GJ > 競馬ニュース > 「皐月賞直行」レガレイラに76年ぶり偉業期待も…スワーヴリチャード産駒「1月未勝利」の急ブレーキで早熟説が浮上!?
NEW

「皐月賞直行」レガレイラに76年ぶり偉業期待も…スワーヴリチャード産駒「1月未勝利」の急ブレーキで早熟説が浮上!?

【この記事のキーワード】, ,

「皐月賞直行」レガレイラに76年ぶり偉業期待も…スワーヴリチャード産駒「1月未勝利」の急ブレーキで早熟説が浮上!?の画像1

 昨年末のホープフルS(G1)を制したレガレイラ(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)の次走が決まった。所属するサンデーサラブレッドクラブによると、4月に中山競馬場で開催される皐月賞(G1)へ直行する見込みだ。

 牝馬が皐月賞を勝利すれば、1948年のヒデヒカリ以来、76年ぶりの偉業となるが、前走のパフォーマンスを見る限り、勝機は十分にあるだろう。現在は放牧先のノーザンファーム天栄で調整中だが、帰厩した際にはさらにパワーアップした姿を見せてくれるに違いない。女傑候補の果敢な挑戦を心待ちにしているファンも多いだろう。

 そんなレガレイラの父は、現役時代に大阪杯(G1)とジャパンC(G1)を制したスワーヴリチャード。レガレイラを含めてその初年度産駒は昨年の6月以降次々と勝利を挙げ、2位ブリックスアンドモルタルにほぼダブルスコアの大差をつけ、ファーストシーズンサイアーに輝いた。

 6月に2勝を挙げると、7月以降は毎月3勝以上していたスワーヴリチャード産駒。これまでに20頭が勝ち上がっているだけでなく、レガレイラに加えてコラソンビートも京王杯2歳S(G2)で重賞ウイナーの仲間入りを果たしている。

 そんな産駒の大活躍を受けてスワーヴリチャードの種付け料は昨年度の200万円から今年度は1500万円へと大幅アップ。今年度の種付けはすでにブックフル(受付締め切り)となる人気ぶりで、更なる飛躍が期待されているところだ。

スワーヴリチャード産駒、今月まさかの未勝利…

 しかし、順風満帆な種牡馬スタートを切ったスワーヴリチャードだが、今年に入ってから産駒は不振に見舞われている。アーバンシックが京成杯(G3)で2着に好走するなど惜しいレースも中にはあったが、今月の産駒成績は「0-2-2-22/26」と、まさかの26連敗。未勝利のまま1月を終えることになってしまった。

「産駒は仕上がりが早く、予想以上ともいえるペースで白星を量産してきました。すでに2頭の重賞勝ち馬も生まれ、種付け料も7.5倍になるなど、一気に一流種牡馬の仲間入りを果たした印象です。

一方で、完成度の高さや現役時代に米国の2歳G1を勝ったアンブライドルズソングの血が入っていることから、一部のファンからは早熟系ではないかと囁かれていたとか。今月はたまたま不振に陥っていただけかもしれませんが、もし2月もこの調子ならいよいよ早熟説が現実味を帯びてくるかもしれません」(競馬誌ライター)

 今年の初勝利が待たれるスワーヴリチャード産駒だが、来週末は2勝馬のヴェロキラプトルがきさらぎ賞(G3)に、スウィープフィートがエルフィンS(L)にそれぞれ出走予定。さらに翌週の共同通信杯(G3)には札幌2歳S(G3)2着のパワーホールやショーマンフリートなどクラシックを見据える有力な産駒も控えている。

 突如浮上した“早熟説”の懸念を払拭するためにも、まずは今年の初勝利が欲しいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「皐月賞直行」レガレイラに76年ぶり偉業期待も…スワーヴリチャード産駒「1月未勝利」の急ブレーキで早熟説が浮上!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」