GJ > 競馬ニュース > 武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇 フェブラリーS(G1)「皆勤」武豊が28年連続騎乗へ イクイノックスの「C.ルメール×木村哲也」タッグから超新星が登場!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇 フェブラリーS(G1)「皆勤」武豊が28年連続騎乗へ イクイノックスの「C.ルメール×木村哲也」タッグから超新星が登場!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇 フェブラリーS(G1)「皆勤」武豊が28年連続騎乗へ イクイノックスの「C.ルメール×木村哲也」タッグから超新星が登場!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇 フェブラリーS(G1)「皆勤」武豊が28年連続騎乗へ イクイノックスの「C.ルメール×木村哲也」タッグから超新星が登場!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
武豊騎手/撮影:Ruriko.I

武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇。池添謙一「申し訳ありません」6連勝中のダート界の超新星の狂った歯車

ライター「A」:オーサムリザルトが無敗の5連勝を飾りました。

デスク「Y」:鞍上を務めた武豊騎手もその才能に惚れ込んでいて、「ブリーダーズカップディスタフで大仕事をしてくれるんじゃないかと、勝手にイメージを膨らませています」と、自身の日記で夢を語っていたね。

ライター「A」:マルシュロレーヌに次いで日本調教馬2度目の優勝も期待できそうです。

デスク「Y」:でも、それまでに失速して、おサムい結果、になっちゃったりして?  オーサムリザルトだけに! ナンチャッテ。

ライター「A」:……は?

デスク「Y」:ほら、リザルトは結果とか成果って訳せるからね。英語を入れたシャレなんだけど。ハイセンスすぎてわっかんないかなぁ。

ライター「A」:開いた口が塞がらないです……。マジでそんなこと言いますか? 居酒屋で管巻いているオヤジさんだって、今どきそんなこと言わないっすよ。それを文章のプロたる編集の、しかもデスクっていう重責にある人が言う? 信じらんないわ。

デスク「Y」:え?いや、だって、いつもこんな感じで進めるじゃん……。だから、この空気の中でだったらいいかなぁって。

ライター「A」:あんた、こないだもジュース缶とみかんを縦に並べて持っている女性スタッフに、「アルミ缶の上にあるみかんだ!」って叫んで、汚物を見るような目で見られてたじゃない。いい加減、その思いついたオヤジギャグをすぐに言う癖を直さないと、大変なことになりますよ。

デスク「Y」:でも、思いついたあとに言わないとなんかもやもやっとしちゃうし、言ったらワンチャン笑ってくれるかなぁって。

ライター「A」:ない。1000億%ない。もう言うな。墓まで持ってけ。

デスク「Y」:はい……。

武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇 フェブラリーS(G1)「皆勤」武豊が28年連続騎乗へ イクイノックスの「C.ルメール×木村哲也」タッグから超新星が登場!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像3

フェブラリーS(G1)「皆勤」武豊が28年連続騎乗へ、16番目滑り込みセーフ!? 「今年未勝利」武幸四郎厩舎の窮状を救えるか

ライター「A」:武豊騎手はフェブラリーS(G1)に、弟である武幸四郎調教師が手がけるセキフウで挑戦予定です。

デスク「Y」:武豊騎手が武幸四郎師に初G1勝利をプレゼントできるのか? こういう血縁同士が力を合わせるのって燃えるよねぇ。優れた父と息子が挑戦するときは“父子鷹”とかよく使われるけど、兄弟のときは何て言うんだろ? 兄弟船?

ライター「A」:そりゃ、鳥羽一郎さんの曲でしょ。まぁ、確かにあれは漁師の兄弟が奮闘する熱い思いがつづられた楽曲ではありますけども。

デスク「Y」:なみの、たにまに〜〜〜〜、いのちのはなが〜〜〜〜〜♪ ふたつ、ならんで〜〜〜〜、さいている〜〜〜〜♫

ライター「A」:ああ、歌い出しちゃったよ……。にしてもめっちゃくちゃ音痴だな。

デスク「Y」:なぬ? 近所のスナックで、「こぶしをきかせれば、左に出るものはいない」とまで称された私に対してなんたる言い草……。

ライター「A」:左じゃなくて右でしょ、右。多分、それバカにされてるんですよ。

デスク「Y」:アカペラだとキツイか。よし、あのいつもの店を予約しといて。今夜は私の秘蔵カラオケメドレーを聴かせてあげるから。寝かせないよ!

ライター「A」:行くわけねぇだろ。

武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇 フェブラリーS(G1)「皆勤」武豊が28年連続騎乗へ イクイノックスの「C.ルメール×木村哲也」タッグから超新星が登場!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像4
C.ルメール騎手/撮影:Ruriko.I

イクイノックスの「C.ルメール×木村哲也」タッグから超新星が登場! ほぼパーフェクト「5戦4勝」でG1級逸材と注目集まる

ライター「A」:コスタノヴァがダートで才能を発揮しています。

デスク「Y」:芝だとイマイチだったのに。ダートへ路線変更して一変したね。

ライター「A」:適性があったんですね。それを見抜いた木村哲也調教師の眼力もすごいです。

デスク「Y」:適材適所ってことよね。いいなぁ、自分にあったポジションを与えられて。

ライター「A」:ようやく自分が人の上に立つべき人じゃないって気付いたんですか。

デスク「Y」:失敬な。逆、逆。私のような人材はもっと上の地位じゃないと才能を発揮できないなぁって思ったのよ。例えば、社長とか!?

ライター「A」:おうおう、寝言もそこまでいけば大したもんだわ。

デスク「Y」:私がトップに立ったら、社員に利益還元第一! 社員希望者には毎週のように夜のお店に連れて行ってあげる! もち、私の自腹。さらに優秀な社員には海外旅行までプレゼント! なんて、優良社長になること間違いなしなんだけど。大体さぁ、今の社長はシブチンで堅物じゃない。あんなのは面白くないよ。何に金使ってんだか、わかりゃしない。どうせ、大金はもらっているけど、貯め込むだけ貯め込んで……。あれ? なんでずっと下向いてんの?

ライター「A」:デスク〜〜〜、後ろ、後ろ。

デスク「Y」:あ、なるほどね。背中からなにかしら圧を感じるのはそのせいね。わかった、締めよう。これからやらなければならないことができた。

ライター「A」:はい。そうしますか。なんも言えないっすけど、とりあえず頑張って下さい。さて、毎度バカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊×オーサムリザルト5連勝に思い出される「未完の大器」の悲劇 フェブラリーS(G1)「皆勤」武豊が28年連続騎乗へ イクイノックスの「C.ルメール×木村哲也」タッグから超新星が登場!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材

関連記事