GJ > 競馬ニュース > 最優秀2歳牡馬ジャンタルマンタルVS武豊エコロヴァルツ「再戦」が早くも実現! 数多の名馬輩出の共同通信杯に今年も「超豪華メンバー」集結か
NEW

最優秀2歳牡馬ジャンタルマンタルVS武豊エコロヴァルツ「再戦」が早くも実現! 数多の名馬輩出の共同通信杯に今年も「超豪華メンバー」集結か

最優秀2歳牡馬ジャンタルマンタルVS武豊エコロヴァルツ「再戦」が早くも実現! 数多の名馬輩出の共同通信杯に今年も「超豪華メンバー」集結かの画像1
ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I

 昨年12月の朝日杯フューチュリティS(G1)勝ち馬で、JRA賞最優秀2歳牡馬に選出されたジャンタルマンタル(牡3歳、栗東・高野友和厩舎)が、来月11日の共同通信杯(G3)から始動することが分かった。

 パレスマリス産駒の同馬は、デビュー3連勝で暮れの朝日杯FSを制覇。ここ2戦はマイル戦を使われていることもあり、今後の進路が注目されるところであったが、陣営は今春に皐月賞(G1)出走を見据えているようだ。

 距離は延びるが、管理する高野調教師は「この馬ならやってくれるんじゃないかと思います」と期待を込める。前走で手綱を取った川田将雅騎手も「性格が良くて、能力も高い」と絶賛するなど、ここまで全レースでセンスの塊のような競馬を披露している2歳チャンプの走りに多くの注目が集まりそうだ。

最優秀2歳牡馬ジャンタルマンタルVS武豊エコロヴァルツ「再戦」が早くも実現! 数多の名馬輩出の共同通信杯に今年も「超豪華メンバー」集結かの画像2
エコロヴァルツ 撮影:Ruriko.I

 またこれにより、共同通信杯では朝日杯FSで2着だったエコロヴァルツとの再戦が早くも実現することとなりそうだ。

 前走では1馬身1/4差をつけてエコロヴァルツを下したジャンタルマンタルだが、相手は4ヶ月の休み明けだった上に初のマイル戦。また本馬が4コーナーでロスなくインを立ち回ったのに対し、相手は大外を回るなど、通ったコースにもかなりの差があった。

 またエコロヴァルツは共同通信杯が行われる芝1800mで2戦2勝。距離延長はプラスで、鞍上はこのレース2勝の武豊騎手だ。本番のクラシック前に興味深いに再戦となることは間違いない。

数多の名馬を送り出してきた超出世レース、共同通信杯(G3)

 ちなみに共同通信杯といえば、過去10年の勝ち馬を振り返ってもエフフォーリアとディーマジェスティ、イスラボニータの皐月賞馬を始め、スワーヴリチャードにダノンキングリーと後のG1ホースがズラリと名を連ねている。

 それ以前にもナリタブライアンやエルコンドルパサー、アドマイヤムーンにゴールドシップ、ジャングルポケットなど、それこそ挙げればキリがないほどの名馬たちが優勝してきた超出世レースであることは、もはや言うまでもないだろう。

 また、ここ10年間で2着以下に敗れた馬の中にも、昨年のダービー馬タスティエーラや二冠馬ドゥラメンテ、一昨年の皐月賞馬ジオグリフがいるなど、毎年のように春の二冠に直結してくるレースである。

 そんな牡馬クラシックに向けた最重要レースの1つであるだけに、今年もジャンタルマンタル、エコロヴァルツ以外にも好素材が出走を予定している。

 中でもミスタージーティーは前走ホープフルS(G1)こそ5着に敗れたものの、素質では2頭に引けを取らないかもしれない。

 キャリア1戦ながら果敢に暮れのG1に参戦した同馬は、絶好の手応えで最後の直線を迎えたものの、前が壁となり不完全燃焼に終わった。

 レース後には騎乗した坂井瑠星騎手が「うまく乗れませんでした」と話せば、師匠であり管理する矢作芳人調教師も「ひどい競馬。勝ちまであった」と酷評。2人ともミスタージーティーに関して「能力は高い」と意見が一致しているだけに、スムーズな競馬ができればここで巻き返しても不思議ではない。

 さらにシンザン記念(G3)で2番人気に推されたスワーヴリチャード産駒のショーマンフリート、昨年の千葉サラブレッドセールで最高価格となる1億円で取引され、昨年12月のデビュー戦を快勝したベラジオボンドも引き続き岩田望来騎手とのコンビで参戦予定だ。

 開催までまだ1ヶ月弱あることから、これからも続々と参戦を表明する馬が現れるだろう。今年も見逃せないレースとなることは間違いなさそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

最優秀2歳牡馬ジャンタルマンタルVS武豊エコロヴァルツ「再戦」が早くも実現! 数多の名馬輩出の共同通信杯に今年も「超豪華メンバー」集結かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」