GJ > 競馬ニュース > 永島まなみ「もったいなかった」古豪トゥラヴェスーラと初コンビも掲示板まであと一歩…人気以上の着順も不完全燃焼を悔いたワケ
NEW

永島まなみ「もったいなかった」古豪トゥラヴェスーラと初コンビも掲示板まであと一歩…人気以上の着順も不完全燃焼を悔いたワケ

永島まなみ「もったいなかった」古豪トゥラヴェスーラと初コンビも掲示板まであと一歩…人気以上の着順も不完全燃焼を悔いたワケの画像1
永島まなみ騎手 撮影:Ruriko.I

 28日、京都競馬場で行われたシルクロードS(G3)は、2番人気のルガルが後続に3馬身差をつける圧巻の勝利で初重賞制覇を決めた。

 騎乗した西村淳也騎手はレース後、「見ての通り強かったです。言うことのない内容でした」と走りを絶賛。この日は東西で重賞勝利を決めた管理する杉山晴紀調教師は「高松宮記念(G1)を意識していますが、まずはレース後の馬の様子を確認したいと思います」と今後の見通しについて語った。

 その一方で、永島まなみ騎手と古豪トゥラヴェスーラ(牡9歳、栗東・高橋康之厩舎)のコンビは、最後の直線で脚を伸ばすも6着に終わった。

 永島騎手はデビュー3年目の昨年、キャリアハイの50勝をマークするなど一気に躍進。今回は所属する高橋康厩舎と師弟コンビで初の重賞挑戦であったことから、同騎手の初重賞Vも含めて注目を集めていた。

 8枠16番からスタートしたトゥラヴェスーラと永島騎手は、すぐに後方に控える競馬。前半600m通過は33秒4とそれなりに流れていたが、外枠だったことが影響し終始外々を走らされる展開となる。

 4コーナーでも一番外を回って最後の直線へ。永島騎手も渾身のステッキを振るっていたが、掲示板の5着にもあと一歩で届かなかった。

 ただ、トゥラヴェスーラが9番人気だったことを考えると、そう悪くない結果と言えそうだが、永島騎手はレース後「外枠でうまくインに入れず、もったいなかったです」「うまく走れていれば、掲示板はあったと思います」と悔しさをにじませていた。

人気以上の着順も…イメージとは真逆の展開に

 というのも戦前、永島騎手は『競馬ラボ』に連載しているコラム『まなみの学び』の中で、トゥラヴェスーラとともに臨むシルクロードSでの作戦面について、内と外どちらを希望かという問いに対し、内の方がよさそうと答えていたのである。

 その理由については「京都の芝はスゴく荒れた状態なのですが、トゥラヴェスーラ自体凄く道悪が得意なのはプラスに働くと感じています」と話しており、「(最内から伸びた昨年の)高松宮記念で3着になった時のイメージで乗れれば」とレースプランを語っていた。

 しかし与えられた枠順は1枠1番だった昨年の高松宮記念とは大きく異なる、8枠16番という外枠。結果的にインに一度も入ることなく敗れることとなった。

「週中に思い描いたイメージ通りに運べなかっただけに、悔いの残る一戦となってしまったかもしれませんね。

ただシルクロードSこそ不完全燃焼となった永島騎手ですが、この週は土曜の小倉1Rを勝って今年の初白星をマーク。日曜の最終12Rでも師弟コンビのペイシャフラワーで、トゥラヴェスーラの鬱憤を晴らすかのような勝利を挙げています」(競馬誌ライター)

 先週は複数勝利を決めたことで、中央・地方の通算100勝まであと5と迫った永島騎手。初重賞勝利は今回もお預けとなったが、そう遠くないうちに再びチャンスがやってくるに違いない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

永島まなみ「もったいなかった」古豪トゥラヴェスーラと初コンビも掲示板まであと一歩…人気以上の着順も不完全燃焼を悔いたワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」