GJ > 競馬ニュース > リバティアイランドにウシュバテソーロ、デルマソトガケも…「C.ルメールVS川田将雅」が熱すぎる2024ドバイワールドカップデー
NEW

リバティアイランドら超大物集結か「C.ルメールVS川田将雅」が熱すぎる2024ドバイワールドカップデー

リバティアイランドら超大物集結か「C.ルメールVS川田将雅」が熱すぎる2024ドバイワールドカップデーの画像1
撮影:Ruriko.I

ルメール騎手×川田騎手の最強対決がドバイでも?

 今、日本競馬をリードするジョッキーといえば、間違いなくC.ルメール騎手と川田将雅騎手の名が挙がるはずだ。

 一昨年、ルメール騎手の連覇を5でストップさせ、3年連続2位から悲願の初リーディングを獲得した川田騎手。だが、昨年は再びルメール騎手が巻き返しに成功し、川田騎手は2位に終わった。

 そんなルメール騎手と川田騎手だが、昨年は前者がG1・7勝、後者が5勝と大舞台でも幾度となく火花を散らした。特にルメール騎手のイクイノックスと、川田騎手のリバティアイランドが初対決となったジャパンC(G1)の盛り上がりを覚えているファンは少なくないだろう。

 今年もここまで互いに9勝を挙げてリーディングトップに立つなど、早くも2強を印象付けている両者。この熱い戦いは、春のドバイワールドカップデーでも火花を散らしそうだ。

リバティアイランドVSスターズオンアース

 まず、ここ10年で5勝と日本馬が猛威を振るっているドバイターフ(G1)でルメール騎手がコンビを組む予定なのは、昨年のエリザベス女王杯(G1)を制したブレイディヴェーグ(牝4歳、美浦・宮田敬介厩舎)だ。

 ここまで5戦すべて1番人気で3勝2着2回とパーフェクトな戦績を誇るブレイディヴェーグ。特筆すべきは重賞初挑戦となったローズS(G2)、そしてG1初挑戦となったエリザベス女王杯で共に1番人気に推されているなど、ファンや関係者の評価が極めて高い点だろう。現在こそまだG1・1勝馬だが、そのスケールはそれだけで終わらないことを物語っている。飛躍が期待される今年、どこまで高みに上るのかが楽しみな1頭だ。

 その一方で、川田騎手が騎乗する予定のプログノーシスも、その実力は紛れもないG1級。昨年の天皇賞・秋(G1)ではイクイノックス、ジャスティンパレスに続く3着と、いつG1を勝ってもおかしくない存在だ。ブレイディヴェーグが海外初遠征なら、こちらは昨年2度の香港遠征を経験済み。キャリアでは一日の長がある。

リバティアイランドら超大物集結か「C.ルメールVS川田将雅」が熱すぎる2024ドバイワールドカップデーの画像2
スターズオンアース 撮影:Ruriko.I

 また、昨年はイクイノックスが強烈なインパクトを残したドバイシーマクラシック(G1)だが、ルメール騎手はスターズオンアースとのコンビで同レースに挑むことを目標にしているようだ。フランスのメディア『Equidia』が報じている。

 スターズオンアースといえば、一昨年の二冠牝馬。惜しくも三冠はならなかったが、昨年のジャパンCで3着、有馬記念(G1)でも2着と、改めてその実力が現役トップクラスであることを証明している。仮に出走してくれば当然、優勝候補の一角に名を連ねるだろう。

リバティアイランドら超大物集結か「C.ルメールVS川田将雅」が熱すぎる2024ドバイワールドカップデーの画像3
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 一方の川田騎手は、リバティアイランドとの参戦が濃厚だ。現在はノーザンファームしがらきで放牧中だが、すでに所属するサンデーレーシングから出走予定が発表されており、三冠牝馬の2024年始動戦はドバイになりそうだ。2頭は昨年のジャパンCで初対決し、2着リバティアイランドが3着スターズオンアースに1馬身先着。ただし、2頭には2kgの斤量差があった。

 さらにメインとなるドバイワールドC(G1)でも、ルメール騎手がデルマソトガケ、川田騎手がウシュバテソーロに騎乗予定と2人の熱い戦いが見られそうだ。

 前者は昨秋の米ブリーダーズCクラシック(G1)で2着。世界制覇まではあと一歩だったが、5着に終わったウシュバテソーロには先着した。一方のウシュバテソーロは言わずと知れた昨年のこのレースの覇者。今年はサンダースノー以来、史上2頭目の連覇が懸かる。

 果たして2024年のリーディングはルメール騎手か、川田騎手か、それとも――。現在の競馬界を牽引する2強対決は日本だけに留まらない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

リバティアイランドら超大物集結か「C.ルメールVS川田将雅」が熱すぎる2024ドバイワールドカップデーのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」