GJ > 競馬ニュース > 【香港ヴァーズ】「遅れてきた大器」レーベンスティールが参戦!3度優勝の名手はトウカイテイオーの血脈を残せるか
NEW

【香港ヴァーズ】「遅れてきた大器」レーベンスティールが参戦!3度優勝の名手はトウカイテイオーの血脈を残せるか

【香港ヴァーズ】「遅れてきた大器」レーベンスティールが参戦!3度優勝の名手はトウカイテイオーの血脈を残せるかの画像1
撮影:Ruriko.I

 10日に香港のシャティン競馬場で行われる香港国際競走。4つのG1レースの中でも、香港ヴァーズ(G1)は、芝2400mという中距離王道のレースだ。

 昨年優勝のウインマリリンを含め、日本馬は過去20回にわたって挑戦し、5回優勝している実績あるレース。往年の競馬ファンにとっては、ステイゴールドの引退レースにして悲願のG1制覇の舞台としても知られている。

 そんな相性のいい香港ヴァーズに今年出走を予定している日本馬は以下の通り。

ジェラルディーナ
シャフリヤール
ゼッフィーロ
レーベンスティール

 今年4月のクイーンエリザベス2世C(G1)以来2度目の香港遠征となり、遠征慣れを期待したいジェラルディーナ。ブリーダーズCターフ(G1)でオーギュストロダン、アップトゥザマークら強敵達に続く3着と好走した香港名「大帝」ことシャフリヤール。キャリア12戦で「5-3-3-1」と抜群の安定感を誇るゼッフィーロと好メンバーが参戦する。

「遅れてきた大器」レーベンスティールが参戦!

 その中で注目の若武者がレーベンスティール(牡3歳、美浦・田中博康厩舎)だろう。前走のセントライト記念(G2)では単勝1.6倍の断然人気ソールオリエンスの猛追を振り切り勝利。世代トップクラスの実力を証明した。

【香港ヴァーズ】「遅れてきた大器」レーベンスティールが参戦!3度優勝の名手はトウカイテイオーの血脈を残せるかの画像2
J.モレイラ騎手 撮影:Ruriko.I

 前走に引き続き鞍上はJ.モレイラ騎手。短期免許で来日中のブラジルの名手は今年も大活躍。171回騎乗し46勝で勝率26.9%、3着内率は57.3%と絶好調だ。

 そんなモレイラ騎手は同レースで日本馬に過去6回騎乗。2016年にサトノクラウンで、19年と21年にグローリーヴェイズで優勝と、日本馬勝利数の6割をモレイラ騎手が占めている。また6回すべて3着以内で複勝率100%。まさにこの舞台を知り尽くした頼れる相棒だ。

 レーベンスティールの母父は奇跡の復活劇で知られる名馬トウカイテイオー。本馬はパーソロン系という1960~90年代まで日本で繁栄した系統に属している。

 パーソロン系の代表馬としては無敗三冠を成し遂げた父シンボリルドルフ、87年の年度代表馬サクラスターオー、同年代のスターホースであるメジロマックイーンなどだろう。そんな栄華を誇ったパーソロン系は現在ではほぼ断絶している。

 トウカイテイオーの血を何とか残したいと願う有志がクラウドファンディングで資金を調達し、クワイトファインという現在唯一のトウカイテイオー後継種牡馬を供用している。今年は2頭に種付けし1頭受胎となったようだ。トウカイテイオーに思い入れのある関係者やファンの多さがうかがえる。

 パーソロン系を遡ると三大始祖であるバイアリータークに辿り着くが、バイアリーターク系は全世界で0.4%しか存在していない。パーソロン系が隆盛を極めた日本であっても、その後のサンデーサイレンス系・ミスタープロスペクター系・ノーザンダンサー系らダーレーアラビアン系の台頭により、日本ではほんの数頭しかいないほどだ。

 そんな時代にトウカイテイオーの血を引く素質馬が現れたことは貴重なチャンスと言える。レーベンスティールがG1馬となり、種牡馬としても活躍できる将来を期待する声も多い。

 モレイラ騎手が「G1馬になるチャンスを秘めています」と評価するレーベンスティール。G1馬となれば将来的な種牡馬入りも視野に入ってくる。一足先にG1馬となったソールオリエンスやタスティエーラら同世代のエース達に追いつき、偉大な父の血を残せる存在になれるか注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【香港ヴァーズ】「遅れてきた大器」レーベンスティールが参戦!3度優勝の名手はトウカイテイオーの血脈を残せるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材