GJ > 競馬ニュース > 【京都記念予想】「内空け過ぎ問題」が勝負の分かれ目? 外が気になるルージュの伝言…「イン突き名人」のパパに一発の期待
NEW

【京都記念予想】「内空け過ぎ問題」が勝負の分かれ目? 外が気になるルージュの伝言…「イン突き名人」のパパに一発の期待

【この記事のキーワード】, ,
【京都記念予想】「内空け過ぎ問題」が勝負の分かれ目? 外が気になるルージュの伝言…「イン突き名人」のパパに一発の期待の画像1
撮影:Ruriko.I

 今週末は東京で共同通信杯(G3)、京都で京都記念(G2)が開催。前者は今年のクラシックを占う重要な一戦で素質馬が複数出走を予定しているが、今回はあえて手薄な古馬の中距離重賞を選んでみたい。

 ちなみに昨年の勝ち馬は、有馬記念(G1)で劇的な復活を遂げたドウデュース。2年前に12番人気の大穴アフリカンゴールドさんが、ノーマークを味方にまんまと逃げ切りを決めた舞台だった。穴党の当方としては、取りこぼしたら高配当のチャンスもありそうだなと前残り馬券を狙ったものの、結果はご存知の通り。強い馬は強い。

 で、今年はどうなのだろうかとメンバーを見渡したところ、何とも言えない微妙な顔触れが揃った印象。SNSでは「G3やんか」という声も出ていたように、少々物足りなさを感じる。

 しかし、素質馬のベラジオオペラが出走するのは注目だ。本馬は昨年の日本ダービー(G1)を制したタスティエーラとタイム差なしの4着に食い込んだ実力の持ち主。世代レベルが怪しいと囁かれる4歳世代だが、伸びしろという点では期待出来そうである。

 実際、休み明けのチャレンジC(G3)を古馬相手に勝利。ハナ差2着のボッケリーニは古馬重賞の常連で、続くアメリカジョッキークラブC(G2)でもチャックネイトとハナ差の2着に入った馬だ。同じG2の京都記念でベラジオオペラに勝ち負けの期待をするには、十分な根拠といえるのではないか。

 ベラジオ軍団といえば、最近存在感を増している新進気鋭のオーナーが率いている。関西にいた頃は、街中でいつも見掛けたパチンコホールチェーンを思い出すが、名前の通り繋がるがある(笑)。

【京都記念予想】「内空け過ぎ問題」が勝負の分かれ目? 外が気になるルージュの伝言…「イン突き名人」のパパに一発の期待の画像2
プラダリア 撮影:Ruriko.I

 勿論注目の1頭だが、穴党として狙い撃ってみたいのは、3枠3番の絶好枠をゲットしたプラダリアの方。手綱を取る池添謙一騎手は京都大賞典(G2)が得意なだけに、「200m短くても何とかしてくれるんじゃないか」という淡い期待がある。去年の京都記念で3着に好走しているように、距離とコース適性には問題なし。この馬を本命に推したい。

 相手は先述のベラジオオペラにするとして、残りは3連系の馬券でヒモに狙ってみたい馬をピックアップする。

 同じ京都の芝2200m条件だったエリザベス女王杯(G1)で2着に好走のルージュエヴァイユ、昨年の京都記念2着馬マテンロウレオは買い目に入れておきたい。穴で注目は岩田康誠騎手のプラチナトレジャーでどうか。頭数も少なく手を広げ過ぎても妙味が無くなってしまうため、買い目は少なめにする。

 基本は内枠の2頭で1点。残りは騎手次第といったところか。

 先週のきさらぎ賞(G3)を見ていて感じたのは、「おまえら内を空け過ぎだろ」ってこと。こういうときこそ狙って内を突ける騎手が怖い。あのひとのパパに会うために~ということで、息子はやらかしてもイン突き名人のパパなら期待に応えてくれるはず。

 そういう意味では、2着が多い印象のあるルージュ冠名のエヴァイユは外過ぎた。これは不安な気持ちを残したまま~という伝言だったりして?

■京都記念の予想

◎プラダリア
○ベラジオオペラ
▲マテンロウレオ
△ルージュエヴァイユ
★プラチナトレジャー

馬券は◎ー○の馬連1点。
◎ー○2頭軸の3連複3点流しの計4点で勝負。
もろたで工藤!

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

【京都記念予想】「内空け過ぎ問題」が勝負の分かれ目? 外が気になるルージュの伝言…「イン突き名人」のパパに一発の期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材