GJ > 競馬ニュース > JRA賞巡って“場外乱闘”勃発!? 春秋砂王レモンポップか、ドバイWC制覇ウシュバテソーロか
NEW

JRA賞巡って“場外戦”勃発!? 春秋砂王レモンポップか、ドバイWC制覇ウシュバテソーロか

【この記事のキーワード】, ,

JRA賞巡って場外乱闘勃発!? 春秋砂王レモンポップか、ドバイWC制覇ウシュバテソーロかの画像1

9日、2023年度JRA賞が決定!

 いよいよ2024年の中央競馬が開幕。中山と京都で3日間開催が終わり、今週末からは小倉を加えた3場開催となる。

 そして、その前の9日(火)に発表されるのが、2023年度JRA賞の競走馬部門各賞である。

 年度代表馬はG1・4戦4勝で1年を締めくくったイクイノックスで異論はないだろう。最優秀4歳以上牡馬部門とともに満票での受賞が濃厚だ。

 また、最優秀3歳牝馬も三冠馬のリバティアイランドでほぼ確定。これらの部門で2頭以外の馬に投票する理由を見つけるのは極めて困難なはずである。

 一方で混戦となりそうなのは、最優秀3歳牡馬や最優秀ダートホースといった部門。特に投票資格を持つ記者を悩ませたのが、後者ではないだろうか。

歴史的接戦になりそうなダート王の行方

 有力候補はレモンポップとウシュバテソーロの2頭。前者はフェブラリーS(G1)とチャンピオンズC(G1)を制し、史上4頭目の春秋ダート王に輝いた。一方の後者は、ドバイワールドC(G1)で世界を制圧。

 一体、レモンポップとウシュバテソーロのどちらが選ばれるのか、注目しているファンも多いはずだ。

「昨年の両者の成績を改めて比較すると、ともに5戦4勝。レモンポップは春秋ダートG1以外に南部杯(G1)を勝っています。唯一の敗戦が、ドバイゴールデンシャヒーン(G1)での10着でした。

一方で、ウシュバテソーロは、ドバイWC以外に、川崎記念(G1)と東京大賞典(G1)を勝っており、獲得したG1タイトルはレモンポップと同じく3つ。唯一の敗戦は米ブリーダーズCクラシック(G1)での5着でした。

両者は得意とする距離が違うため直接対決がなかったことも、比較の難しさに拍車をかけていると思います」(競馬誌ライター)

JRA賞巡って“場外戦”勃発!?

 そんなレモンポップとウシュバテソーロの“争い”を巡って、年初にある議論が勃発していたという。

 それが、サンケイスポーツの板津雄志記者と、競馬ライターの平松さとしさんがX(旧Twitter)上で1月4日に交わしたものである。

 詳細はXで展開された実際のやり取りをご覧いただきたいが、板津記者は「2つしかないJRAダートG1を両方制した」という理由で、レモンポップに投票したのだという。

 しかし、その数時間後に板津記者のポストに返信する形で「日本のトップが敗れ続けたドバイの歴史を長年見ている者としては、先達に敬意を示す意味でも最優秀ダート馬はウシュバテソーロかな」と、平松氏が“参戦”。お互いに持論をぶつけ合ったが、当然の如く結論は出ず。議論は平行線をたどったようだ。

「お二人は普段から交友もあるようで、お互いの意見を否定することなくリスペクトしながらのやり取りでした。ただどちらも意見を曲げることはなく……。それだけ難解な二者択一ということでしょうね。最後は平松氏が『平松会でもやりましょう』と、飲みに行く約束をしていましたよ」(同)

 戦ってきた舞台が違う2頭だけに究極の選択となった昨年度の最優秀ダートホース部門。一体、どちらに軍配が上がるのか。結果はまもなく発表される。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA賞巡って“場外戦”勃発!? 春秋砂王レモンポップか、ドバイWC制覇ウシュバテソーロかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」