GJ > 競馬ニュース > 「交流の鬼」サウンドトゥルー
NEW

東京大賞典(G1)「交流重賞の鬼」サウンドトゥルー豪脚復活間近……適性抜群大井で「地方馬」筆頭

【この記事のキーワード】, ,
東京大賞典(G1)「交流重賞の鬼」サウンドトゥルー豪脚復活間近......適性抜群大井で「地方馬」筆頭の画像1

 12月29日、大井競馬場で開催される東京大賞典(Jpn1、ダート2000メートル)に古豪サウンドトゥルー(セ8歳、船橋・佐藤裕太厩舎)が出走する。今回、その末脚が炸裂するのか検討する。

 ダート交流重賞の鬼がサウンドトゥルー。これまで獲得したG1タイトルは2015年の東京大賞典、2016年のチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル)、2017年のJBCクラシック(Jpn1、ダート2000メートル)の3つ。毎年、1つのタイトルをものにしてきた。今年、まだタイトルを獲得していないだけに最後のチャンスに賭けたい。

 今回、サウンドトゥルーは新たなスタートを切る。11月4日のJBCクラシックまでは美浦・高木登厩舎に所属していたが、11月10日、船橋の佐藤裕太厩舎に転厩したからだ。トラブルなどがあったわけではない。JRA所属のまま9歳になると年齢制限のため南関東へ転厩できなくなってしまうからだ。移籍の際、高木調教師は「残念な気持ちはありますが、馬のためには仕方ない。G1を3つも勝たせてくれた厩舎にとっても思い出深い馬」と語っていた。

 サウンドトゥルーの持ち味と言えば誰しも知るところの豪快な追い込み。ペースや展開がはまればアタマに突き抜ける。多少不向きな流れになっても2着、3着には突っ込んでくる。ところが、前走のJBCクラシック(京都開催の1900メートル)は5着だった。8歳の終盤を迎え、加齢による衰えが出てきたのだろうか。レースを振り返ってみよう。

 逃げたのはサンライズソア。2、3番手がテイエムジンソクとテーオーエナジー。900メートル通過は55秒3というまずまずの流れ。中団につけていたケイティブレイブが勝負どころで好位に取りつき、直線で抜け出して優勝。ケイティブレイブよりも少し後ろにいたオメガパフュームが差してきて2着。追い込み馬にはきつい展開だったが、末脚が最も目立ったのが4着ノンコノユメと5着サウンドトゥルーだった。

 京都競馬場のダート1900メートルは圧倒的に逃げ、先行有利。このレースを見る限りサウンドトゥルーの末脚は健在と言える。ノンコノユメに先着されたのは、サウンドトゥルーの方がいくぶん早目に仕掛けたからだ、また、ケイティブレイブの福永騎手は完璧な騎乗だった。いつものように先に動いて詰めの甘さを露呈していれば、差はもっと縮まったはず。

東京大賞典(G1)「交流重賞の鬼」サウンドトゥルー豪脚復活間近……適性抜群大井で「地方馬」筆頭のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃