GJ > 競馬ニュース > 「帰還・中山巧者」
NEW

JRA「帰還・中山巧者」がオールカマー(G2)をかき乱す? ミライヘノツバサ1年半ぶり登場

【この記事のキーワード】, ,
JRA「帰還・中山巧者」がオールカマー(G2)をかき乱す? ミライヘノツバサ1年半ぶり登場の画像1

 9月23日、中山競馬場でオールカマー(G2、芝2200メートル)が開催される。秋の中距離G1に向けた前哨戦の第1弾だ。レイデオロ、アルアイン、ガンコ、ダンビュライトといった有力馬が集うなか、1頭、忘れてはならない注目馬がいる。それが約1年半ぶりに競馬場に帰ってくるミライヘノツバサ(牡5歳、美浦・伊藤大士厩舎)だ。

 ミライヘノツバサが最も存在感を示したのが昨年3月、中山競馬場で行われた日経賞(G2、芝2500メートル)。かなり骨っぽいメンバー相手だったが軽快に先行して2着。間もなくの重賞制覇かと期待されたが、脚部不安でそのまま休養に入ってしまった。このレースを振り返ってみよう。

 1番人気は2015年の有馬記念(G1)を制し、2016年の有馬記念ではサトノダイヤモンド、キタサンブラックに続く3着となったゴールドアクター(当時6歳)。2番人気は後に今年の天皇賞・春(G1)の勝ち馬となるレインボーライン(当時4歳)で、2016年の菊花賞(G1)ではサトノダイヤモンドの2着だった。3番人気が2016年の皐月賞馬ディーマジェスティ(当時4歳)。4番人気が前走日経新春杯(G2)で重賞初挑戦ながらミッキーロケットの2着だったシャケトラ(当時4歳)。

 翌週にはG1に格上げされた大阪杯が控えていたが、その大阪杯ではなく天皇賞・春で打倒キタサンブラックを目指す錚々たるメンバーが揃っていた。ミライヘノツバサは、前走1月のアメリカジョッキーC(G2)を3番人気で3着していたが、ここではさすがに7番人気止まりだった。

 逃げたのは大方の予想通りヤマカツライデン。常に先行策を取ってきたミライヘノツバサが2番手につける。このレースでは藤岡佑介騎手が騎乗していた。縦長の展開となりゴールドアクターは3~4番手、レインボーラインがちょうど真ん中、シャケトラとディーマジェスティは後方からの追走。4角でミライヘノツバサが勢い良く先頭に立つ。ゴールドアクターは伸びが良くない。ミライヘノツバサは直線良くこらえたが、外から鋭く伸びてきたシャケトラに差された。

 2番人気のレインボーラインは4着、1番人気のゴールドアクターは5着、3番人気のディーマジェスティは6着で、これらに先着したミライヘノツバサの先行力は高く評価されるべきものだった。

JRA「帰還・中山巧者」がオールカマー(G2)をかき乱す? ミライヘノツバサ1年半ぶり登場のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!