GJ > 競馬ニュース > ヤマニンゼファー、ウオッカに続く「連覇達成」に非業の死…今春話題を集めた「名牝系」からまたも大物候補が出現
NEW

ヤマニンゼファー、ウオッカに続く「連覇達成」に非業の死…今春話題を集めた「名牝系」からまたも大物候補が出現

【この記事のキーワード】, ,

ヤマニンゼファー、ウオッカに続く「連覇達成」に非業の死…今春話題を集めた「名牝系」からまたも大物候補が出現の画像1

 タスティエーラが優勝した日本ダービー(G1)から、早いもので1ヶ月以上が経った。69年ぶりのテン乗り制覇となったことでも話題を集めた今年のダービーだが、一方で悲しい出来事もあった。スキルヴィングの訃報である。

 現役最強イクイノックスと同じキタサンブラック産駒の同馬は、未勝利戦から青葉賞(G2)まで3連勝。無事であれば間違いなくこの先の競馬界を賑わせていただろう1頭を失ってしまったことで、多くのファンが悲しみに暮れることとなった。

 ただ、その翌週に開催された安田記念(G1)では、ソングラインがヤマニンゼファー、ウオッカに続く史上3頭目の連覇。まるで若くして散った同族を弔うかのような激走だった。

 スキルヴィングとソングラインには共通点がある。両馬とも母方の3代母にソニンクの血を持っているのだ。

「ソニンクは未出走のまま現役引退し、ノーザンファームで繁殖生活をスタートさせた英国馬。2012年に亡くなるまでに10頭の産駒を残しており、その中からランフォルセとノーザンリバーが重賞ウイナーに輝いています。

また孫のロジユニヴァースが、2009年の日本ダービーを優勝。子孫には他にも国内外でG1・2勝を挙げたディアドラ、今年のきさらぎ賞(G3)を勝ったフリームファクシ、スキルヴィングにソングラインがいるなど、ソニンクの血は今なお競馬界を賑わし続けています」(競馬誌ライター)

今春話題を集めた「名牝系」からまたも大物候補が出現

 そして8日、そんな名牝の一族からまた1頭、勝ち名乗りをあげた。それが福島6Rの2歳新馬戦(芝1200m)を勝利したラストクリスマス(牝2歳、栗東・西園正都厩舎)だ。

 同馬は先週もビッグドリームが6馬身差で新馬戦を圧勝するなど、今年ここまで2歳戦【3-1-1-1】と絶好調である西園正厩舎の管理馬。その指揮官が「ゲートが速い」と評価していたラストクリスマスだったが、レースではその言葉通りのスタートを決めると、2番手追走からゴール前で逃げ馬を競り落として勝利した。

 手綱を取った石橋脩騎手もレース後、「今日は能力だけで勝ってくれた」「これから良くなりそうだし、距離も持ちそう」などと、ラストクリスマスの素質や今後の可能性を高く評価している。

「ハナを奪ったオンザヴィーナスが完全に勝ちパターンに持ち込んだかと思ったのですが、ラストクリスマスは最後によく交わしましたね。追われてから実にしぶとかったと思います。先に話した通り本馬は活躍馬を多く送り出しているソニンクの一族だけに、ひょっとしたら大物に育つかもしれませんよ」(同)

 この春に話題を集めたスキルヴィングやソングラインと同じファミリーのラストクリスマスが、新たな名牝系の看板になるかもしれない。長い目で追いかけてみたい1頭だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ヤマニンゼファー、ウオッカに続く「連覇達成」に非業の死…今春話題を集めた「名牝系」からまたも大物候補が出現のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安