GJ > 競馬ニュース > 開業4年目のG1獲りへ視界良好、出遅れた“ダート王国”が1週間で2億円を荒稼ぎ!
NEW

開業4年目のG1獲りへ視界良好、出遅れた“ダート王国”が1週間で2億円を荒稼ぎ!

【この記事のキーワード】, ,

開業4年目のG1獲りへ視界良好、出遅れたダート王国が1週間で2億円を荒稼ぎ! の画像1

 3月1日に川崎競馬場で行われた地方のダートグレード競走・エンプレス杯(G2)。勝ったのは単勝1.6倍の支持を受けた1番人気のグランブリッジ(牝4歳、栗東・新谷功一厩舎)だった。

 同馬は昨年6月に今回と同じ舞台で行われた関東オークス(G2)を制しており、そこからなんと6戦連続で地方の牝馬限定重賞に出走してきた。川崎から門別、盛岡、船橋、大井と渡って9カ月ぶりに川崎へ。その間の成績は1着→1着→2着→2着→1着→1着と、コースや馬場を問わずに安定感抜群のパフォーマンスを続けている。

 昨年11月のJBCレディスクラシック(G1)では同世代のヴァレーデラルナに敗れたものの、前走のTCK女王盃(G3)と今回のエンプレス杯では2戦続けてそのライバルを打ち負かしてみせた。対戦成績でも2勝1敗と逆転し、今年は悲願の女王戴冠への期待が高まっている。

 勝負の1年に向けて好発進を切ったグランブリッジだが、管理する新谷厩舎にとってもこの1週間はある意味で“勝負の1週間”であった。というのも今回のグランブリッジだけでなく、厩舎を代表する看板馬たちが相次いで大舞台に臨んでいたのだ。

出遅れた“ダート王国”が1週間で2億円を荒稼ぎ!

 現地時間2月25日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で開催された“サウジカップデー”。新谷厩舎からはリメイクがダート1200mのリヤドダートスプリント(G3)に、クラウンプライドがメインのサウジC(G1)に参戦した。

開業4年目のG1獲りへ視界良好、出遅れたダート王国が1週間で2億円を荒稼ぎ! の画像2
リメイク 撮影:Ruriko.I

 福永祐一騎手の現役最終騎乗としても注目を浴びたリメイクは、強力な米国勢の後塵を拝す形で3着。クラウンプライドも世界の強豪が集う一戦で5着と善戦はしたが、同レースで日本馬初の優勝を果たしたパンサラッサに話題をさらわれる格好となった。

 それでも、さすがは世界最高の賞金を誇る大舞台。クラウンプライドは5着ながら国内のG1勝ちに匹敵するレベルの100万ドル(約1億3600万円)という大金を掴み、リメイクもG3戦の3着ながら15万ドル(約2000万円)をゲット。グランブリッジの優勝賞金4000万円と合わせ、3頭で約2億円を稼ぎ出すことに成功している。

 昨年は年間31勝で、JRAのリーディング情報を見ても第25位とさほど目につく順位ではなかった新谷厩舎だが、実は地方・海外の成績を含めると年間の勝利数は40まで伸び、ランキングも13位まで一気に浮上してくる。

 それを支えているのがダート戦での強さで、昨年挙げた40勝の内訳を見ても、芝が11勝に対してダートは29勝。上で紹介した3頭のエース格はもちろんのこと、厩舎には通算の獲得賞金が1億円を超えているケイアイターコイズとスマッシングハーツという明け7歳のベテランもおり、2頭は今なお現役バリバリで活躍を見せている。

 この豪華な“5本柱”に加え、3歳世代には将来のエース候補として昨年のJBC2歳優駿(G3)を制したゴライコウの名前もある。ダート戦線における層の厚さはJRA屈指で、超強力な布陣を引っ提げて今年は厩舎初のG1獲りに挑む。

 ところが、そんな期待の中で迎えた2023年も出だしの2カ月は3勝止まり。リーディングを見ても88位と思わぬスロースタートとなっていただけに、今回のグランブリッジの快勝は厩舎にとっても大きな1勝となったに違いない。

 今月25日には“ドバイワールドカップデー”という新たな大舞台が控えており、サウジアラビアで奮闘を見せた2頭はそのまま次の決戦の地・UAEへ。リメイクはドバイゴールデンシャヒーン(G1)で、クラウンプライドはドバイワールドC(G1)でG1初制覇を目指す。

 さらには若頭のゴライコウも、次戦は川田将雅騎手とのコンビで同日のUAEダービー(G2)に臨むことが『サンスポ』で報じられている。僚馬の先輩たちとともに、新谷厩舎の“3本の矢”として世界の強豪に挑む。

 開業4年目にして、“砂の新谷”はダート界に旋風を巻き起こすことができるか。徐々にエンジンがかかってきた新谷功一厩舎の管理馬たちに注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

開業4年目のG1獲りへ視界良好、出遅れた“ダート王国”が1週間で2億円を荒稼ぎ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も