GJ > 競馬ニュース > 【愛知杯】「激走続き」エリザベス女王杯組の伏兵が激アツ!? 鞍上はシンザン記念でも波乱演出した穴馬の「鉄人」
NEW

【愛知杯】「激走続き」エリザベス女王杯組の伏兵が激アツ!? 鞍上はシンザン記念でも波乱演出した穴馬の「鉄人」

【この記事のキーワード】, ,
【愛知杯】「激走続き」エリザベス女王杯組の伏兵が激アツ!? 鞍上はシンザン記念でも波乱演出した穴馬の「鉄人」の画像1
幸英明騎手 撮影:Ruriko.I

 新年の中央競馬開幕を告げた6日~8日の開催、最後の重賞は京都競馬場で行われたシンザン記念(G3)だ。勝利したのは3番人気のノーブルロジャー、2着は1番人気のエコロブルームと順当だったが、3着には単勝207.6倍、17番人気のウォーターリヒト(牡3歳、栗東・河内洋厩舎)が入り、3連単の払戻は21万馬券という波乱の決着だった。

 同馬は未勝利脱出までに4戦を要し、いずれも距離は2000mだっただけに、1600mの初重賞では人気を落とすのも頷ける。しかし、掲示板の5着以内は確保してきた堅実さを見れば、もしかしたら今回の激走も見抜けたかもしれない。上がり3ハロンは最速の35秒2と目を引く内容でもあった。

 あるいは、鞍上の幸英明騎手に期待を寄せたファンもいただろう。最近の幸騎手は、他の重賞レースでも穴馬を持ってくる姿が印象的だった。

 昨年11月のデイリー杯2歳S(G2)ではエンヤラヴフェイス、京都2歳S(G3)ではプレリュードシチー、12月の中日新聞杯(G3)ではハヤヤッコ。いずれも人気薄ながら、幸騎手の手綱で2着に好走している。

 重賞ではないが6日の万葉S(OP)でも、アイドル馬メロディーレーンを3着に持ってきた。2021年の古都S(3勝クラス)の後、馬券圏内から遠ざかっていた同馬の実力を引き出してみせた。

 そんな幸騎手は、13日の愛知杯(G3)ではローゼライト(牝6歳、栗東・清水久詞厩舎)に騎乗予定。現在『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズでは6番人気。中穴と言える同馬だが、騎手買いで狙ってみるのも面白いだろう。

愛知杯(G3)伏兵の買える要素は?

 まず前走を見ると、ローゼライトは昨年のエリザベス女王杯(G1)に出走して12着。着順こそ悪いが、1着のブレイディヴェーグとは0秒7差と大きく離されておらず、着順ほど惨敗していた訳ではないという見方も可能だ。

 実際に昨年の「エリ女組」で着順が振るわなかった馬も、その後のレースで好走が目立っている。同レース8着のイズジョーノキセキは、次走チャレンジC(G3)で3着。10着のククナは、6日の中山金杯(G3)で2着に好走した。ローゼライトもこれに続きたいところである。

 また、今年の愛知杯は中京ではなく、小倉競馬場で行われるのも追い風になるか。幸騎手にとって小倉は、昨年20勝を挙げて「年間リーディング」を獲得した得意の舞台。馬の方に小倉実績はないが、最後に出走したのは2021年のこと。成長した今なら、頼れる鞍上と一発があってもおかしくない。

 縁起の良いことに、愛知杯前日の1月12日に誕生日を迎える幸騎手は、48歳の年男だ。その騎乗回数の多さから「鉄人」と呼ばれ、未だ若手に負けない鞍数をこなすベテランは、今後も名前を見かけたらマークしておきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【愛知杯】「激走続き」エリザベス女王杯組の伏兵が激アツ!? 鞍上はシンザン記念でも波乱演出した穴馬の「鉄人」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」