GJ > 競馬ニュース > 【大阪杯(G1)展望】
NEW

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!の画像1

 4月4日、阪神競馬場では第65回大阪杯(G1)が行われる。G2時代も含めた過去10年で、3連単10万馬券は一度もなく、3連複万馬券も2度だけ。今年も上位と下位の実力差がはっきりしており、堅い決着が予想される。

 2000mという距離なら、中心はコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)で間違いないだろう。ご存じの通り、昨年は皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)、菊花賞(G1)を制し、史上3頭目の無敗3冠馬に輝いた。しかし、続くジャパンC(G1)では“最強牝馬”アーモンドアイに屈し、キャリア8戦目で初黒星を喫した。

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!の画像2

 アーモンドアイが引退した今、現役最強馬の称号を持つのはコントレイル――。それを証明するためにも、陣営は春の始動戦として大阪杯を選択した。陣営も常々言っている通り、コントレイルにとって2000mは最適距離。速い時計が出る今の阪神芝も追い風となりそうだ。

 ポン駆けが利くのは皐月賞などで実証済みだが、4か月ぶりの実戦で気になるのはやはり状態面だろう。

「鳥取県の大山ヒルズから栗東に帰厩したのが今月6日でした。10日には坂路で初時計を出し、2週前追い切りとなった17日には、この日の一番時計となる50秒1をマーク。その後も順調に追い切りを重ねています」(競馬記者)

 24日の1週前追い切りは栗東CWで3頭併せ。直線では大外を通り、僚馬2頭をあっさり交わすと、CWコースでは自己ベストを大きく更新する6ハロン78秒7を叩き出した。秋3戦の疲れは完全に抜け切った印象で、さらに成長した姿を見せてくれる可能性は高い。

 パートナーの福永祐一騎手も「ここまではいいステップを踏めています」とコメントしており、主役の座は譲れない。

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!の画像3

 打倒コントレイルに燃える他陣営。中でも、昨年の皐月賞では直線接戦を演じたサリオス(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)との9か月ぶりとなる再戦は最大の見どころとなる。

 2度目の対戦となったダービーでは2着に入るも、コントレイルには3馬身突き放されたサリオス。秋は毎日王冠(G2)からマイルCS(G1)とマイル路線を歩んだが、改めて中距離でコントレイルに挑む。

「2歳時には朝日杯FSをレコードで勝ったように、本質はやはりスピードタイプのマイラーだと思います。元JRA騎手の安藤勝己氏などは2000m以上もこなせると太鼓判を押していますが、2000mはぎりぎり守備範囲ではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 状態面はどうか。500kgを優に超える大型馬だけに久々の実戦が懸念されるが、1週前追い切りでは美浦南Wで直線軽く気合をつけられると僚馬を一蹴。仕上がりの良さをアピールした。

 鞍上には、堀調教師も高く評価する松山弘平騎手が指名され「三度目の正直」で逆転のシナリオを描く。

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か