GJ > 競馬ニュース > 世界最強ゴールデンシックスティ「何故」セン馬に? 「産駒が見られないのが残念」の声も知っておきたい香港の競馬事情
NEW

世界最強ゴールデンシックスティ「何故」セン馬に? 「産駒が見られないのが残念」の声も知っておきたい香港の競馬事情

【この記事のキーワード】, ,
世界最強ゴールデンシックスティ「何故」セン馬に? 「産駒が見られないのが残念」の声も知っておきたい香港の競馬事情の画像1
撮影:Ruriko.I

 香港の最強馬の壁は、やはり高かった。

 10日、香港のシャティン競馬場で行われた香港マイル(G1)は、地元の英雄ゴールデンシックスティ(セン8歳、香港・K.ルイ厩舎)が抜け出して勝利。2020年、21年に続く本レース3勝目を手にした。

 自身最長の224日ぶりの上に大外枠という厳しい条件も、この馬の前にはまったく関係がなかった。余力たっぷりに最後の直線を迎えたゴールデンシックスティは、異次元の末脚であっさりとライバルたちを飲み込んだ。

 今秋、日本のマイル王に輝いたナミュール(3着)を筆頭にセリフォス(7着)、ソウルラッシュ(4着)ら日本のトップマイラー5頭も必死に食い下がったが、最後は流す余裕を見せての勝利。通算10勝目となるG1タイトルを手にした王者が、最高の形でラストシーズンをスタートさせた。

「さすがの強さでしたね。先日引退を発表したイクイノックスの通算獲得賞金が歴代最高の22億1544万6100円ということが話題になっていましたが、ゴールデンシックスティは世界の歴代1位となる約25億7000万円。今回の勝利で、さらに約3億4000万円が上積みされることになります。

もちろん、現役の長さが異なるのでイクイノックスとゴールデンシックスティを比較する意味はありませんが、少なくとも香港の競馬関係者やファンにとって、本馬はイクイノックス級の誇りと言えると思います。そんな英雄が、引退後は日本に来てくれるとか。香港の競馬シーズンは7月までなので実際の来日はもう少し後の話ですが、今から楽しみですね」(競馬記者)

 今回も衝撃的なパフォーマンスを見せたゴールデンシックスティだったが、その一方でレース後には「日本に来ても種牡馬入りはできないんだよな」「セン馬なのが惜しすぎる」など、日本の競馬ファンから「もったいない」「残念」といった声が……。

 確かにブラックタイドからキタサンブラック、そしてイクイノックスと、その時代のターフを賑わせた「血」が受け継がれていくことに慣れ親しんでいる日本の競馬ファンからすれば、「種牡馬ゴールデンシックスティの産駒」を見てみたいのは自然な心理かもしれない。

知っておきたい香港の競馬事情

「残念ながら、香港では競走馬の95%がセン馬になっており、繁殖の文化がほぼありません。『95%って、牝馬は?』と思われるかもしれませんが、生産も行わずに海外から馬を買うのが主流とあって、牝馬自体が非常に少ないんですよね。ちなみに日本のセン馬は全体の5%程度だそうです」(別の記者)

 記者がそう話す通り、過去に日本のG1を制したサイレントウィットネス(スプリンターズS)、ブリッシュラック(安田記念)、エアロヴェロシティ(高松宮記念)といった香港馬も、すべてセン馬だったことを記憶しているファンも多いはずだ。

 では、彼らは現役引退後にどう余生を過ごしているのだろうか。

「日本同様すべての馬というわけではありませんが、(先述したサイレントウィットネス、ブリッシュラック、エアロヴェロシティを含む)活躍馬の多くがオーストラリアなどの牧場で余生を過ごしているそうです。そういう意味では、ゴールデンシックスティが引退後に海外(日本)で過ごすことは特別珍しいというわけではなさそうですね」(同)

 また、日本でもサウンドトゥルーやノンコノユメが長く一線級で活躍したように、セン馬になることは、気性面の改善の他にも筋肉が柔らかくなり、競走馬として長い現役生活の維持が期待できるという。

 実際に、ゴールデンシックスティはすでに競走馬としては高齢の8歳馬だが、レース前には主戦のC.ホー騎手から「脚取りがまだまだ軽やかで8歳とは思えない。凄いね。若々しくて競争力がある」というコメントがあった。

 日本でも8歳まで現役を続ける馬は本当に限られているだけに、もしゴールデンシックスティが牡馬のままなら、これだけ長く活躍することはできなかったかもしれない。

 ちなみにゴールデンシックスティのラストランは、来年4月のチャンピオンズマイル(G1)になる見込みだ。壁は果てしなく高いかもしれないが、また日本競馬からも王者に挑戦する猛者の出現を期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

世界最強ゴールデンシックスティ「何故」セン馬に? 「産駒が見られないのが残念」の声も知っておきたい香港の競馬事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か