GJ > 競馬ニュース > 有馬記念を待たずにイクイノックスでほぼ決まり?年度代表馬は内定ムードも…ダート路線で難解極まるJRA賞の行方
NEW

有馬記念を待たずにイクイノックスでほぼ決まり?年度代表馬は内定ムードも…ダート路線で難解極まるJRA賞の行方

【この記事のキーワード】, ,
有馬記念を待たずにイクイノックスでほぼ決まり?年度代表馬は内定ムードも…ダート路線で難解極まるJRA賞の行方の画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 12月に入り、そろそろ今年の終わりが近づく時期ではあるが、その年に最も活躍した馬を選出する年度代表馬に関しては、イクイノックスでほぼ内定ムードが濃厚だ。

 天皇賞・秋(G1)と有馬記念(G1)を連勝し、昨年の年度代表馬に選ばれた本馬は、今年も連戦連勝の快進撃を続けた。

 3月のドバイシーマクラシック(G1)を圧勝してレーティング世界1位を獲得すると、6月の宝塚記念(G1)も優勝してグランプリを連勝。秋に復帰した天皇賞・秋では、芝2000mを1分55秒2というスーパーレコードをマーク。続くジャパンC(G1)でも3歳の三冠牝馬リバティアイランドの挑戦をあっさり退けて楽勝してしまった。

 総獲得賞金で、アーモンドアイの記録を塗り替えて歴代1位。G1レースの出走機会6連勝も1984年にグレード制が導入されてから、テイエムオペラオー、ロードカナロアに並ぶ最長連勝タイとなった。

 例年であれば、最終的な選考基準に1年の総決算といえる有馬記念の結果が大きな影響を及ぼすのだが、今年はさすがにイクイノックスのインパクトを超えられそうな存在はいないだろう。

ダート路線で難解極まるJRA賞の行方

有馬記念を待たずにイクイノックスでほぼ決まり?年度代表馬は内定ムードも…ダート路線で難解極まるJRA賞の行方の画像2
レモンポップ

 これに対し、ダート路線の場合は非常に難解極まるメンバーが揃った。国内での実績であれば、先日のチャンピオンズC(G1)を快勝したレモンポップが最有力候補か。同年のフェブラリーS(G1)も制しており、これは2017年のゴールドドリーム以来、6年ぶりの快挙となっている。

 その一方、世界最高峰といえるサウジC(G1)を制したパンサラッサ、ドバイワールドC(G1)を制したウシュバテソーロも世界を相手に歓喜をもたらしたヒーローたちである。

 日本では芝のレースが人気ではあるものの、近年はダートのレースでも世界に通用するシーンが増えてきた。同年のサウジCとドバイワールドCを日本馬が連勝した快挙に衝撃を受けたファンは少なくなかったはずだ。

 国内G1を2勝して1着1億2000万円の賞金を2回獲得したレモンポップの2億4000万円と比較しても、埋めようがない差額がある。約13億円6000万円のサウジCと約9億480万円のドバイワールドCをどう評価するかも判断の難しいところだ。

 ひとつ参考になるとしたら、ドバイワールドCを初めて日本馬で優勝したヴィクトワールピサのいた2011年かもしれない。

 この年の最優秀ダート馬トランセンドは、レモンポップと同じくフェブラリーSとジャパンカップダート(G1・チャンピオンズCの前身)、南部杯(G1)を優勝。同年のG1を3勝していることからも、ほぼ似たような状況。このままいけば、おそらく最優秀ダート馬はレモンポップで濃厚でも、パンサラッサやウシュバテソーロについては、特別賞のような別の形で評価をされそうだ。

 いずれにしても、一昔前なら信じられないような快進撃を見せたダート路線。ヤマニンウルスや南関三冠を達成した地方馬ミックファイアら、無敗の怪物として期待されている大物もいる。

 来年の海外遠征も視野に入るレモンポップと同じく、将来が楽しみな馬が揃った。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

有馬記念を待たずにイクイノックスでほぼ決まり?年度代表馬は内定ムードも…ダート路線で難解極まるJRA賞の行方のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材