GJ > 競馬ニュース > デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か 単勝を買い続けるだけで「765%」のボロ儲け 武豊や川田将雅も「手が届いていない」偉業にリーチ!【年末GJ人気記事ぶった斬り! 7月編】
NEW

デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か 単勝を買い続けるだけで「765%」のボロ儲け 武豊や川田将雅も「手が届いていない」偉業にリーチ!【年末GJ人気記事ぶった斬り! 7月編】

【この記事のキーワード】, ,
デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か 単勝を買い続けるだけで「765%」のボロ儲け 武豊や川田将雅も「手が届いていない」偉業にリーチ!【年末GJ人気記事ぶった斬り! 7月編】の画像1
撮影:Ruriko.I

2023年振り返り企画・第7弾

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今回からは年の瀬も迫っているということもあり、今年1年で人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か 単勝を買い続けるだけで「765%」のボロ儲け 武豊や川田将雅も「手が届いていない」偉業にリーチ!【年末GJ人気記事ぶった斬り! 7月編】の画像2
デアリングタクト

■デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か。調教師「まだ気持ちが切れていない」も、不完全燃焼に終わった昨年ジャパンC(G1)から約8か月

ライター「A」:今年、復活が期待されていたデアリングタクトでしたが、残念ながら引退となってしまいました。

デスク「Y」:今後は北海道新ひだか町の岡田スタッドで繁殖入りするみたいね。いい子を産んでほしいよね。

ライター「A」:育成した岡田スタッドグループの岡田牧雄代表は、まずはドバイターフ(G1)などを勝ったベンバトルを種付け候補として、将来的にはタイトルホルダーと交配したいと話しているみたいです。

デスク「Y」:ベンバトルもすごいけど、タイトルホルダーとは! もし叶ったら、まさに岡田ブランドだねえ。

ライター「A」:どれだけ活躍してくれるのか、楽しみですね。

デスク「Y」:ってこの辺からふざけたいんだけど、さっきから「種付け」って言葉に引っ張られすぎて、なにも言えないのよね。ねぇ、これを人間に置き換えたらとか話しても……。

ライター「A」:間違いなく下ネタに繋がりますよね? 多分話しても記事化はされないですよ。

デスク「Y」:コンプラが厳しぎるんだよなぁ。こんな居酒屋で酒が入ってないと笑えない話をしてるのに。こういう裏事情を汲んでいただきたい。本当はもっと面白いこと言ってる人間だって言っとかないと、実際に会ったときにガッカリされるの嫌だからなぁ。

ライター「A」:いや、オフレコで話しているときも、別に面白いとか思ったことないですよ。ただただ下品だなぁという感想しかない。

デスク「Y」:面白くないし下品って、サイテーの人間じゃん……。

デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か 単勝を買い続けるだけで「765%」のボロ儲け 武豊や川田将雅も「手が届いていない」偉業にリーチ!【年末GJ人気記事ぶった斬り! 7月編】の画像3
原優介騎手 撮影:Ruriko.I

■単勝を買い続けるだけで「765%」のボロ儲け、JRA最高配当の更新や「2億円超え」WIN5にも存在感、穴党注目の若手にブレイクの兆し

ライター「A」:今年は原優介騎手が穴党に注目されましたね。

デスク「Y」:私の知り合いも、この記事を読んでから注目し出して、原騎手がウィルソンテソーロで2着に入ったチャンピオンズC(G1)を当てたって言ってたよ。

ライター「A」:それはおめでとうございます。デスクは?

デスク「Y」:すっかりこのことを忘れててノーマークでした……。

ライター「A」:なぜ、覚えていない! この間も原騎手が好調なことを取り上げた記事を紹介して、『はらたいらさんに3000点、ならぬ、はらゆうすけさんに3000円ってなもんよ』とか言ってたじゃないですか。

デスク「Y」:はぁっ? はらたいらさんと原騎手とかぜんぜん関係ないじゃん。あんた、なに言ってんの? ギャグとしても成立してないよ。絶望的なセンスだね。

ライター「A」:あんたが言ったんでしょうが! あんたが!!

デスク「Y」:記憶にございませんので、弁明は差し支えさせていただきます〜。いや〜、今度こそ、原騎手を買い目に入れて美味しい配当を得たいもんですなぁ。

デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か 単勝を買い続けるだけで「765%」のボロ儲け 武豊や川田将雅も「手が届いていない」偉業にリーチ!【年末GJ人気記事ぶった斬り! 7月編】の画像4
津村明秀騎手 撮影:Ruriko.I

■武豊や川田将雅も「手が届いていない」偉業にリーチ! 裏街道を歩んだ「天才肌」が挑む、前人未到の大記録

ライター「A」:津村明秀騎手が乗ったバトルボーンが七夕賞(G3)で4着。福島競馬場における重賞レースの「完全制覇」は翌年へと持ち越しになりました。

デスク「Y」:七夕賞なぁ〜。毎年、枠連の7-7がよく売れることで有名だよね。ただこれが当たったのは1986年だけ。それ以来、来てないんだよなぁ。

ライター「A」:でも毎年ついつい買っちゃいますよね。

デスク「Y」:甘い! 私はついに突き止めたのよ。七夕は中国の行事なのだから、旧暦の7月7日を新暦に変えて考えなきゃいけないわけ。だから今年は8月22日だったのよ。つまり枠連は2-8を買わなきゃいけないの。見なさいよ。その通りにしてたら、当たってたわよ。

ライター「A」:マジだ……。

デスク「Y」:ほれほれほれ〜。ちなみに、2024年は8月1日が旧暦だと7月7日よ。枠連「1-8」で確定だわね。お金用意しといたほうがいいわよ。

ライター「A」:おおっ。いつになく説得力があるような気がする。この法則は過去何年当たっているんですか?

デスク「Y」:めんどくさいからそこまで見てないわよ。あ、時間あるなら調べといて。

ライター「A」:えええっ⁉︎

デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か 単勝を買い続けるだけで「765%」のボロ儲け 武豊や川田将雅も「手が届いていない」偉業にリーチ!【年末GJ人気記事ぶった斬り! 7月編】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」