GJ > 競馬ニュース > 絶好調「ベラジオ軍団」が東西重賞ジャックに挑戦!ベラジオボンド、ベラジオオペラがスタンバイ…「快進撃」支える新進気鋭の調教師の存在
NEW

絶好調「ベラジオ軍団」が東西重賞ジャックに挑戦!ベラジオボンド、ベラジオオペラがスタンバイ…「快進撃」支える新進気鋭の調教師の存在

【この記事のキーワード】, ,
絶好調「ベラジオ軍団」が東西重賞ジャックに挑戦!ベラジオボンド、ベラジオオペラがスタンバイ…「快進撃」支える新進気鋭の調教師の存在の画像1
撮影:Ruriko.I

 先週の開催を終えた段階で既に8勝を挙げ、調教師リーディングでトップに立っている杉山晴紀厩舎。開業9年目ながら年々存在感を増し、昨年はついにリーディングトレーナーの栄誉も獲得した。

 先月28日には京都のシルクロードS(G3)をルガル、東京の根岸S(G3)をエンペラーワケアで連勝し、同日に東西重賞ジャックの離れ業にも成功。今後も目を離せない存在となりそうだ。

 そんな杉山晴師に負けじと奮闘しているのが、今年で開業6年目を迎えた上村洋行調教師だ。ファンにとっては、かつて稀代の快速馬サイレンススズカに騎乗し、スリープレスナイトとのコンビで2008年のスプリンターズS(G1)を優勝した騎手と説明した方が早いかもしれない。

絶好調「ベラジオ軍団」が東西重賞ジャックに挑戦!

絶好調「ベラジオ軍団」が東西重賞ジャックに挑戦!ベラジオボンド、ベラジオオペラがスタンバイ…「快進撃」支える新進気鋭の調教師の存在の画像2
ベラジオオペラ 撮影:Ruriko.I

 ウィリアムバローズで1月の東海S(G2)を制して今年の初重賞勝ちを決め、今週末の京都記念(G2)にベラジオオペラ、共同通信杯(G3)にはベラジオボンドをスタンバイさせている。

 前者は昨年の日本ダービー(G1)で4着に入り、同年暮れのチャレンジC(G3)で重賞2勝目をゲット。今年の飛躍を期待されている素質馬だけに、メンバーが手薄なここでさらに重賞タイトルを上乗せしたいところである。

 後者については、キャリアは新馬勝ち1戦のみとはいえ、その内容に能力の高さを感じた。スローペースで流れたレースのため、勝ちタイムは目立たないものの、メンバー最速となる上がり3ハロン33秒9の切れ味で2着馬を3馬身突き放す大楽勝だった。

 今回の相手は、朝日杯フューチュリティS(G1)を優勝のジャンタルマンタル、同2着のエコロヴァルツと相手関係が一気に強化されるものの、1勝馬をあえて強敵の集まる共同通信杯にぶつけてきたからには、勝算があってのことだろう。

 7日に行われた追い切りでも栗東の坂路で4ハロン55秒7-ラスト1ハロン12秒2を馬なりでマークして併せ馬で先着。重で力のいる状況だったことを考慮すれば、十分なパフォーマンスだったのではないか。

 また、ベラジオオペラとベラジオボンドを所有する「ベラジオ軍団」の林田祥来オーナーも最近の中央競馬で知名度を上げている注目の馬主。所有馬の情報をYouTubeの『ベラジオちゃんねる』で発信しているように、情報を知りたいファンに対するサービス精神も旺盛だ。ベラジオ軍団と上村調教師の蜜月関係については、本サイトの特別インタビューでも紹介しているので、興味のある方はご覧いただきたい。

皐月賞(G1)超新星ベラジオオペラを巡る「絆」のサクセスストーリー。JRA未勝利馬主が大勝負に出た理由、そして運命の出会い【特別インタビュー】

「上村先生やったらしゃあない」最高額1億円馬は熱血調教師の“情熱爆発”で誕生!? ベラジオオペラ陣営の爆笑エピソード【特別インタビュー】

 絶大な信頼を寄せ合うタッグが素質馬2頭を送り込む今週末。アッと驚く結末があっても不思議ではないだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

絶好調「ベラジオ軍団」が東西重賞ジャックに挑戦!ベラジオボンド、ベラジオオペラがスタンバイ…「快進撃」支える新進気鋭の調教師の存在のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」