GJ > 競馬ニュース > 桃井はるこ牝馬決戦
NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)は「日本人騎手」が鍵!? 女王桃井はるこが見据える牝馬決戦の焦点

【この記事のキーワード】, ,
JRAエリザベス女王杯(G1)は「日本人騎手」が鍵!? 女王桃井はるこが見据える牝馬決戦の焦点の画像1

 秋の女王戦エリザベス女王杯(G1)を前にして、アイドル界の競馬女王・桃井はるこさんがGJに降臨! 菊花賞(G1)の前に行った対談企画では、名前をあげた競走馬が馬券圏内に進出するバツグンの読みを見せた。その相馬眼は、エリザベス女王杯でも発揮されるのだろうか?

――菊花賞は、2番手に推していたフィエールマンが勝ちましたね。お見事でした。

桃井はるこ:ありがとうございます!! それに本命のユーキャンスマイルが3着に入線したのがうれしかったですね。レース前に競馬新聞を見ても、ユーキャンスマイルを本命に推す人はほとんどいなかったんですよ。

――まさに会心の読みでした。2着のエタリオウも軽視はしていませんでしたからね。その勢いで、エリザベス女王杯もお願いします。今回は、連覇がかかるモズカッチャンに人気が集まりそうです。

JRAエリザベス女王杯(G1)は「日本人騎手」が鍵!? 女王桃井はるこが見据える牝馬決戦の焦点の画像2

桃井はるこ:モズカッチャンを本命視する人が多いですよね。でも私は違います。同馬は、ハービンジャー産駒の中でもトップクラスの成績を残しています。それにエリザベス女王杯は、2年連続でミッキークイーンが3着に入線するなどリピーターが多いレース。人気になるのはわかります。

 だけど、昔からの格言で『牝馬は調子』というものがあります。今回、モズカッチャンは府中牝馬Sを熱発で回避。当初はそこで1戦叩いてから、エリザベス女王杯に向かう予定でした。ローテ―ションを消化できなかったのは痛かったはず。その影響があるのか、1週前追い切りを見たところ私の眼にはヨレているように映り、それこそ調子があまり良くないように思えたんです。鞍上のM.デムーロ騎手も最近G1戦線ではイマイチですし、モズカッチャンを本命にはできないですね。

――なるほど。では、改めて桃井さんの本命は?

桃井はるこ:今年、エリザベス女王杯が行われる11月11日は棒が立っているように見えるため、オタクの間で『サイリュームの日』と呼ばれているんです。サイリュームといえばアイドル! なので古豪ではなく、若くてピチピチなギャル(死語!?)が上位進出をすると思ってます!!

 というわけで、まだピチピチの4歳馬であるレッドジェノヴァ(美浦・小島茂之厩舎)が、私の本命ですね。

 重賞初挑戦となった前走の京都大賞典(G2)では、前につける競馬を展開。そして2400mという長丁場だったのに、最後の直線では上がり第2位の34.3秒を記録する末脚を見せて、かつての力を取り戻しつつあるサトノダイヤモンドから半馬身差の2着。これは強いですよ!

 レッドジェノヴァはシンボリクリスエス産駒ですが、この血統で活躍した牝馬はあまりいません。でも同産駒はロベルト系に属します。この血統を持つ馬はグラスワンダーにはじまり、モーリス、スクリーンヒーロー、エピファネイアなど”当たれば強い”傾向があるんです。ここでの覚醒を期待しています。

JRAエリザベス女王杯(G1)は「日本人騎手」が鍵!? 女王桃井はるこが見据える牝馬決戦の焦点のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も