GJ > 競馬ニュース > 【チャンピオンズC】武豊の兄弟子が狙うアイコンテーラーの一発!過去の優勝馬ジュンライトボルト、サンビスタと意外な共通点
NEW

【チャンピオンズC】武豊の兄弟子が狙うアイコンテーラーの一発!過去の優勝馬ジュンライトボルト、サンビスタと意外な共通点

【この記事のキーワード】, ,

【チャンピオンズC】武豊の兄弟子が狙うアイコンテーラーの一発!過去の優勝馬ジュンライトボルト、サンビスタと意外な共通点の画像1

 芝G1・9勝のアーモンドアイが持つ歴代トップの獲得賞金額を塗り替え、JRAが発表した先日のジャパンC(G1)のレーティングでも、イクイノックスは女王がマークした124ポンド(牡馬換算で128ポンド)を上回る133ポンドの評価を得た。

 名実ともに世界最強馬となったが、ジャパンCを最後に現役生活に別れを告げ、有馬記念(G1)に出走することなく種牡馬入りを報じられた。もし出走していたなら秋古馬三冠の偉業達成にも現実味を帯びていたものの、天皇賞・秋(G1)から2戦続けて激走を演じていただけに、まずはアクシデントのリスクが減ったことを素直に喜ぶべきか。

 グランプリの話はさておき、まずは今週末に行われるチャンピオンズC(G1)のことを考えたい。ジャパンCダート時代から続くダートの国際競走だが、こちらはジャパンC以上に外国馬から敬遠される一方。賞金で大幅に上回るサウジC(G1)やドバイワールドC(G1)が存在する以上、相当なテコ入れでもない限り、現状の打破は難しいだろう。

 とはいえ、今年の出走馬は馬券的にも楽しみを持てそうなメンバーが出走。下馬評ではレモンポップとセラフィックコールが他馬をリードしているようだが、積極的に狙ってみたい1頭がいる。

 それはJ.モレイラ騎手とのコンビで出走を予定しているアイコンテーラー(牝5、栗東・河内洋厩舎)のことだ。

 デビューからここまで22戦のうち、19戦で芝のレースに使われていた本馬だが、3走前の8月新潟で初ダートのBSN賞(L)をいきなり勝利。続くダート2戦目のシリウスS(G3)をハギノアレグリアスの2着に健闘すると、11月3日に大井競馬場で行われたJBCレディスクラシック(G1)で重賞初勝利。G3すら勝てなかった馬が一気のG1制覇まで成し遂げてしまった。

過去の優勝馬と意外な共通点

 牝馬限定のG1ということもあって、まだ半信半疑のファンも多いだろうが、最大の強調材料となりそうなのは、昨年の同レースを制したジュンライトボルトの存在である。

 こちらはアイコンテーラーより先に福島のジュライS(L)を2着に敗れてからのBSN賞勝利だったのだが、シリウスSを勝利した勢いでチャンピオンズCも優勝。どちらも芝で成績が頭打ちになったタイミングからダートに活路を求めて結果を残したという共通点を持っている。牝馬の出走自体が珍しいチャンピオンズCではあるが、2015年には12番人気で大穴を開けたサンビスタが優勝したケースも心強い。

 ちなみに2年連続チャンピオンズCに挑戦したサンビスタは、14年(JBCレディスクラシック1着→15番人気4着)、15年(同2着→12番人気1着)というもの。今秋絶好調のモレイラ騎手が騎乗するため、大穴という訳にはいかないが、管理する河内調教師は、武豊騎手の兄弟子と侮れない。

 甘く見ていると痛い目に遭う可能性もありそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【チャンピオンズC】武豊の兄弟子が狙うアイコンテーラーの一発!過去の優勝馬ジュンライトボルト、サンビスタと意外な共通点のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か