GJ > 競馬ニュース > ソールオリエンスと互角の「遅れてきた大物」が5馬身差圧勝! D.レーン「ポテンシャルのある良い馬」秋の菊花賞(G1)にダークホース出現
NEW

ソールオリエンスと互角の「遅れてきた大物」が5馬身差圧勝! D.レーン「ポテンシャルのある良い馬」秋の菊花賞(G1)にダークホース出現

ソールオリエンスと互角の「遅れてきた大物」が5馬身差圧勝! D.レーン「ポテンシャルのある良い馬」秋の菊花賞(G1)にダークホース出現の画像1
ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I

 3歳馬の頂上決戦となる日本ダービー(G1)が、いよいよ28日に迫ってきた。

 今年の主役は何と言っても、無敗の皐月賞馬のソールオリエンスだ。ここ最近の勝ち馬がコントレイルとナリタブライアンという、三冠級の力がなければ跳ね返せない1枠1番から豪快に差し切ったパフォーマンスはまさに圧巻。史上4頭目の無敗三冠馬誕生を期待する声も大きく、レース当日には単勝1倍台の大本命に推される可能性もある。

 対抗筆頭は、トライアルの青葉賞(G2)を快勝したスキルヴィングという下馬評だが、別路線組の評価が高いのは、裏を返せばそれだけ皐月賞(G1)のソールオリエンスが強かったということ。難なくダービーを突破して、無敗三冠を懸けて秋の菊花賞(G1)を迎えるシーンがあっても誰も驚かないだろう。

 しかし、そんなソールオリエンスが今から警戒を強めなければならない相手が現れた。14日の東京5R・3歳1勝クラス(芝1800m)を勝ち上がったレーベンスティール(牡3歳、美浦・田中博康厩舎)だ。

「遅れてきた大物」が5馬身差圧勝!

 5馬身差の圧勝とはいえ、この時期の1勝クラスである。もちろん28日の日本ダービーには間に合わないし、本来であれば無敗の皐月賞馬が注目するような相手ではない。

 だが、好位から楽々と上がり3ハロン33.0秒の末脚で突き抜けたパフォーマンスも然ることながら、レーベンスティールとソールオリエンスにはちょっとした因縁がある。

 昨年11月13日に今回と同じ東京・芝1800mで行われた新馬戦は、後の皐月賞馬ソールオリエンスがデビュー戦を快勝し、競走馬としてのキャリアをスタートさせたレースだ。皐月賞を1馬身1/4差で完勝、京成杯(G3)に至っては2馬身半差をつける楽勝だった本馬だけに、デビュー戦は圧勝してもおかしくないはずだ。だが、着差はクビ差。その2着馬がレーベンスティールだった。

 ソールオリエンスが単勝1.4倍、レーベンスティールが単勝3.1倍、3番人気のルーシアンが単勝15.5倍と、下馬評から完全に2頭の一騎打ちムード。レースも2頭が3着ルーシアンに5馬身差をつける鍔迫り合いとなった。

 結果的にはクビ差で先着したソールオリエンスに軍配が上がったが、「競り合った時に馬が躊躇するようなところがありました」とは、レーベンスティールの鞍上だったT.マーカンド騎手の言葉だ。ちなみにこのレースの上がり最速は後者の33.2秒。現状、強烈な末脚が最大の武器であるソールオリエンスよりも速い上がりを記録したのは、レーベンスティールだけである。

ソールオリエンスと互角の「遅れてきた大物」が5馬身差圧勝! D.レーン「ポテンシャルのある良い馬」秋の菊花賞(G1)にダークホース出現の画像2
D.レーン騎手 撮影:Ruriko.I

「直線でスペースができると、瞬発力を見せてくれました。成長しているし、ポテンシャルのある良い馬です」

 5馬身差の圧勝劇ということもあって、鞍上のD.レーン騎手の評価も上々だ。単勝1.6倍に推された前走の1勝クラスは、不良馬場に苦戦してしまい2着。春のクラシックが絶望的な状況になったレーベンスティールだが、逆襲の秋を見据えればこの1勝は大きい。

 ターゴワイス、リアルシャダイ、トウカイテイオーという母トウカイライフに流れるサイアーラインは、レーベンスティールの大きな特徴の1つであり、少し気が早いが過酷な3000mの菊花賞を戦うなら大きな武器になるはずだ。

 対するソールオリエンスも、父は2015年の菊花賞馬キタサンブラック。そして、その時の2着馬がレーベンスティールの父リアルスティールであることは、まさに競馬のロマンといえるだろう。

 史上4頭目の無敗三冠が懸かったソールオリエンスVSこの夏最大の上がり馬レーベンスティール――。そういえば前回のコントレイルも、菊花賞は上がり馬のアリストテレスに随分と苦しめられた。そんな展開を今から楽しみにしたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ソールオリエンスと互角の「遅れてきた大物」が5馬身差圧勝! D.レーン「ポテンシャルのある良い馬」秋の菊花賞(G1)にダークホース出現のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ