GJ > 競馬ニュース > デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か。調教師「まだ気持ちが切れていない」も、不完全燃焼に終わった昨年ジャパンC(G1)から約8か月
NEW

デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か。調教師「まだ気持ちが切れていない」も、不完全燃焼に終わった昨年ジャパンC(G1)から約8か月

【この記事のキーワード】, ,
デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か。調教師「まだ気持ちが切れていない」も、不完全燃焼に終わった昨年ジャパンC(G1)から約8か月の画像1
デアリングタクト 撮影:Ruriko.I

「まだ気持ちが切れていないことは、今回のレースで証明してくれましたから、来年また頑張ってくれると思います」

 杉山晴紀調教師がそう希望を語った昨年のジャパンC(G1)から約8か月が経過している。来週行われるセレクトセール2023に全妹が登場することが話題になっているが、その姉デアリングタクト(牝6歳、栗東)は、まだターフに帰ってこない。

「抜け出せるだけの脚は残っていたのですが、2回狭くなる不利がありました」

 レース後にT.マーカンド騎手が悔しがったジャパンCの走りは、三冠牝馬復活の気配を十分に感じさせるものだった。

 後方から手応え十分で迎えた最後の直線、馬群を縫うように脚を伸ばしたデアリングタクトだったが、何度も進路が狭くなる非常に厳しい展開。それでも上がり3ハロンはメンバー最速タイの33.7秒、勝ったヴェラアズールから0.2秒差なら鞍上が「せめて(不利が)1回だったら……」と嘆くのも当然か。

 まともなら2020年の秋華賞(G1)以来となる復活勝利もあり得ただけに、杉山晴調教師の「来年また頑張ってくれると思います」という言葉は、決して希望的観測だけではなかったはずだ。

 そんな三冠牝馬の復活が期待された2023年。しかし、デアリングタクト出走の知らせは未だ届いていない。

「ジャパンC後のデアリングタクトは2月のキングアブドゥルアジーズ・ネオムターフC(G3)から始動する予定でノルマンディーファームではなく、外厩のチャンピオンヒルズで緩め過ぎずに調整されていました。

順調に調整されていたと聞きましたし、実際に1月の下旬には栗東トレセンに帰厩しています。しかし、その後どうやら左前脚にアクシデントがあったようで……」(競馬記者)

 デアリングタクトといえば、一昨年のクイーンエリザベス2世C(G1)後に右前肢繋靱帯炎を発症し、約1年休養した経緯がある。元々、右のトモに疲れが出やすいようで、そこを庇う内に、今度は左前脚に疲労が溜まってしまったようだ。

「ネオムターフCは回避することになりましたが、幸い症状は軽いとのことで春の国内G1を目指してチャンピオンヒルズに移動したものの、どうやらなかなか改善されなかったようで、3月にはノルマンディーファームへ放牧に出されています。現在は運動に留めながら、秋の復帰を目指している状況です」(同)

 これまで無敗のまま牝馬三冠を制したのはデアリングタクトだけ。全国にファンがいる馬だけに一日でも早い復帰が待たれている状況だが、記者曰く「そう簡単にはいかないかもしれない」とのことだ。

「脚元や体質に問題がある競走馬の休養が長引くパターンとして、馬体重が絞れないことが挙げられます。脚元や体質に気を使っての運動では、満足に馬体が絞れないというものです。

ノルマンディーオーナーズクラブの公式ホームページによると、デアリングタクトの現在の馬体重は538キロ。(前回の出走となった)昨年のジャパンCが484キロでしたから、54キロも増えていることになります。脚元に強い負荷をかけずに体重を絞る方法はいくつかありますが、いずれにせよ慎重な調整を強いられる分、時間は掛かってしまうでしょう。

今年のジャパンCは現役最強馬のイクイノックスが目標に掲げていますし、もしかしたらドウデュースやリバティアイランドといった強豪も出るかもしれないと話題になっているレース。デアリングタクトもぜひその姿を見たい1頭なのですが、なんとか無事に行ってほしいですね」(同)

 かつてトウカイテイオーが364日ぶりの有馬記念(G1)を制したことで競馬界に“伝説”を残したが、仮にデアリングタクトが今秋のジャパンCで復帰するなら「帝王」と並ぶ364日ぶりのレースということになる。

 果たして、唯一無二の無敗牝馬三冠馬は奇跡の復活を遂げることができるだろうか。まずは無事にターフへ戻ってきてほしいが、それだけでも関係者は称賛されるべきだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

デアリングタクト「+54キロ」で復帰困難か。調教師「まだ気持ちが切れていない」も、不完全燃焼に終わった昨年ジャパンC(G1)から約8か月のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か