GJ > 競馬ニュース > 【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…「三冠皆勤」のライバルに託すバトン
NEW

【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…「三冠皆勤」のライバルに託すバトン

【この記事のキーワード】, ,
【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…「三冠皆勤」のライバルに託すバトンの画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 先月26日のジャパンC(G1)で三冠牝馬リバティアイランドに4馬身差を付けて勝利したイクイノックス。これでG1・6連勝となり、改めて強さを語る必要はないだろう。「世界最強馬」の動向が大いに注目される中で、28日にはノーザンファーム天栄への放牧が発表された。
 
 外厩施設への放牧ならその次を見据えている可能性もあるため、今年の有馬記念(G1)出走に期待する声も上がった。しかし続報はご存知の通り、ジャパンCをもって現役を引退し、社台スタリオンステーションで種牡馬入りとのこと。

 同一年に天皇賞・秋(G1)とジャパンC、そして有馬記念を制覇する偉業に、イクイノックスは王手をかけていた。有馬記念への出走がありそうだと期待されたのは、ジャパンCと同じく、「秋古馬三冠」もまた、2億円の褒賞金が出るからだろう。

 しかし、中3週が続く厳しいローテーションでG1を3連勝するのは、過酷の一言に尽きる。長い歴史上で秋古馬三冠を成し遂げた馬は2頭のみ。2017年には父キタサンブラックも挑んだが、ジャパンCのみ3着に敗れた。

 成長著しいイクイノックスとて、天皇賞・秋とジャパンCを終えて疲れは隠せなかった様子。体質を不安視された2~3歳時に比べると、担当の楠調教助手も「本当にタフになりましたね」と評価していたほどだが、目先のタイトルよりも、種牡馬としての将来を優先するのは致し方ないだろう。

 秋古馬三冠を達成すれば、2004年にコースレコードも樹立したゼンノロブロイ以来、実に19年ぶりだったが、大本命の引退が決まり、好メンバーの揃った有馬記念は、群雄割拠といったところか。

「三冠皆勤」のライバルに託すバトン

【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…「三冠皆勤」のライバルに託すバトンの画像2
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 ここで注目したいのは、現時点で唯一の秋古馬三冠を「皆勤」する可能性の高いドウデュース(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 今年の夏には、すでにドウデュースの秋古馬三冠獲得に意欲を見せていた友道師。春は京都記念(G2)を楽勝したものの、ドバイターフ(G1)では直前で出走を取り消されたため、消化不良と言わざるを得なかった。それだけに、秋の巻き返しにかける想いは強かったのだろう。

 そして迎えた天皇賞・秋の当日だったが、デビューから鞍上を務める武豊騎手がまさかの負傷。またもレース直前のアクシデントに見舞われたドウデュースは、気の毒と言う他ない。次のジャパンCも含めて、鞍上は戸崎圭太騎手が務めた。

 レース結果としては、休養明け+乗り替わりの天皇賞・秋は7着に敗れたが、続くジャパンCでは4着と復活の兆しが見られた。上り調子で迎える有馬記念にて「三度目の正直」といきたいところ。現在の鞍上は未定だが、やはり武豊騎手の復帰は期待したい。

 近年は使うレースが絞られやすいため、挑戦自体が少なくなった秋古馬三冠。昨年は1頭も挑戦しなかっただけに、果敢に挑むドウデュースにはまず賛辞を送りたい。その上で「イクイノックスを倒したダービー馬」が最強馬のバトンを受け継ぐようなら、ターフを去る同期へ、これ以上ない餞別になるだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…「三冠皆勤」のライバルに託すバトンのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か