GJ > 競馬ニュース > 新人女性騎手「122戦目」初の1番人気で“ホロ苦”大敗…スマホ不適切使用で30日間騎乗停止も逆境をバネに成長。今村聖奈に続く、競馬界のニューヒロイン登場か
NEW

JRA新人女性騎手「122戦目」初の1番人気で“ホロ苦”大敗…スマホ不適切使用で30日間騎乗停止も逆境をバネに成長。今村聖奈に続く、競馬界のニューヒロイン登場か

【この記事のキーワード】, ,
JRA新人女性騎手「122戦目」初の1番人気でホロ苦大敗…スマホ不適切使用で30日間騎乗停止も逆境をバネに成長。今村聖奈に続く、競馬界のニューヒロイン登場かの画像1
河原田菜々騎手 撮影:Ruriko.I

 16日、中京競馬場で行われた7R・3歳以上1勝クラスは、9番人気のスタボーンイメルが勝利。昨年は年間8勝に終わってしまった藤懸貴志騎手だが、今年はこれで10勝目と好調だ。

「続けて乗せてもらって」との言葉通り、スタボーンイメルと藤懸騎手は今年3月からコンビを結成。今回が三度目の正直となったが「今日はこれまでやってきた成果が出たように思う」と、人馬共に会心の走りだったようだ。

 その一方でルーキーの河原田菜々騎手にとっては、ホロ苦い1戦となってしまった。

 スタボーンイメル×藤懸騎手と同じように、今年3月からコンビを結成したピエナパイロと河原田騎手。こちらは“五度目の正直”で前走の未勝利戦を快勝し、今回はその勢いを買われて1番人気に推されていた。

 これがデビュー10戦目のピエナパイロにとって初の1番人気だったが、実はデビュー122戦目の河原田騎手にとっても、これがキャリア初の1番人気。人馬共に慣れないプレッシャーもあったか、好位を進んだものの早々に後退しての10着。レース後には鞍上も「砂を被る位置で、若干馬が怯んでしまった」と唇を噛む他なかった。

 しかし、ルーキーの河原田騎手にとって1番人気に騎乗したという事実は、貴重な経験になったに違いない。

 レースでの経験も然ることながら、関係者からの信頼がなければ1番人気になるような馬に乗ることはできないし、ファンからの信頼がなければ1番人気に推されることもない。そういった意味でも騎手にとって、1番人気に騎乗するということは目先の勝ち負け以上に大きな意味がある。

 そんな貴重な経験を呼び込んだのも、河原田騎手の最近の好調ぶりが大きな理由の1つになっているはずだ。

「まずはスマートフォンの件で、ファンや関係者の皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」

 河原田騎手といえば今年5月、スマートフォンの不適切使用が発覚し、30日間の長期騎乗停止となったジョッキーの1人だ。競馬界を震撼させた2023年の上半期を代表する出来事の当事者として、多くのファンや関係者の信頼を裏切ってしまった。

 騎乗停止となった6人の若手騎手は6月に復帰したものの、ここ約1か月間はいずれも苦戦。昨年55勝を挙げて新人王に輝いた今村騎手が2勝、昨年39勝を挙げた角田大河騎手に至ってはわずか1勝と、これまでの勢いを失ってしまっている印象だ。

 そんな中、デビューからわずか3か月程度で30日間の騎乗停止処分を受けた河原田騎手。ちなみに騎乗停止前は、79戦してわずか2勝と決して順風満帆な騎手デビューというわけではなかった。

 しかし、不本意な形で注目を集めることとなり多くの騎手が失速する中、河原田騎手は逆に成績が向上している。復帰後約1か月間で3勝は、騎乗停止期間中に大井へ武者修行に行っていた古川奈穂騎手と並ぶ“最多勝”だ。

「師匠の渡辺薫彦調教師のサポートもあって、復帰後も騎乗馬の質・量とも大きな変化は見られません。この辺りは師匠の人望の厚さに感謝しなければなりませんね。

デビューしてようやく慣れてきた頃に30日間の騎乗停止になってしまった河原田騎手ですが、復帰後はすぐにレース感覚を取り戻して、逆に段々落ち着いたレースができるようになってきた印象。デビュー当初は苦戦するかもと心配していましたが、ここ最近の調子なら秋には新人王争いに加わっているかもしれません。

騎乗停止になった際はさすがに落ち込んでいる様子でしたが、本来は非常に明るい人物。本人のメンタル面の強さも復帰後の好調につながっていると思います」(競馬記者)

「渡辺先生の人柄を尊敬しています。周りの方から愛されていて、信頼されている。私もそうなりたい」

 先日の『デイリースポーツ』のインタビューで師匠への感謝を語っていた河原田騎手。異例のデビューイヤーとなってしまったが、いずれは藤田菜七子騎手、今村騎手に続く、競馬界のニューヒロインになってもおかしくない逸材だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA新人女性騎手「122戦目」初の1番人気で“ホロ苦”大敗…スマホ不適切使用で30日間騎乗停止も逆境をバネに成長。今村聖奈に続く、競馬界のニューヒロイン登場かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か