GJ > 競馬ニュース > 川田将雅×金子真人オーナーの1番人気を妨害…L.モリスが「痛恨」の騎乗停止、「75戦1勝」苦戦の凱旋門賞ジョッキーに巻き返しはあるか
NEW

川田将雅×金子真人オーナーの1番人気を妨害…L.モリスが「痛恨」の騎乗停止、「75戦1勝」苦戦の凱旋門賞ジョッキーに巻き返しはあるか

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅×金子真人オーナーの1番人気を妨害…L.モリスが「痛恨」の騎乗停止、「75戦1勝」苦戦の凱旋門賞ジョッキーに巻き返しはあるかの画像1
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

 20日の京都5Rに行われた新馬戦。好位を追走した5番人気ダノンピレネーが、最後の直線で2着馬との追い比べを半馬身差制しデビュー戦を飾った。

 騎乗した坂井瑠星騎手は「最後もしっかりいい脚を使ってくれて、いい内容だったと思います」とパートナーの走りを評価。同馬を管理する高柳大輔調教師によると今後は放牧に出されるようだ。

 なおこのレースは勝負どころの4コーナーで、先行集団にいたヤマトフェイスが外側に斜行。近くにいたオープンワンセルフの進路が狭くなり、その後方を走行していたクセノポンがあおりを受けてつまずく事象があった。

 そのため先に不利を受けたオープンワンセルフは7着。川田将雅騎手が騎乗していたクセノポンは一昨年のセレクトセールで金子真人オーナーが1億8700万円(税込)で購入したハーツクライ産駒であり、1番人気の支持を受けていたものの11着に大敗してしまうなど、やや後味の悪いレースとなってしまった。

L.モリス騎手が「痛恨」の騎乗停止

川田将雅×金子真人オーナーの1番人気を妨害…L.モリスが「痛恨」の騎乗停止、「75戦1勝」苦戦の凱旋門賞ジョッキーに巻き返しはあるかの画像2
L.モリス騎手 撮影:Ruriko.I

 これにより来月3日から開催2日間の騎乗停止となったのが、ヤマトフェイスに騎乗していたL.モリス騎手である。

 昨年12月に初のJRA短期免許を取得したモリス騎手は、英国出身の35歳。一昨年の凱旋門賞馬アルピニスタの主戦ジョッキーとして知られ、同馬とのコンビではG1・6連勝を達成するなど、ヨーロッパで確たる地位を築き上げつつあるジョッキーの1人だ。

 だが、日本初参戦となった今回の騎乗は、期待通りとは言えないようだ。

「昨年12月に短期免許で初参戦したモリス騎手ですが、身元引受調教師である友道康夫厩舎の管理馬ストーンズとのコンビでJRA初勝利。『ライセンスを発行していただいたJRAに感謝したい。また、馬主さん、生産者さん、友道先生、スタッフの皆様にももちろん感謝したいと思います』と喜びを語り、暮れの有馬記念(G1)でもウインマリリンに騎乗が決まるなど、その活躍が大いに期待されています。

しかし、昨年はその1勝後に勝ち星を挙げることができず、今年もここまで未勝利。今回の騎乗停止は結果が出ない焦りもあったかもしれません。期待のストーンズも若駒S(L)で5着に敗れてしまうなど、中央では20日終了時点で75戦してわずか1勝という成績。勝率は1.3%に留まっています」(競馬記者)

 ただ、記者曰く先述した地元での実績に加え、2014、15年には連続して189勝をマークしていることからも、モリス騎手が英国きっての腕利きであることは疑いようがないとのこと。

もちろんしっかりと反省した上でだが、モリス騎手にとっては一度見つめ直すという意味においても、今回の騎乗停止もある意味ではプラスに考えることもできるかもしれない。

ストーンズと初勝利を挙げた際には「ファンの皆様には、イギリスと日本で馬の乗り方が少し違うため、ルールに基づいたイギリスの乗り方をお見せできればと思います」とも抱負を語っていたモリス騎手。短期免許は来月25日までの予定となっている。今後の本領発揮に期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅×金子真人オーナーの1番人気を妨害…L.モリスが「痛恨」の騎乗停止、「75戦1勝」苦戦の凱旋門賞ジョッキーに巻き返しはあるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」