GJ > 競馬ニュース > 函館スプリントS(G3)「歴史は繰り返す」は迷わず買い! 実力No1トウシンマカオより美味そうな「あの3歳牝馬」で函館グルメを舌鼓!【東大式必勝馬券予想】
NEW

函館スプリントS(G3)「歴史は繰り返す」は迷わず買い! 実力No1トウシンマカオより美味そうな「あの3歳牝馬」で函館グルメを舌鼓!【東大式必勝馬券予想】

函館スプリントS(G3)「歴史は繰り返す」は迷わず買い! 実力No1トウシンマカオより美味そうな「あの3歳牝馬」で函館グルメを舌鼓!【東大式必勝馬券予想】の画像1

 春のG1戦線も25日の宝塚記念を残すのみ。ここらで一服、とばかりに函館が開幕する。

 この函館競馬場、1896年開場と日本一の歴史を持つばかりでなく、“日本一旅情にあふれた”競馬場でもある。スタンドから海(津軽海峡)が見えるのは有名だが、車で10分圏に五稜郭やトラピスチヌ修道院などの観光名所が立ち並び、おまけに名湯・湯の川温泉一帯で場内には「馬温泉所」まである。

 私のおすすめコースは土曜最終の新幹線で新青森へ、津軽海峡フェリーでイカ釣りの漁火を眺めながら早朝に函館港着。JR駅前の朝市で旬のウニ丼に舌鼓を打ち、函館市電で10分の終点・谷地頭温泉へ。旅の疲れを朝湯で癒した後は再び市電で、乗り換えなしの競馬場前駅へ向かえば、目の前は函館競馬場。しかも、まだ1レースに間に合う時間。帰りも空港は車で15分、最終便まで2時間以上観光&グルメを楽しめる。チケットが安い6月中の旅立ちがとってもお得だ。

 そんな函館競馬場で11日(日)は重賞「函館スプリントステークス」が行われる。1994年創設で、今年は第30回。3歳が古馬に混じる2週目の開催で、昨年は桜花賞3着のナムラクレアが1番人気で堂々勝利した。

 思い出に残るのは第15回、2008年に勝ったキンンシャサノキセキだ。当時珍しかった南半球(オーストラリア)生まれで、父はシャトル種牡馬のフジキセキ。北半球産より生まれが半年遅いハンデをものともせず新馬・特別を連勝するも、期待のNHKマイルCは3着。だが、倦まず弛まずレースに挑み5歳でスプリント転向、高松宮杯(現・高松宮記念)2着の勢いでこの函館SSに駒を進める。

 キンシャサノキセキはスタートから好位の3番手を確保、直線で逃げるゴスホークケンとウエスタンビーナスを楽に交わすと独走。トウショウカレッジにゴール前迫られるもクビ差凌ぎ重賞初勝利となった。

 その後も「無事これ名馬」を地で行く走りぶりで7歳春の高松宮記念でG1初制覇、翌年も8歳で連覇し引退。今でもJRAの平地G1勝利最高齢記録(タイ)である。生涯成績31戦12勝、獲得賞金約8億円。種牡馬としても23頭の重賞勝ち馬を輩出。人生のお手本にしたい南半球産の遅れてやってきた名馬である。

 ここらで「東大馬券王の大よそー」に移ろう。

 そのキンシャサの娘、リバーラが登録してきた。前走フィリーズRは12着ながら3番人気、重賞ファンタジーSの勝ち馬。3歳牝馬は52キロで出場でき、ここ10年でも前述ナムラクレアをはじめ3頭が勝っているので侮れない1頭である。

 本命は同じ3歳牝馬のブトンドール。桜花賞9着だが、6年前の勝ち馬ジューヌエコールと同じ着順。しかも同コース同距離の重賞・函館2歳Sの勝ち馬。“東大式鉄則”「歴史は繰り返す」迷わず買いだ!

 そういう意味では桜花賞17着は7年前のソルヴェイグと同じ、1200mは初距離だがムーンプローブにも食指は動く。東大式鉄則“距離を詰めた牝馬は走る!”。

 連下候補筆頭は、昨年2着のジュビリーヘッド。近2走不振も函館は3戦すべて2着。札幌での勝利もあり、“東大式鉄則”「とにかく洋芝巧者を狙え」。古い話だが函館記念を3連覇したエリモハリアーの例もある。

 結論、3連単1着ブトンドール、2(3)着ジュビリーH2頭流しで手広く。押さえにリバーラ・ムーンPの3歳牝馬と古馬の実力No1トウシンマカオ1着でブトン2(3)着の3連単フォーメーション。

 ズバリ現地で当て、タダで函館旅情を楽しもう。旅行代の目標金額は4万円だ。

尼崎昇

尼崎昇

初めて見たダービー馬はタニノハローモア。伝説的な名馬の走りをリアルタイムで見てきた筋金入りの競馬通は「当たって儲かる予想」がモットー。過去に東京大学で競馬研部長をつとめ、スポーツ新聞やラジオ解説を担当した勝負師の素顔は「隣の晩ごはん」や「おもいッきりテレビ」などの大ヒット番組を手掛けたキー局の元敏腕プロデューサー。德光和夫、草野仁ら競馬界の著名人との親交もあり、競馬談義を繰り広げる仲である。

函館スプリントS(G3)「歴史は繰り返す」は迷わず買い! 実力No1トウシンマカオより美味そうな「あの3歳牝馬」で函館グルメを舌鼓!【東大式必勝馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは