GJ > 競馬ニュース > ダノンプレミアム勝機あり?
NEW

JRA「超豪華天皇賞・秋」にダノンプレミアム勝機あり? 立ち塞がる「歴戦の古馬勢」

【この記事のキーワード】, ,
ダノンプレミアムの画像1

 春のクラシックでは有力視されながらも無冠に終わってしまった2歳王者・ダノンプレミアム(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)。秋は最後の1冠である菊花賞(G1)ではなく、距離適性を重視し、古馬との戦いとなる天皇賞・秋(G1)へ向かう。

ダノンプレミアムは今年の始動戦となった弥生賞(G2)で最後の直線で早々に抜け出すと、後のダービー馬であるワグネリアンに1と1/2馬身差を付けて完勝。今年のクラシックはこの馬を中心に回る、と誰もが感じる圧倒的な走りを見せた。

だが、期待された皐月賞(G1)はザ跖で出走回避。そして続く日本ダービーでは一番人気に支持されるも、終始コズミックフォースらからマークされて無念の6着。無冠で春のクラシックを終えることとなった。

「ダノンプレミアムは『1強』と呼ばれるなど圧倒的な実績があったがために、執拗なマークを受けることになりました。ですが秋の天皇賞では実績が上回る古馬との対戦ということもあり、そこまでマークをされることはないはず。距離的にも問題はありませんし、陣営が思い描いている作戦通りに進めることができれば十分チャンスは巡ってくるはずです。春は残念な結果に終わりましたが、まだその素質を見切るのは早計だと思います」(競馬誌ライター)

ダノンプレミアムの画像2

昨年はソウルスターリング、カデナが出走、今年はダノンプレミアム、ワグネリアンらが参戦を視野に入れているように、3歳馬が秋の天皇賞に出走することは珍しいことではなくなった。ただこれまで3歳(旧4歳)馬で天皇賞・秋を制したのはバブルガムフェロー、シンボリクリスエス(中山開催)の2頭のみ。ペルーサ、フェノーメノらが2着と好走しているものの、勝利は遠い。

「今年の天皇賞・秋にはヴィブロス、レイデオロ、スワーヴリチャード、ミッキーロケット、マカヒキ、サクラアンプルール、ステファノスなど一線級の馬たちが出走予定しているようです。今年もダノンプレミアムら3歳勢も出走しますが、古馬たちが大きな壁となって立ちふさがるでしょう。ダノンプレミアムにはそれを超え、さらにワグネリアンらにリベンジを果たすことができるのかが注目されますね」(競馬記者)

ダノンプレミアムは古馬やライバルとの戦いを制することができるのだろうか? 16年ぶり3頭目となる3歳馬の優勝を期待しつつ、レースの開催日を待ちたい。

JRA「超豪華天皇賞・秋」にダノンプレミアム勝機あり? 立ち塞がる「歴戦の古馬勢」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内