GJ > 競馬ニュース > 「連敗ストップ」池添謙一が宝塚記念(G1)を前に上昇ムード!ドリームジャーニー娘スルーセブンシーズで「武豊超え」なるか
NEW

「連敗ストップ」池添謙一が宝塚記念(G1)を前に上昇ムード! ドリームジャーニー娘スルーセブンシーズで「武豊超え」なるか

【この記事のキーワード】, ,
「連敗ストップ」池添謙一が宝塚記念(G1)を前に上昇ムード! ドリームジャーニー娘スルーセブンシーズで「武豊超え」なるかの画像1
池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

 先週18日に行われた函館9Rで騎乗馬のアップストロークを巧みに操り、ゴール前の接戦をハナ差で制した池添謙一騎手。JRA通算1300を超える勝ち星を挙げ、2011年にはオルフェーヴルとのコンビでクラシック三冠も達成している名手だが、実はこのレースの前まで38連敗を喫していた。期間にして1ヶ月以上白星から遠ざかっていたのだが、ようやく長いトンネルからの脱出に成功した。

 この勝利で勝負勘を取り戻したのか、同日の11Rも勝利。池添騎手がメインレースを制したのは4月に開催された京都競馬場グランドオープン記念(OP)以来、およそ2ヶ月ぶりのことでもあった。

 いよいよ上昇気流に乗り始めた池添騎手は、25日に行われる春のグランプリ・宝塚記念(G1)に初コンビのスルーセブンシーズ(牝5歳、美浦・尾関知人厩舎)と挑む。

 今年3月の中山牝馬S(G3)を1馬身1/4差で完勝した本馬は、6月中旬から栗東に滞在して調整。最終追い切りはウッドで躍動し、管理する尾関師は『サンケイスポーツ』の取材に「いい動き。こちらの環境にも慣れて落ち着いてきた」と話すなど、状態の良さをアピールしている。

 そんなスルーセブンシーズの父は、池添騎手の手綱で2009年の宝塚記念を勝ったドリームジャーニーだ。

 父娘での同一G1制覇はあの武豊騎手でも達成できていない上に、宝塚記念は池添騎手が過去【3-1-2-9】と得意にしているレース。しかも牝馬ではこれまで2度参戦してスイープトウショウで優勝、ショウナンパンドラで3着と好相性。ファンの間では「グランプリ男」とも言われている池添騎手だけに、父娘制覇もやってのけるかもしれない。

「池添騎手といえば今月7日、『JRA阪神競馬場 宝塚記念DAY』と銘打たれ京セラドームで行われたプロ野球オリックスVS巨人戦で始球式を務めていましたね。ネットの掲示板やSNSなどでは一部のファンから『宝塚記念を勝つサイン』『スルーセブンシーズは押さえておこう』といった書き込みも見られました」(競馬誌ライター)

 なお『netkeiba.com』が公開している宝塚記念の単勝予想オッズでスルーセブンシーズは11~12番人気。あまり評価は高くないものの、先述したスイープトウショウとショウナンパンドラの牝馬2頭もレース当日は奇しくも同じ11番人気だったのだから、再現には持ってこいといえる。

 3年前には12番人気のモズベッロを3着に持ってきて波乱を演出しているだけに、池添騎手が宝塚記念で大穴に騎乗する場合は、むしろ警戒すべきかもしれない。

スルーセブンシーズで「武豊超え」なるか

「ちなみに『グランプリ男』池添騎手は、宝塚記念と有馬記念(G1)を合わせて7勝。これは武豊騎手と並びトップタイの数字であり、今回、宝塚記念を勝てばレジェンドを抜き単独首位の8勝となります」(同)

 週末は雨の予報もあるが、仮に馬場が悪化しても渋った馬場でも勝利実績のあるスルーセブンシーズにとってはプラスとなりそうだ。池添騎手の勝負強さに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「連敗ストップ」池添謙一が宝塚記念(G1)を前に上昇ムード! ドリームジャーニー娘スルーセブンシーズで「武豊超え」なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」