GJ > 競馬ニュース > ハーツコンチェルト「汚名返上」に連闘も辞さず!? 右回り「オール圏外」でも中山エントリーの怪
NEW

ハーツコンチェルト「汚名返上」に連闘も辞さず!? 右回り「オール圏外」でも中山エントリーの怪

【この記事のキーワード】, ,
ハーツコンチェルト「汚名返上」に連闘も辞さず!? 右回り「オール圏外」でも中山エントリーの怪の画像1
ハーツコンチェルト 撮影:Ruriko.I

 14日の日経新春杯(G2)で4着に敗れたハーツコンチェルト(牡4歳、美浦・武井亮厩舎)。昨年の日本ダービー(G1)でタイム差なしの3着に好走している実力馬だが、またしても重賞初制覇はお預けとなった。

 騎乗した松山弘平騎手は2番人気に応えられなかったこともあってか、レース後には「手応えがあっても前を交わせませんでした。もっとやれる馬だと思いますが」と歯切れの悪いコメントを残すよりほかなかった。

 この結果により右回りで5連敗の上にすべて馬券圏外。先述の通り、重賞を含めた4戦すべて馬券対象から外れたことのない、得意の左回りで改めて見直したいと思ったファンも多かったかもしれない。

 そんな苦杯をなめたハーツコンチェルトだが、陣営は20日、再び右回りで行われる中山の初富士S(3勝クラス)に連闘で登録してきた。

「右回りでは走らない」という疑惑がさらに深まった日経新春杯の直後に、再び右回りの中山で行われるレースも選択肢の一つに入るということだろうか。ただ、もう1週待てば得意の東京開催がスタートするだけに、少々不思議にも思える。

右回りオール圏外も…考えられる陣営の意図とは

 その一方で、ここまで右回りで好走実績のないハーツコンチェルトだが、すべて7着以内に収まっており、全くダメというほど大きく崩れているわけでもない。

 昨年の神戸新聞杯(G2)でも1着とはわずか0秒1差。現時点でまだ完全なサウスポーと言い切れないことも確かである。

「これまでは単純に相手が強かっただけということも考えられますね。そのため右回りでも重賞級のメンバーが相手でなければ、勝ち負けを期待できる走りを見せています。陣営が追試の意味であったり、自己条件のハンデ戦への出走を睨んで、重量確認のために登録したということも考えられます」(競馬誌ライター)

 なおハーツコンチェルトはここ5戦ですべてG1、G2レースに出走しているが、実はまだ3勝クラスの身。重賞級の実力を持っていても、除外など使いたいレースに使えないリスクも伴う。そのためにも、まずは自己条件で確実に賞金を積み上げておくのもありだろう。

 そういった意味で出走してくるようであれば、連闘になるとはいえ落とせない一戦となる。ちなみに発表されたハンデは当然ながらメンバートップの58キロ。果たして今週末もハーツコンチェルトは競馬場に姿を現すのだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ハーツコンチェルト「汚名返上」に連闘も辞さず!? 右回り「オール圏外」でも中山エントリーの怪のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」