GJ > 競馬ニュース > 「サウジC登録」ジャックドールに屈腱炎判明…今後は「オーナーと相談して決めたい」、もう一度競馬場で逃げる姿を見られるか
NEW

「サウジC登録」ジャックドールに屈腱炎判明…今後は「オーナーと相談して決めたい」、もう一度競馬場で逃げる姿を見られるか

【この記事のキーワード】, ,
「サウジC登録」ジャックドールに屈腱炎判明…今後は「オーナーと相談して決めたい」、もう一度競馬場で逃げる姿を見られるかの画像1
ジャックドール 撮影:Ruriko.I

 昨年の大阪杯(G1)を勝ったジャックドール(牡6歳、栗東・藤岡健一厩舎)に右前浅屈腱炎が判明。全治には9か月以上の休養を要する見込みとのことだ。

 ジャックドールは昨年のアイドルホースオーディションで現役馬部門2位になるほどの人気馬。栗毛・四白流星という目を引く馬体。レースを盛り上げる果敢な逃げ。ノーザンファーム一強の時代に、クラウン日高牧場出身というバックグラウンドの同馬だけに、ファンのショックも大きい。

 ジャックドールは2月に行われるサウジC(G1)に登録済みだった。ウシュバテソーロやレモンポップといった強豪が揃うダート世界最高峰の一戦で、昨年のパンサラッサのような芝の逃げ馬による大激走も期待されていた。ゆくゆくは大阪杯を勝利した武豊騎手との再コンビを見たかったファンも多かっただろう。

 まもなく繁殖シーズンということもあり、このタイミングで引退・種牡馬入りするのもありではないかという声も一部のファンから聞こえてくる。ジャックドールの父モーリスは本馬以外にもピクシーナイトやジェラルディーナといったG1馬を輩出し、2022年にアーモンドアイと交配するほどの一流種牡馬。種付け料4位タイの800万円と高額でもあるため、ジャックドールが後継種牡馬となった場合の需要は見込める。

 また母父アンブライドルズソングは父・母父として世界中でG1馬を輩出している大種牡馬。同母父のスワーヴリチャードとコントレイルがともに1500万円と破格の種付け料であることも、ジャックドールの種牡馬としての可能性を感じさせるところである。

今後は「オーナーと相談して決めたい」

 なおジャックドールを管理する藤岡師は「症状は軽い方だけどG1ホースでもあるし、これからオーナーと相談して決めたいと思います」と、現時点でこの先は未定である旨のコメントをしている。

 復帰するとすれば全治9か月以上の見込みであることから6歳の終盤、遅ければ7歳以降と競走馬としてはベテランの域になってくる。

 大阪杯の後は距離変更、特殊な馬場、強敵揃いと様々な要因はあったものの着外が続いているジャックドール。前走の天皇賞・秋(G1)で騎乗した藤岡佑介騎手からは「メンタル的に以前よりも踏ん張り切れなくなっている」との発言も出ており、再び心身ともにベストな状態に持っていくにはかなりの時間がかかるかもしれない。

 最近ではタイトルホルダー、パンサラッサとG1逃げ馬の引退が続いている。この流れにジャックドールが続いてしまうようだと競馬ファンにとっても寂しい限りだが、果たしてもう一度ターフに戻ってきて逃げる姿を見せてくれるのか。続報に注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「サウジC登録」ジャックドールに屈腱炎判明…今後は「オーナーと相談して決めたい」、もう一度競馬場で逃げる姿を見られるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑