GJ > 競馬ニュース > 菊花賞(G1)「23年ぶり」に実現した皐月賞馬とダービー馬の対決!ソールオリエンスとタスティエーラ…勝つのはどっち?【GJ読者アンケート】
NEW

菊花賞(G1)「23年ぶり」に実現した皐月賞馬とダービー馬の対決!ソールオリエンスとタスティエーラ…勝つのはどっち?【GJ読者アンケート】

【この記事のキーワード】, ,
菊花賞(G1)「23年ぶり」に実現した皐月賞馬とダービー馬の対決!ソールオリエンスとタスティエーラ…勝つのはどっち?【GJ読者アンケート】の画像1
撮影:Ruriko.I

 前回の読者アンケートは、「あなたがもっとも好きな三冠牝馬」というテーマで実施しました。多くのご投票、誠にありがとうございました。もし次回同じ質問をする場合、リバティアイランドを加えた7頭になりそうですね。

 牝馬の秋華賞(G1)が終わり、今度は牡馬クラシックの最終章・菊花賞(G1)が、22日に京都競馬場で行われます。

 今年の注目は、なんといっても23年ぶりに皐月賞馬とダービー馬の対決が実現することでしょう。前回の対決は、皐月賞馬エアシャカールとダービー馬アグネスフライトが激突した2000年でした。この年はエアシャカールが優勝してアグネスフライトは5着に敗れています。

 当時はこれを含めて3年連続で同じ対決があったんですよね。1998年は皐月賞馬セイウンスカイ(優勝)とダービー馬スペシャルウィーク(2着)、99年は皐月賞馬テイエムオペラオ―(2着)とダービー馬アドマイヤベガ(6着)。ちなみにこの年の優勝馬はナリタトップロードでした。

 もちろん、今年までの間に二冠馬や三冠馬が誕生したため、再現のしようがなかった年もありますが、さすがにここまで長い間、発生していなかったことは、同じクラシックとして菊花賞の魅力が徐々に下がっていったのかもしれません。距離適性を考慮して天皇賞・秋(G1)を選択する陣営も増えており、そのへんも大きく関係していると思います。

 ただ今年は、イクイノックスやドウデュースなどの世界最強クラスといっていい強豪が出走するとあってか、天皇賞・秋に参戦を表明した3歳馬はナシ。やはり勝ち目のない相手よりは、まだ同世代相手の方がチャンスありと考えたのかもしれませんね。

 ということで、今回のアンケートは「ソールオリエンスとタスティエーラ、勝つのはどっち?」というテーマで募集したいと思います。

 直近の3回は、いずれも皐月賞馬が先着しダービー馬が劣勢。タスティエーラはダービーからの直行が気になりますね。

 とはいえ、ソールオリエンスも前哨戦のセントライト記念(G2)で2着に惜敗。皐月賞馬ですが、過去に敗れたダービー馬らと同じく、後方から鋭い末脚を使うタイプなのはプラスとなるかマイナスとなるか……。

 以下は投票ページとなります。競馬ファンの皆様の熱い想いを思う存分、語ってください!

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

菊花賞(G1)「23年ぶり」に実現した皐月賞馬とダービー馬の対決!ソールオリエンスとタスティエーラ…勝つのはどっち?【GJ読者アンケート】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】