GJ > 競馬ニュース > 【東海S(G2)展望】4戦3勝「未完の大器」オメガギネスが登場!控えて好結果ペプチドナイル&ウィリアムバローズら上位勢は実力伯仲
NEW

【東海S(G2)展望】4戦3勝「未完の大器」オメガギネスが登場!控えて好結果ペプチドナイル&ウィリアムバローズら上位勢は実力伯仲

【この記事のキーワード】, ,
【東海S(G2)展望】4戦3勝「未完の大器」オメガギネスが登場!控えて好結果ペプチドナイル&ウィリアムバローズら上位勢は実力伯仲の画像1
撮影:Ruriko.I

フェブラリーSを見据えて大器オメガギネス出陣!

 2024年最初のダート重賞は、21日に行われる第41回東海S(G2)だ。今年は中京から京都へ舞台を移して実施される。

 約1か月後のフェブラリーS(G1)を見据えて、フルゲート16頭を超えるエントリーが見込まれているが、主役をつとめるのは4戦3勝の未完の大器オメガギネス(牡4歳、美浦・大和田成厩舎)だろう。

 明け4歳世代には中央・地方問わずダートの大物候補が多数そろっているが、この馬もそのうちの1頭。

 唯一の敗戦は、2走前のレパードS(G3)で、ライオットガールからクビ差の2着だった。同レースでは好位の内目を追走し、逃げたルクスフロンティアを直線で交わしたが、2番手を進んだ勝ち馬を交わしきれなかった。

 それでも賞金加算には成功し、オープン入り。昇級初戦は、2か月後のグリーンチャンネルC(L)で、初の年長馬相手に完勝を収めた。同レースで2着したベルダーイメルは60kgを背負っていたものの、同馬に3馬身半の差をつけている。

【東海S(G2)展望】4戦3勝「未完の大器」オメガギネスが登場!控えて好結果ペプチドナイル&ウィリアムバローズら上位勢は実力伯仲
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 デビューから手綱を取る戸崎圭太騎手が引き続き騎乗予定だが、同騎手はJRAのダート重賞11勝を全て左回りコース(東京7勝、新潟・中京で2勝ずつ)で挙げている。右回りのダート重賞は未勝利で、京都でも「0-0-0-4」と、馬券圏内すらない。

 オメガギネス自身も関西圏のレースに初出走。長距離輸送への対応もカギとなるだろう。ただ、ここをあっさり勝つようなら、フェブラリーSでも有力馬の1頭として数えられることになりそうだ。

脚質転換で前進したペプチドナイル


 ペプチドナイル(牡6歳、栗東・武英智厩舎)は、昨夏の函館で大沼S(L)とマリーンS(OP)を連勝。エルムS(G3)で史上初の“北海道ダート3冠”を狙ったが、ハナを奪えず13着に惨敗。その後もみやこS(G3)とカノープスS(OP)で、いずれもハナを切ったものの4着、7着と敗れた。

 そして迎えたのが前走のベテルギウスS(L)。最重量59kgの斤量を背負いながら、2番人気に支持されると、控えて3番手を追走。4角で5番手という位置取りだったが、直線で力強く伸びて1番人気のハピを差し切っている。

 前走で逃げ一辺倒ではないことを証明できたのは大きなプラス。前走の勝利でコンビ2戦2勝とした藤岡佑介騎手を背に重賞初勝利を狙う。


 ペプチドナイルと同様に先行力を武器とするウィリアムバローズ(牡6歳、栗東・上村洋行厩舎)にも勝機がある。

 これまでダートでは4角2番手以内の先行競馬しかしていなかったが、前走のみやこSは中団に控えた。勝負所で押し上げていき、4角を4番手で迎えると、勝ち馬のセラフィックコールに差をつけられたものの、2着争いには加わった。

 最後はメイクアリープに届かなかったが、逃げたペプチドナイルを交わして3着。新たな戦法で上位争いに加わったのは、今後を見据える上でも大きかったはずだ。


 ヴィクティファルス(セ6歳、栗東・池添学厩舎)は、エフフォーリアやシャフリヤールと同世代で、3歳の春にスプリングS(G2)を制し、牡馬クラシックにも皆勤した。

 古馬になってから芝で頭打ち状態となっていたが、初ダートの前走・太秦S(OP)で一発回答。7番人気の低評価を覆して、砂への適性を見せつけた。

 騎乗した池添謙一騎手は「落ち着いてレースに臨めれば、ダートで道が見えたのではと感じました」と、条件付きながら、今後の活躍に手応えを感じた様子だ。ダート界に新星誕生となるか。


 関東馬ながら京都で開催された2勝クラスと3勝クラスを連勝中のブライアンセンス(牡4歳、美浦・斎藤誠厩舎)。昨夏のユニコーンS(G3)3着を含めて、通算成績は「4-1-3-0」と、オール馬券圏内を継続中だ。

 テン乗りの岩田望来騎手を背に3連勝を飾って、フェブラリーSへ殴り込みをかけたい。


 この他には、昨年の兵庫チャンピオンシップ(G2)とジャパンダートダービー(G1)でともに2着に好走したキリンジ(牡4歳、栗東・佐々木晶三厩舎)、昨年9戦して全て掲示板を確保したメイショウフンジン(牡6歳、栗東・西園正都厩舎)、芝の重賞を2勝しているバビット(牡7歳、栗東・浜田多実雄厩舎)なども上位をうかがう。

 勝ち馬には春のダート王を決めるフェブラリーSの優先出走権が与えられる一戦。東海Sは21日、15時35分に発走予定となっている。

【東海S(G2)展望】4戦3勝「未完の大器」オメガギネスが登場!控えて好結果ペプチドナイル&ウィリアムバローズら上位勢は実力伯仲のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」