GJ > 競馬ニュース > 生産界の絶対王者が「勝率3.6%」の大出遅れ? ドウデュース、リバティアイランドらが海外遠征も…絶好調のライバルは「ダブルスコア」の独走
NEW

生産界の絶対王者が「勝率3.6%」の大出遅れ? ドウデュース、リバティアイランドらが海外遠征も…絶好調のライバルは「ダブルスコア」の独走

【この記事のキーワード】, ,
生産界の絶対王者が「勝率3.6%」の大出遅れ? ドウデュース、リバティアイランドらが海外遠征も…絶好調のライバルは「ダブルスコア」の独走の画像1
撮影:Ruriko.I

 今週末の中央競馬は、土曜東京に3歳牝馬限定のクイーンC(G3)、日曜京都に古馬の中距離重賞の京都記念(G2)、日曜東京にクラシックの重要ステップとなる共同通信杯(G3)が開催される。

 いずれも春のG1を見据えた注目の重賞だが、生産界の絶対王者であるノーザンファームの有力馬たちが多数エントリーした。登録段階でもクイーンCに6頭、京都記念と共同通信杯に各3頭が登録。圧倒的な層の厚さを誇るノーザンファーム生産馬だけに、これらの中に勝ち馬が含まれている可能性は高い。

生産界の絶対王者がライバルに返り討ち

 その一方で、今年のノーザンファームにちょっとした異変が起きていたことをご存じだろうか。

 昨年に年間50勝の重賞勝ち星を量産し、17勝で2位の社台ファームに大差をつけていたノーザンファームだが、先週の開催を終えた段階の成績は【2.6.5.43/56】。勝率にしてわずか3.6%でしかないことを思えば、大出遅れといっていいかもしれない。

 これに対し、昨年2位の社台ファームは、フェアリーS(G3)でもイフェイオンとマスクオールウィンがワンツーを決めたように絶好調だ。

 ノーザンファームの2着6回の内、社台ファーム生産馬に敗れたケースは3回。ライバルとの直接対決を制したことで、大きな躍進を遂げていた。勝率3.6%の絶対王者に比して、こちらは【4.2.2.17/25】で勝率16.0%と圧倒。出走回数もノーザンの半数以下ながら非常に優秀な数字である。

■社台ファーム生産馬が優勝、ノーザンファーム生産馬が2着の重賞

・京都金杯(G3)
1着コレペティトール、2着セッション

・京成杯(G3)
1着ダノンデサイル、2着アーバンシック

・アメリカジョッキークラブC(G2)
1着チャックネイト、2着ボッケリーニ

 とはいえ、現在首位を独走している社台ファームも、ここから先に苦戦する可能性は十分に考えられる。

 昨年の同時期にシンザン記念(G3)をライトクオンタム、京成杯(G3)をソールオリエンスで制していたものの、その後の前者は重賞未勝利、後者はデビューから無敗の3連勝で皐月賞(G1)を制して以降は惜敗を繰り返している。

 終わってみれば、ノーザンファームの生産馬であるリバティアイランドが牝馬三冠、日本ダービー(G1)をタスティエーラ、菊花賞(G1)をドゥレッツァが優勝。世界最強馬イクイノックスも当然ながらノーザンファームの出身だった。

 稼ぎ頭のイクイノックスが引退し、リバティアイランドやドウデュースがドバイに遠征するため、国内重賞で層が薄くなるノーザンファームだが、総合力では一枚も二枚も上であることは確か。

 18日のフェブラリーS(G1)を皮切りに、これから春のG1シーズンも到来する。現時点では後れを取っているが、大物が登場する頂上決戦での巻き返しは必至だろう。

 ただ、社台ファームも昨年2勝の同時期で既にダブルスコアの4勝を挙げた。総大将スターズオンアースを筆頭にソールオリエンス、プログノーシス、ゼッフィーロ、マスクトディーヴァらの強豪もスタンバイ。今週末には1番人気が予想される京都記念のベラジオオペラ、共同通信杯のジャンタルマンタルが出走を予定している。

 絶対王者が目を覚ます前にリードを広げておきたいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

生産界の絶対王者が「勝率3.6%」の大出遅れ? ドウデュース、リバティアイランドらが海外遠征も…絶好調のライバルは「ダブルスコア」の独走のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材