GJ > 競馬ニュース > 何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…45歳ベテランが前代未聞「56キロ」減量失敗で騎乗停止…【年末GJ人気記事ぶった斬り!9月編
NEW

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…45歳ベテランが前代未聞「56キロ」減量失敗で騎乗停止…【年末GJ人気記事ぶった斬り!9月編】

【この記事のキーワード】, ,
何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…45歳ベテランが前代未聞「56キロ」減量失敗で騎乗停止…【年末GJ人気記事ぶった斬り!9月編】の画像1
撮影:Ruriko.I

2023年競馬振り返り企画・第9弾

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今回からは年の瀬も迫っているということもあり、今年1年で人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…45歳ベテランが前代未聞「56キロ」減量失敗で騎乗停止…【年末GJ人気記事ぶった斬り!9月編】の画像2
富田暁騎手 撮影:Ruriko.I

■何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。単勝112.6倍で初の重賞制覇…「申し訳ありません」“三冠”逃した消極的な男が雪辱を胸に開眼

ライター「A」:富田暁騎手がテイエムスパーダでセントウルS(G2)を勝利。うれしい重賞初制覇を達成しました。

デスク「Y」:今年もすでにキャリアハイの勝ち星をあげているね。来年の飛躍が楽しみ! って言ったら、どうせデスクと違って未来は明るい、興味津々とか言うんでしょ。お前のやり方なんて丸っとお見通しだ!

ライター「A」:いや、デスクの行く末には興味ありますよ。

デスク「Y」:ほう。またなんで?

ライター「A」:あれだけだらしない生活をしていた人間が、どういう病気を発症するのかというのがわかる身近なサンプル例ですからね。たとえば、あなたが痛風を発症してもんどりうったのを見たんで、僕は病院に行って薬を飲んでます。

デスク「Y」:えええええ? 一緒に痛風の恐怖に耐えようって誓い合ったじゃないか!

ライター「A」:あんなに痛そうなの嫌に決まってるじゃないですか。ほかにも、ああいう言動をすると人からヘイトを集めるんだなぁとか、いい反面教師ですね。

デスク「Y」:なんだと、このやろ……。あれ、ちょっと関節がピリピリしてきた。

ライター「A」:ほら、そんなに怒るとまた痛み出しますよ〜〜。

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…45歳ベテランが前代未聞「56キロ」減量失敗で騎乗停止…【年末GJ人気記事ぶった斬り!9月編】の画像3
横山武史騎手 撮影:Ruriko.I

■横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…怒りが収まらなかったソールオリエンスの惜敗、手塚貴久師「2馬身くらいロス」の裏事情

ライター「A」:横山武史騎手の言動が話題となりました。

デスク「Y」:怒っちゃう気持ちもわかるけど、グッと堪えないとね。にこにこ。じゃないと……。

ライター「A」:デスクと違って痛風はないでしょうよ。でも、やっぱり感情をコントロールするのは大事ですよね。

デスク「Y」:アンガーマネージメントだっけ? イラっとした瞬間から、6秒数えて感情を落ち着かせるってやつ。あれ実践するしかないね。ちょっとやってみるか。怒ること言ってよ。

ライター「A」:デスクが熱を上げている夜のお店のPちゃんいるじゃないですか。あの人、実はデスクの知り合いのXさんと交際してますよ。デスクからもらった腕時計とかをフリマサイトで売ったお金でデートとかしているって。この間もディズニーランドに行ったって。

デスク「Y」:1、2、って、なんだと! Xの野郎。Pちゃんは絶対にイケるってけしかけてきたくせしやがって、裏でそんな動きをしてやがったのか。

ライター「A」:デスク、6秒数えてないですよ。

デスク「Y」:数えている場合じゃないわ。あんだけ貢いだのに〜〜〜。

ライター「A」:怒りを通り越して悲しみに至っている……。

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…45歳ベテランが前代未聞「56キロ」減量失敗で騎乗停止…【年末GJ人気記事ぶった斬り!9月編】の画像4
柴田善臣騎手 撮影:Ruriko.I

■45歳ベテランが前代未聞「56キロ」減量失敗で騎乗停止……胸に刻んでほしい相談役からの“有言無言”のアドバイス

ライター「A」:減量って大変ですよね。最近、ジムに行き始めてから、その苦労がわかりました。

デスク「Y」:体重って増やすのは簡単だけど、減らすのは難しいよね。痩せ薬とかないのかな?

ライター「A」:ちょっとやばい薬ならば聞いたことありますね。

デスク「Y」:え? マジで? どんなの? ちょっとくらいアウトだったら飲んじゃうよ。

ライター「A」:飲むと食事の中の油分を体外に排出してくれるってやつです。

デスク「Y」:いいじゃ〜〜〜ん。それくらいなら全然OKっす。さっそく、飲む飲む。

ライター「A」:でも、油が出るのがお尻からなんですよ……。知人が試したらしいんですけども、下着が大変なことになってしまったとか。

デスク「Y」:まぁ、それくらいならいっか。ちょっともらってくるわ。これでスマートになってPちゃんを私の元に取り戻すんだ!

ライター「A」:痩せたくらいじゃ無理だと思うけどなぁ。

何故、今村聖奈ではなく富田暁だったのか。横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…45歳ベテランが前代未聞「56キロ」減量失敗で騎乗停止…【年末GJ人気記事ぶった斬り!9月編】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」