GJ > 競馬ニュース > 「一番底を見せてない」安藤勝己氏も潜在能力を評価! 逆境を跳ね除けてリバティアイランドと接戦スターズオンアースに称賛の声
NEW

「一番底を見せてない」安藤勝己氏も潜在能力を評価! 逆境を跳ね除けてリバティアイランドと接戦スターズオンアースに称賛の声

「一番底を見せてない」安藤勝己氏も潜在能力を評価! 逆境を跳ね除けてリバティアイランドと接戦スターズオンアースに称賛の声の画像1
スターズオンアース 撮影:Ruriko.I

 26日に行われたジャパンC(G1)は、断然の1番人気イクイノックスが優勝。3番手から手応え十分に抜け出すと、後続をまったく寄せ付けずG1・6連勝を達成した。

 デビュー戦から手綱を取り続けているC.ルメール騎手も「加速が凄かった。信じられません」とイクイノックスに驚愕したとのコメント。同馬の走りを年内にもう一度見られるかどうかにも注目が集まるところである。

 最大のライバルだった三冠牝馬リバティアイランドは2着まで。主戦の川田将雅騎手は「勝った馬はさすが世界一、凄く強かったです」と、ただただ相手を褒め称えるしかなかった。

 そんな今年のジャパンCで、改めて実力を示したのがスターズオンアース(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)だ。

 今秋は天皇賞・秋(G1)から始動する予定だったものの、蹄の不安で直前に出走回避した昨年の二冠牝馬。1週間ほど楽をさせた程度で乗り込めるようになったものの、歯車に狂いが生じてしまったことは否めなかった。

 管理する高柳瑞師も1週前追い切りの後、『東京スポーツ』の取材に「動き自体は良かったのですが、本来ならもう少し負荷をかけるところ。徐々に良くなってはいますが、正直まだ緩さはありますね」と、100%ではないことを強調。実際に、ジャパンC当日スターズオンアースはプラス12キロで過去最高の496キロだった。

 しかし、レースでは新コンビのW.ビュイック騎手とスムーズに最後の直線に入ると、馬場の真ん中からしぶとく脚を伸ばす。ゴール前で脚色が一緒になってしまったものの、リバティアイランドとはわずか0秒1差の3着。同世代のダービー馬ドウデュースには先着してみせた。

 ちなみに掲示板(5着以内)に載ったスターズオンアースを除く4頭は、すべて1~3枠の内に入った馬。そんな中で本馬は8枠17番、しかも決して順調に来たわけではない中で11戦連続となる3着以内を確保している。

「一番底を見せてない」安藤勝己氏も潜在能力を評価!

 そんな女王の力走に、レース後のSNSやネット掲示板にも「斤量や枠順考えたらリバティアイランドより上では」「厳しい条件だったのに感動した」「このままブエナビスタのようになってほしい」など応援の声が相次いだ。また元JRA騎手の安藤勝己氏も自身のSNSに「一番底を見せてないと思ったのはスターズオンアース」と、本馬の秘めた能力を称賛するコメントを投稿している。

「(スターズオンアースを管理する)高柳瑞調教師も、イクイノックスとリバティアイランドは尋常じゃない強さだったとしながらも『2着馬とはあの差ですから、かけ違いなどで逆転もあったかもしれません』とレース後に話していました。またビュイック騎手の手綱さばきも絶賛していましたよ」(競馬誌ライター)

テン乗りにもかかわらず、人馬一体の走りで導いた殊勲のビュイック騎手の手腕が大きかったことも間違いない。英国の名手もスターズオンアースについては「素晴らしい馬。トレセンで乗った時に強いと思っていました」「スタートが良く、スムーズにいい位置で競馬ができて最後も反応してくれた」とレース後に褒めちぎっていた。

 このひと叩きで状態を上げることは間違いなさそうなだけに、年末の有馬記念(G1)に参戦してくれば面白い存在になりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「一番底を見せてない」安藤勝己氏も潜在能力を評価! 逆境を跳ね除けてリバティアイランドと接戦スターズオンアースに称賛の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か