GJ > 競馬ニュース > 「レベル低下」嘆かれるフェブラリーSに芝から続々と参戦名乗り…芝マイルチャンプの「ダート挑戦」は復活の起爆剤となるか
NEW

「レベル低下」嘆かれるフェブラリーSに芝から続々と参戦名乗り…芝マイルチャンプの「ダート挑戦」は復活の起爆剤となるか

「レベル低下」嘆かれるフェブラリーSに芝から続々と参戦名乗り…芝マイルチャンプの「ダート挑戦」は復活の起爆剤となるかの画像1

 先日、連覇の懸かるドバイワールドC(G1)に直行すると見られていたウシュバテソーロが、当初の予定を変更してサウジC(G1)へ参戦することが分かった。

 これにより、ウシュバテソーロvsレモンポップという日本ダート馬頂上決戦が中東の地で繰り広げられることが決定。そのほかにも、デルマソトガケ、クラウンプライド、メイショウハリオなどが日本から参戦予定で、海外の強豪との激戦も予想される。

 その一方で、来月18日に行われるフェブラリーS(G1)に出走するメンバーのレベル低下も危惧されている。

 サウジCの1000万ドルという超高額賞金は関係者からも魅力的に映っているようで、早い時期からこちらに矛先を向ける有力馬もいた。こういった状況に対し、「開催時期を変えるべき」や「賞金を大幅に引き上げるべき」という意見も出始めている。

芝マイルチャンプの「ダート挑戦」は復活の起爆剤となるか

「レベル低下」嘆かれるフェブラリーSに芝から続々と参戦名乗り…芝マイルチャンプの「ダート挑戦」は復活の起爆剤となるかの画像2
シャンパンカラー 撮影:Ruriko.I

 そんな中、23日に昨年のNHKマイルC(G1)を制したシャンパンカラー(牡4歳、美浦・田中剛厩舎)がフェブラリーSに参戦することが分かった。

 同馬は昨年の安田記念(G1)14着の後に復帰戦として予定していた富士S(G2)を直前で無念の回避となってしまったが、初のダート戦にチャレンジする見込みだ。

 管理する田中剛調教師は「いいタイミングでダートを使えるチャンスなので、今後の選択肢を広げる意味でも行ってみようと」とコメント。3月末に行われるドバイワールドカップデーには第1希望をダート1600mのゴドルフィンマイル(G2)としていることからも、陣営はダートで活躍の場を模索している。

 また、昨年の新潟大賞典(G3)を制するなど、芝で重賞3勝を挙げるカラテ(牡8歳、栗東・辻野泰之厩舎)も、選択肢の1つにフェブラリーSが挙がっているようだ。

 同馬を所有する小田切光氏は、23日のアメリカジョッキークラブC(G2)のレース後、自身のXで「東京、新潟のように2つのコーナーが好きみたい」と投稿しており、ファンからの「フェブラリーSはどうですか?」という質問に対し「(フェブラリーSも)視野に入れています」と返信していた。

 6年前の2歳未勝利戦では2度ダートを走って13着、8着と惨敗してしまった経験はあるが、晩成型の同馬にとっては参考外として良いだろう。重賞3勝を挙げた得意の2つのコーナーのコースという制約の中で、活躍の舞台を探っている。

 その他にも、2年前のNHKマイルCを制したダノンスコーピオン(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)もフェブラリーSを予定しているという噂もある。

 近年は芝からダート、またはダートから芝へと路線変更した馬の活躍も目立っているだけに、復活を期す各馬にとって「起爆剤」となることを祈りたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「レベル低下」嘆かれるフェブラリーSに芝から続々と参戦名乗り…芝マイルチャンプの「ダート挑戦」は復活の起爆剤となるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」