GJ > 競馬ニュース > 武豊もお墨付き「第2のオメガパフューム」爆誕!? ノットゥルノ2023年は勝負の年
NEW

武豊もお墨付き「第2のオメガパフューム」爆誕!? ノットゥルノ2023年は勝負の年

【この記事のキーワード】, ,
武豊もお墨付き「第2のオメガパフューム」爆誕!? ノットゥルノ2023年は勝負の年の画像1
横山和生騎手 撮影:Ruriko.I

 29日、2022年の競馬を締めくくる大一番・東京大賞典(G1)が大井競馬場で開催。今年から優勝賞金が1億円に増額された頂上決戦を制したのは、2番人気のウシュバテソーロ(牡5歳、美浦・高木登厩舎)だった。

「しっかり脚を使って、結果を出してくれました。ウシュバテソーロにG1を獲らせてあげることができてよかった」

 レース後、そう喜んだ鞍上の横山和生騎手としては、タイトルホルダーとのコンビで敗れた有馬記念(G1)の鬱憤を晴らすような勝利。相棒は重賞初制覇がG1という嬉しい勝利になったが、来年はダート界の主役の1頭として大きく注目される存在になるだろう。

 その一方で、敗れはしたものの再び「威厳」を取り戻したのが、3歳馬のノットゥルノ(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 7月にジャパンダートダービー(G1)を制し、3歳の頂点に立ったノットゥルノ。今秋は世代を代表して古馬に挑戦するはずだったが、日本テレビ盃(G2)で7着に敗れると、前走のチャンピオンズC(G1)では8着に惨敗。クラウンプライド(2着)やパピ(3着)といった同世代が気を吐く中、古馬の壁に跳ね返されてしまっていた。

武豊もお墨付き「第2のオメガパフューム」爆誕!? ノットゥルノ2023年は勝負の年の画像2
武豊騎手

 そんな中で迎えた東京大賞典はレース後、武豊騎手が「一瞬の脚は勝った馬が上だった」と振り返った通り、勝ち馬には完敗だったものの2着を確保。

 当レースが現行の2000mで行われるようになった1998年以降、3歳馬で勝利したのはゴールドアリュール、アジュディミツオー、そしてオメガパフュームといずれもその後、ダート界の覇権を握った名馬ばかり。歴代の名馬には一歩及ばなかったが、同条件で2着まで広げてもハタノヴァンクール、フリオーソ、レギュラーメンバーの名が加わるだけ。

 いずれも古馬になってからG1を勝っており、来年はノットゥルノにとってもさらなる飛躍が期待できるシーズンになりそうだ。

ノットゥルノ2023年は勝負の年

「秋2戦は古馬の壁にぶち当たっている感のあったノットゥルノですが、この2着は来年に向けて大きいと思います。

今回は自身が勝ったジャパンダートダービーと同じ大井の2000mが舞台でしたが、『内枠でコースロスなく進められた』と話す武豊騎手の好騎乗も光りましたし、タフなレースになっても、最後までしぶとく伸びる末脚は、如何にもこのレース向き。右回りの方が走りやすそうですし、もしかしたらこの舞台が合っているのかもしれません」(競馬記者)

 一線級の芝馬にとって、日本ダービー(G1)やオークス(G1)、そしてジャパンC(G1)の舞台となる東京の2400mが得意なことに大きなアドバンテージがあるように、一線級のダート馬にとって大井の2000mは特別なコースだ。

 先述したジャパンダートダービーや東京大賞典の舞台になるだけでなく、春のダート王決定戦・帝王賞(G1)もこのコースで開催される。そういった意味でもノットゥルノの未来は明るいと言えるだろう。

「来年は(持ち回り制の)JBC開催も3年ぶりに大井で行われるので、JBCクラシックは大井のダート2000mで行われる見込みです。大井の2000mといえば、昨年まで東京大賞典を4連覇していたオメガパフュームが無類の強さを誇ったコース。ノットゥルノも『第2のオメガパフューム』と言われるような存在に成長することを期待したいですね」(同)

 東京大賞典の5連覇を目指しながらも先日、無念の現役引退が発表されたオメガパフュームは2019年の帝王賞勝利や、2018年のジャパンダートダービー2着など、やはり大井の2000mで真価を発揮する名馬だった。

「大井の2000mは合ってるね」

 レース後、そうレジェンドジョッキーからもお墨付きをもらったノットゥルノ。帝王賞、東京大賞典、そしてJBCクラシック――。来年は大きなチャンスがありそうな1頭だ。

武豊もお墨付き「第2のオメガパフューム」爆誕!? ノットゥルノ2023年は勝負の年のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル