GJ > 競馬ニュース > 【ジャパンC(G1)予想】イクイノックス「切り」に理由あり! 武豊でなくてもドウデュース復活はあるはずだ
NEW

【ジャパンC(G1)予想】イクイノックス「切り」に理由あり! 武豊でなくてもドウデュース復活はあるはずだ

【ジャパンC(G1)予想】イクイノックス「切り」に理由あり! 武豊でなくてもドウデュース復活はあるはずだの画像1

 今回は古馬王道路線の大一番となるジャパンC(G1)を予想していく。

 まずはいつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
天皇賞・秋 15頭
京都大賞典 4頭
秋華賞 3頭
アルゼンチン共和国杯、神戸新聞杯 各2頭
菊花賞、エリザベス女王杯、オールカマー、凱旋門賞 各1頭
となっている。天皇賞・秋(G1)からの転戦馬が大多数。次いで、そこをスキップしてきたであろう京都大賞典組が続く。ここ2年は牝馬の好走がないが、秋華賞(G1)から挑戦してきた3歳牝馬が大健闘している。ちなみに上記の前走データでわかるように、本来目玉になるはずの外国馬の好走例はない。

 次いで人気順の成績を見ていく。
1番人気 5-1-2-2
2番人気 0-2-3-5
3番人気 2-2-1-5
4~6番人気 3-3-3-21
7~9番人気 0-2-0-28
10番人気以下 0-0-1-76
となっている。1番人気はほぼ鉄板。近5年でも19年にレイデオロが11着に飛んだきりである。2番人気、3番人気ともに4頭ずつ来ているので、少なくともここ5年では手堅く決まっている。中穴クラスも来てはいるが、近5年では6番人気以下は来ていないので、極端に狙いすぎると却ってハマる可能性がある。

【ジャパンC(G1)予想】イクイノックス「切り」に理由あり! 武豊でなくてもドウデュース復活はあるはずだの画像2
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は今一度のチャンスをかけて5番ドウデュースとする。

 前走は天皇賞・秋。内枠からのスタートでイクイノックスを前に見てマークする格好でレースを進めるが、超ハイペースで流れていき、直線で追い出されるも反応は鈍くそのまま馬群に飲まれて7着と敗退した。

 前走に関しては休み明けと大幅なレコード更新があったような超高速決着で、4番手からの競馬で追走一杯になってしまった可能性が高い。また、武豊騎手の負傷で急遽の乗り替わりがあった点もマイナスに働いたであろう。

 陣営からは「前走から大きなダメージはなく、中間も思い通りの調整ができた」として「叩き2走目の上積みが顕著」とのコメント。日本ダービー(G1)の「レコード勝ち舞台でもあり、変わり身を期待している」と、控えめながら逆転をうかがっているのが伝わる。

 中団から抜け出す競馬より、ダービーの時のように我関せずの後方待機策を採った方が結果が出ると思われる。2戦目も継続騎乗となった戸崎圭太騎手も、2400mの距離とこの馬のクセを考えて騎乗してくれるだろう。今一度、ダービー馬の意地を見せてG1・3勝目を挙げて欲しいという個人的な思い入れも含めて本命としたい。


「○」は前走の敗北で人気を落とし気味な3番タイトルホルダーを挙げたい。

 前走はオールカマー(G2)。内枠を利して好スタートからの逃げを敢行。緩めのペースを作りあげて直線に向くと、そのまま先頭に立ち、後続が迫ってくる中で懸命に粘ったが、勝ち馬にゴール手前で交わされ2着に終わった。

 3走前の日経賞(G2)では休み明けかつ不良馬場の中、自分の競馬に徹して8馬身差をつける圧勝を飾ったものの、本番の天皇賞・春(G1)で一頓挫。前走はそこからの休養明けで、分の悪いところはあっただろうが、それでも2着を確保できた。

 陣営は「前走に向けての調整の時よりも断然いい仕上げになっている」と高評価し「本調子手前の前走でも2着に残ったのは地力」とコメント。宝塚記念(G1)を勝ったときくらいのデキにあり「態勢は整っている」と強気のコメントを出している。

 ただ、この馬に残る懸念は東京コースに良績がないこと。そもそも2着に入った東京スポーツ杯2歳S(当時G3)とダービーしか走っていないこともあるのだが、勝ち星がない。さらに言うと、ここまでのキャリアで左回りを走ったのも、この2走しかない。

 これがどう出るかが1点、あとは今回強力な同型馬パンサラッサも出走するだけに、展開がどうなるかも不確定要素としてある。ただ、こちらは日本のG1を3勝している実力馬。長距離戦での実績もあり、このレースも逃げ残って馬券圏内に入ったケースがあるので、何かを起こすならこちらだろうと考えて対抗とした。

【ジャパンC(G1)予想】イクイノックス「切り」に理由あり! 武豊でなくてもドウデュース復活はあるはずだの画像3
スターズオンアース 撮影:Ruriko.I

「▲」は人気サイドだが17番スターズオンアースを推す。

 前走はヴィクトリアマイル(G1)。内枠スタートから少し下げて中団前目につけて追走。緩めのペースで流れていき、4コーナーを回ってポジションを上げて直線へ。前でソダシが残って粘っていたが、後ろから来たソングラインに交わされ、前のソダシを交わすことができず3着に終わった。

 オークス(G1)を勝った後、脚部不安や爪の問題に悩まされているが、そうは言いつつもここまで10戦のキャリアで馬券圏内から飛んだことがないのは見事。やはり能力値が高いのだろう。

 陣営からは「天皇賞・秋に向けて調整していたが、爪を痛めて回避となってしまった。しかし、段階的に調整を進め順調にきた」とコメント。東京2400mはいい舞台であり「レース当日まで念入りに調整する」と、気合いの入った話が出ている。

 前走マイル戦から、さらに休み明けでの好走例はないのだが、能力値の高さで乗り越えてしまう可能性は高い。○タイトルホルダー同様懸念はあるが、押さえておきたい。


「△」は穴っぽいところで14番ディープボンドと、人気を分け合うであろう1頭、1番リバティアイランドの2頭とする。

【ジャパンC(G1)予想】イクイノックス「切り」に理由あり! 武豊でなくてもドウデュース復活はあるはずだの画像4
ディープボンド 撮影:Ruriko.I

 ディープボンドの前走は京都大賞典(G2)で、内目の枠からスタートして中団後ろ目にポジションを取って追走。重馬場だったこともあって前半はスローで流れていき、徐々にペースアップして直線へ。前で残った馬を外から追い上げる格好になったが、届かず3着となった。

 前走の予想では△を打って3着に来てくれたわけだが、重の鬼とも言えるパワー型・スタミナタイプの馬だけに前走休み明けでも、あのくらいは走るわけだ。陣営も前走に関しては「いつもと違う形で終いを詰めた」と一定の評価。ただ「前走も道中促しながらの追走で、今の東京では苦戦するかも」と弱気のコメントが出ている。

 スピード競馬、上がりを求められる競馬が向いていないのは4走前の阪神大賞典(G2)で「止まったように見えた」ことでわかっている。ただ、この馬は一昨年、凱旋門賞(G1)の前哨戦フォワ賞(G2)で逃げて勝ちを拾っている。

 鞍上の和田竜二騎手が捨て身で逃げを打つと、レース展開も大きく変わる可能性はある。上がり勝負では分がないが、スタミナならメンバー中随一だろう。バテずに逃げて前残り……を考えて、敢えての押さえである。


 リバティアイランドの前走は秋華賞だが、特に触れることもないだろう。危なげない競馬であっさり牝馬三冠をモノにした。

 18年に出走した三冠牝馬アーモンドアイは、未だ破られていない2分20秒6のスーパーレコードを樹立して完勝した。リバティアイランドがその器であるなら、レコード更新は求めないまでも、このくらいのパフォーマンスは発揮してほしいところ。秋華賞組の善戦も目立つこのレースだけに、外すことはできないだろう。


 そして問題の2番イクイノックスだが、当然の話で切るべき理由はほとんどない。ただ、以前から仮に切るなら天皇賞・秋よりも「ここ」だと考えていた。

 理由はここに至るまでの経緯だ。イクイノックスは当初、秋の最大目標はジャパンCとして、前走の宝塚記念からのぶっつけ本番もあると思っていた。しかし、完成期を迎えたことで以前までの体質の弱さが改善され、極めて順調に調整できたということで陣営は天皇賞・秋への出走を決断。結果は、ご存じの通りだ。

 そして、今回のジャパンCに駒を進めたわけだが、前走から中3週の競馬はわかっていたこととはいえ、もともと間隔をあけて使われてきたイクイノックスにとってプラスにはならないだろう。さらにスーパーレコードを叩き出した天皇賞・秋の反動は、世界最強馬とて小さくはないはず。この中間も陣営から疲労を考慮するコメントが散見されていることからも、天皇賞・秋で見せたようなパフォーマンスを再現できるのかは疑問だ。

 もちろん、それでもあっさりと勝ってしまう可能性は十分にあるが、海外帰りで万全ではなかった宝塚記念は勝ったもののスルーセブンシーズとはクビ差。天皇賞・秋で楽に2馬身半差をつけたジャスティンパレスともクビ+1馬身差だった。もし今回もあの時のイクイノックスなら、付け入る隙はあるはずだ。

 ということで、今回は1番、3番、5番、14番、17番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。実力が抜けた馬がこれだけ揃うと、穴馬を狙いにくい。せいぜいトリガミにならないことを祈るばかりだ。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【ジャパンC(G1)予想】イクイノックス「切り」に理由あり! 武豊でなくてもドウデュース復活はあるはずだのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か