GJ > 競馬ニュース > ジャンタルマンタル・エコロヴァルツが早くも激突、確実に近づく春クラシックの足音…鍵を握る5頭を厳選ピックアップ【3歳牡馬編】
NEW

ジャンタルマンタル・エコロヴァルツが早くも激突、確実に近づく春クラシックの足音…鍵を握る5頭を厳選ピックアップ【3歳牡馬編】

ジャンタルマンタル・エコロヴァルツが早くも激突、確実に近づく春クラシックの足音…鍵を握る5頭を厳選ピックアップ【3歳牡馬編】
撮影:Ruriko.I

 1月の中央競馬も今週末をもって早くも最後となる。来月には共同通信杯(G3)、きさらぎ賞(G3)が行われ、その翌月からは続々とトライアルがスタートする。春クラシックの足音が確実に近づいてくる季節である。

 そこで今回は、一足先に今年の牡馬クラシックの鍵を握りそうな牡馬5頭を独断で選んだので紹介してみたい。

ジャンタルマンタル・エコロヴァルツが早くも激突、確実に近づく春クラシックの足音…鍵を握る5頭を厳選ピックアップ【3歳牡馬編】
ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I

・ジャンタルマンタル(父パレスマリス、母インディアマントゥアナ 栗東・高野友和厩舎)

 現時点で牡馬の横綱的存在といえるのは、やはりジャンタルマンタルだろう。デビューから無傷の3連勝で朝日杯フューチュリティS(G1)を制覇し、昨年のJRA最優秀2歳牡馬に輝いた。前走で騎乗した川田将雅騎手が「性格が良くて、能力も高い」と褒め称えたように、とにかく競馬ぶりが優秀で隙がない。

 今年初戦は来月11日に行われる共同通信杯を予定。ここ2戦より距離が1ハロン延びるが、デビュー戦を快勝した距離なら問題ないだろう。課題があるとしたら初の左回りだろうが、これまでの競馬ぶりを見ても大きく崩れることは考えにくい。本番に向けて好レースを見せてくれるに違いない。

 

・シンエンペラー(父シユーニ、母スターレッツシスター 栗東・矢作芳人厩舎)

 ジャンタルマンタルが西の横綱なら、シンエンペラーは大関と呼べそうな存在である。凱旋門賞馬ソットサスの全弟という血統でデビュー前から話題を集めた本馬は、日本の芝適性に一部懐疑的な声も聞かれたものの、蓋を開けてみれば上がり3ハロン33秒8の切れ味。後続に3馬身差をつけて初陣を圧勝した。

 続く京都2歳S(G3)も制して2連勝。早め先頭から押し切りを狙ったホープフルS(G1)では、最後の最後でレガレイラの切れ味に屈したが、負けてなお強しの印象だった。管理する矢作調教師からは「英国ダービー」というワードも出ていただけに、春の結果次第では海外遠征も視野に入る逸材だ。今年は弥生賞ディープインパクト記念(G2)からの始動を予定している。

 

・エコロヴァルツ(父ブラックタイド、母プティプランセス 栗東・牧浦充徳厩舎)

 新馬戦の勝ちっぷりも素晴らしかったが、武豊騎手と新コンビを結成し臨んだ2戦目のコスモス賞(OP)を6馬身差で圧勝したことにより、一気にその名が知れ渡った。先行押し切りのレースぶりに加えて武豊騎手がコンビを組むブラックタイド産駒であることから、一部のファンからは「第二のキタサンブラック」という声も聞かれたほどである。

 3連勝を懸けて挑んだ暮れの朝日杯FSではジャンタルマンタルの2着に敗れたが、スタートで不利を受けて後方から外を回すロスがあってのもの。むしろ逆境を跳ね返し、ポテンシャルの高さを証明したといえる。休み明けや初マイルだったことを考えると評価を落とす必要はまったく無さそう。今春は引き続き武豊騎手とのコンビで共同通信杯からの始動を予定している。ジャンタルマンタルとのリベンジマッチにも注目したい。

 

・トロヴァトーレ(父レイデオロ、母シャルマント 美浦・鹿戸雄一厩舎)

 デビューから無傷の2連勝を決めた期待馬だ。前走の葉牡丹賞(1勝クラス)では最後の直線で進路を切り替えるロスがありながらも、2着馬に2馬身差の完勝。手綱を取ったW.ビュイック騎手は「来年のダービー候補に名乗りを上げる1頭だと思います」と絶賛していた。

 新種牡馬レイデオロの初年度産駒であり、近親にロジユニヴァースやソングライン、ディアドラなど活躍馬が多くいるソニンクの一族という血統的な魅力も十分だ。次走は皐月賞(G1)のトライアル・弥生賞を予定しており、同レースに出走を予定しているシンエンペラーとの激突は楽しみ。本馬にとっても試金石のレースになるだろう。

 

・サンライズジパング(父キズナ、母サイマー 栗東・音無秀孝厩舎)

 芝のデビュー戦で4着に敗れた後、ダートの未勝利で初勝利。昨年暮れのホープフルSでは、単勝オッズが万馬券となる13番人気の低評価をあざ笑うような3着に激走した。この一戦のみならフロックの可能性もあったのだが、鞍上に再び武豊騎手を迎えた今年初戦の若駒S(L)で豪快な差し切り勝ちを披露。この結果を受けて、ダート路線を念頭に入れていた陣営がクラシック参戦を表明したように、未知の魅力を秘めた1頭である。

 管理する音無調教師は来年2月に定年を迎えるため、今年が最後のクラシック挑戦となる。若駒Sの後に「ポテンシャルは高いです」と本馬を称賛した武豊騎手が、もう1頭のお手馬であるエコロヴァルツとどちらをパートナーに選ぶのかも注目が集まりそうだ。


 以上5頭を選んでみたが、早速再来週末の共同通信杯でジャンタルマンタルとエコロヴァルツの直接対決が実現する。朝日杯FSの再現となるか、それともエコロヴァルツが借りを返すだろうか。

 この他にもダノンエアズロックやアーバンシック、ダノンデサイルにノーブルロジャー、ミスタージーティーなど楽しみな馬が多くいる今年の牡馬クラシック戦線。これからデビューを待つ未来の大物候補の登場にも期待したい。存分に楽しみたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ジャンタルマンタル・エコロヴァルツが早くも激突、確実に近づく春クラシックの足音…鍵を握る5頭を厳選ピックアップ【3歳牡馬編】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」