GJ > 競馬ニュース > 【平安S(G3)予想】人気のグロリアムンディは距離不安で切り!今の「勢い」を重視して穴馬をチョイス
NEW

【平安S(G3)予想】人気のグロリアムンディは距離不安で切り!今の「勢い」を重視して穴馬をチョイス

【この記事のキーワード】, ,

【平安S(G3)予想】人気のグロリアムンディは距離不安で切り!今の「勢い」を重視して穴馬をチョイスの画像1

 今回は交流G1、帝王賞の前哨戦となるダート重賞、平安S(G3)を予想していく。

 先週の振り返り。まず京王杯スプリングC(G2)だが、雨こそ降ったが馬場は良馬場。結果的に「○」レッドモンレーヴと「▲」ダディーズビビッドが1着3着までは良かったが、2着はノーマークのウインマーベル。スプリンターズS(G1)で2着の実績があったにもかかわらず抜け。こちらとしても残念極まりない馬券となった。

 そしてヴィクトリアマイル(G1)も雨こそ降ったがやはり良馬場。「▲」ソングラインと「△」ソダシが1着2着はともかくとして、切ったスターズオンアースが3着。予想でも書いたが「また痛い目に遭った」次第である。

 予想に戻ろう。

 それではまず、過去10年、平安Sで馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていこう。昨年、一昨年は中京ダート1900mで開催されているが、傾向に差が見られないのでまとめて掲載する。

アンタレスS 10頭
フェブラリーS 4頭
マーチS、ブリリアントS(OP) 各3頭
サウジC、ダイオライト記念、マリーンC、仁川S 各2頭
東京大賞典、エンプレス杯 各1頭

 となっている。

 レース間隔がちょうどよく、距離も似ているアンタレスSからのローテーションが最多。格付けはG3だが、フェブラリーSをはじめ、サウジCに出るような一流馬の参戦もあるのがこのレース。前走がオープン組でも通用するものの、どういうステップを踏んできたかは気にかけた方が良さそうだ。

 続いて人気順の成績を見ていく。

1番人気 5-1-0-4
2番人気 1-0-1-8
3番人気 1-3-3-3
4~6番人気 1-2-5-22
7~9番人気 1-3-0-26
10番人気以下 1-1-1-64

 となっている。

 勝ち馬の半数は1番人気から出ているが、馬券の対象となると1番人気も3番人気も似たり寄ったり。近5年なら3番人気は毎年来ているので、頭に入れておいてもいいだろう。基本的に大荒れしないレースで、だいたい来ても7番人気程度までという感じではあるが、思い出したかのように二ケタ人気馬も突っ込んで来る。人気薄でも相対的な人気のなさなら検討すべきだろう。

 これを踏まえて「◎」は15番ヴァンヤールとする。

 前走はアンタレスS(G3)。人気のプロミストウォリアが逃げる中、これをマークして好位での追走。最後の直線に入って勝ち馬を猛追するも半馬身だけ及ばなかった。ただ勝ち馬のプロミストウォリアは相手が悪過ぎた。今回のメンバーで最先着を果たしたこの馬を本命にするのは自然な流れだ。

「○」実績の割に不人気な12番テリオスベルを挙げる。

 前走はダイオライト記念(G2)。スローペースで流れて前が有利な展開にはなったが、後ろから勝ち馬に差されると、大きく差がついた2着となった。ただこの馬、よほど地方の砂が性に合っているのか、JRAのダート重賞にはまだ出走経験が一度もない。可能性込みではあるが、馬券妙味もあるので狙ってみたい。

「▲」は10番タイセイドレフォンを推す。

 前走は平城京S(OP)。スタートから中団より前目につけて追走。最後の直線で逃げ先行馬を交わして勝利した。ローテーション的には好走例がないものの、「改装後の京都で走って勝った」という優位性がある。ここまで凡走続きだったのが、ようやくトンネルを抜けたというのも好感が持てる。人気もなさそうなので押さえない手はないだろう。

「△」は人気の一角11番ハギノアレグリアスと穴馬8番ロードヴァレンチの2頭とする。

 ハギノアレグリアスの前走は名古屋大賞典(G3)。直線手前で3番手からそのまま押し切って重賞初制覇となった。一頓挫あって1年8カ月の長期休養を強いられ、復帰初戦こそ4着に終わったが、昨秋から今年にかけて重賞を3連戦して1勝2着2回とパーフェクトな成績を挙げている。ここで人気するのは至って当然なのだが、人気していてもこの勢いを無視することはできない。

 ロードヴァレンチの前走はマーチS(G3)で、内枠を利して定位置のハナを奪って逃げたが、後ろから来た馬にも差されて4着に終わった。前走は初オープンにして初重賞となったが、不良馬場も響いたか粘りきれず掲示板止まりとなってしまった。どちらかと言えば足抜きの渋った馬場より良馬場の方が得意としているように映る。

 ということで、今回は8番、10番、11番、12番、15番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。人気馬2頭を押さえているので、こちらが来ると配当は期待薄だが、印通りになれば案外面白い配当にありつけるかもしれない。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【平安S(G3)予想】人気のグロリアムンディは距離不安で切り!今の「勢い」を重視して穴馬をチョイスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは