GJ > 競馬ニュース > 武豊「全弟」の登場した“大人の広告”に大反響?約20年騎乗の名手は「生涯現役でいたいですね」…少々意外な起用も言われてみれば納得の理由
NEW

武豊「全弟」の登場した“大人の広告”に大反響?約20年騎乗の名手は「生涯現役でいたいですね」…少々意外な起用も言われてみれば納得の理由

【この記事のキーワード】, ,
武豊「全弟」の登場した大人の広告が大反響?約20年騎乗の名手は「生涯現役でいたいですね」…少々意外な起用も言われてみれば納得の理由の画像1
撮影:Ruriko.I

 インターネットを閲覧していると、様々な広告を目にすることがある。

 近年はユーザーが普段どのようなことに関心を示し、情報を収集しているのかさえ、気が付かないうちにデータ化され、開いたサイトの広告として興味がありそうなジャンルの商品を取り扱うメーカーのサイトが表示されることも珍しくなくなった。

 読者の中にも競馬関係のサイトを閲覧している際、それに関連するグッズのメーカーや競馬関係の情報を取り扱う会社の広告を見たことのある方が少なからずいるはずだ。

“大人の広告”に意外な競馬関係者が登場

 かくいう私もついこの前、某ポータルサイトを閲覧していたのだが、少し気になる広告に遭遇した。

 それは、いわゆる“大人の広告”だった訳だが、興味本位で広告を開いてみると、アレがアレして元気を取り戻す(自主規制)という商品の紹介をしている内容。「元気すぎて困っちゃう……」「休みなく動く滋養源として不可欠な成分なんだとか!」といった我々のようなおじさんなら反応してしまうものだった。

 ただ、ここまでならよくある広告なのだが、驚かざるを得なかったのはJRAの武幸四郎調教師が「生涯現役でいたいですね」と写真付きで登場していたからである。

 説明にも「通算693勝 伝説のジョッキー 武幸四郎さん45歳」としっかり書かれているのだから、そっくりさんではなくご本人で間違いなさそうだ。「約20年“騎乗”を続けてきた武幸四郎さんも愛用してるって!」とオススメされていた。

 それと同時に「そういえば、武幸調教師って結婚していたんだっけ」と数年前に出た週刊誌の話題を思い出したため、“色々と納得”したわけだ。

広告主は競馬ファンがよく知る馬主

 ただ、そこで思い浮かんだのは広告主の会社の方だ。本広告を出稿していたのは株式会社マテラ。「ん?この名前ってどこかで聞いたことがあるような……」ということで、改めて確認してみたところ、マテラ社の代表取締役は大野照旺氏でマテラスカイやステラヴェローチェ、ヴェローチェオロなどの馬主として知られた故・大野剛嗣さんの父だった。

 なるほど……大野照旺氏が武幸四郎厩舎に預託している馬が複数いることから推測すると、もしかしたら“友情出演的な何か”だったのかもしれない。

 とはいえ、この広告についてはSNSでも大きな反響があり、競馬ファンも武幸四郎先生の出演に興味津々だった様子。現役騎手時代にプレイボーイとしても名を馳せた人物だけに、本人曰く“武豊騎手の全弟”として相変わらず大人気のようだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「全弟」の登場した“大人の広告”に大反響?約20年騎乗の名手は「生涯現役でいたいですね」…少々意外な起用も言われてみれば納得の理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】