましたが、4年目から減少。西原玲奈騎手、細江純子騎手は3年目から目に見えて減りました。ですが、菜七子騎手は3年目以降も減るどころか騎乗数が増える一方です。菜七子騎手に熱烈なラブコールを送る馬主やエージェント制度の恩恵というのもあるでしょうが、それでもこの活躍は競馬サークル全体が彼女をサポートする流れがないと不可能でしょう。彼女に追い風が吹いていると思います」(競馬記者)

 菜七子騎手がJRA初勝利を飾ったサニーデイズのオーナーである星野祐介氏は「”菜七子でダービーに出走するのが夢”」と語っているといわれる。さらに昨年32回の騎乗依頼を出した田頭勇貴氏、そして昨年は19回に渡って騎乗依頼があり、菜七子騎手とは3勝2着3回と好相性のDr.コパこと小林祥晃氏など彼女を支持する馬主は多いようだ。さらに最近は調教師たちの受けも良くなってきているように思える。

JRA藤田菜七子が受けた「教え」競馬サークルバックアップよりも心強い人々とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!